FC2ブログ

The Rolling Stones/The Rolling Stones




【曲目】
1. "Route 66" Bobby Troup 2:20
2. "I Just Want to Make Love to You" Willie Dixon 2:17
3. "Honest I Do" Jimmy Reed 2:09
4. "Mona (I Need You Baby)" Ellas McDaniel 3:33
5. "Now I've Got a Witness (Like Uncle Phil and Uncle Gene)" Nanker Phelge 2:29
6. "Little by Little" Nanker Phelge, Phil Spector 2:39
7. "I'm a King Bee" James Moore 2:35
8. "Carol" Chuck Berry 2:33
9. "Tell Me (You're Coming Back)" Mick Jagger, Keith Richards 4:05
10. "Can I Get a Witness" Brian Holland, Lamont Dozier, Eddie Holland 2:55
11. "You Can Make It If You Try" Ted Jarrett 2:01
12. "Walking the Dog" Rufus Thomas 3:10



【レビュー】
ふと思い立って、Stones のベスト・プレイリストの作成に着手。
地道にファーストから検索してみよう、ということで、本作から聴き直してみたいと思います。

Stones はここから始まったのですが、曲目のとおり、ブルースのコピー・バンドであります。
なんぼ、まだ64年と言えども、Beatles はオリジナル色を大爆発させていた中、オリジナルは9だけ。

Keith も似たようなことを言っていたはずですが、Stones 自身、バンドは長時間やり続けるものではない、と思っていたのではないかなと思います。
もちろん、ここからさほど時間を置かないうちに大躍進となるわけですが、この段階では、個性的なヴォーカルのMick と、天才プレイヤーBrian を中心とした白人ブルース・バンド、それ以上でもそれ以下でもないという。

そんな感じで、魅力爆発、とまではいかないのですが、ブルース・カバー作品としてはもちろん極めて秀逸。
Mick の声が若い、ギターが跳ねている。

Stones の最新作なんぞ聴く必要はないですが、Stones のブルースが聴きたければ本作を聴け、であります。


【結論】
★3。
プレイリスト当選候補は8。ベタですが、やはりメロは秀逸。

ところで、このシリーズは細々と続けていこうと思いますが、基本的にイギリス盤を用いていきます。
が、イギリス盤のパッケージは相変わらず謎の品薄。
これは本当に何とかして欲しいのですが、それはそれとして、いい機会なので、今後は、リンクは基本的にストリーミングにしたいと思います。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

comment

Secret

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード