Live In Japan/The Carpenters




【曲目】
Disc1
1 Superstar
2 Rainy Days and Mondays
3 Goodbye to Love
4 Top of the World
5 Help!
6 Mr. Guder
7 (They Long to Be) Close to You
8 Jambalaya (On the Bayou)
9 Yesterday Once More
10 Hurting Each Other
Disc2
1 Little Honda
2 The End of the World
3 Runaway
4 Da Doo Ron Ron
5 Leader of the Pack
6 Johnny Angel
7 Book of Love
8 Shuboom
9 Daddy's Home
10 Johnny B. Goode
11 Introduction: Colonel Bogey"/"Sing"
12 Sometimes
13 We've Only Just Begun
14 For All We Know


【レビュー】
Carpenters。カーペンターズ。

全世代、という括りにすれば、日本では相当名が通ったグループ。
仮に名前を知らなくても、1曲や2曲は絶対に聴いたことがあるはず。
音楽の教科書にも載り、しかも休み時間とかに流れても違和感がない、いわば「安全」な洋楽のステレオタイプを具現化したグループ。

で、それと裏腹にカレンの病気だとか業だとかも語られたりするのですが、来日時には(というか、カレンが生きている間は)そんな闇は全く語られていなかったはずで、そんな、クリーン一辺倒、破綻もアドリブも感じられない完全パッケージ臭が強いライブ盤であります。

なので、正直、聴き所はあまりない。
アレンジも少ない、グルーヴもほぼ無い、目の前でカレンが歌っている、というプレミア感しかないのですね。

ただ、スタジオ盤の再現度はもの凄いです。
あの声の奇麗さ、ノビをライブで再現していたのか、と、その点は衝撃を受けました。
やっぱり、この人、ヴォーカリストとしての才能は凄まじいです。

その再現度の凄さを感じるには映像の方が良いですかね。
あまりに簡素なステージセットも含めて当時の雰囲気も感じられます。

ただ、オールディーズメドレーは、オリジナルでもないし冗長だして、やっぱりいらんですかね。

結論として、カレンの能力を見るために聴く(見る)べきですが、何度もは聴かん(見ない)、といった位置づけです。


【結論】
★3。
何でか、再発してもすぐ売り切れてプレミア化しているので、その点は何とかして欲しいところ。
DVD付のボックスにすれば、結構売れると思うし,資料的価値は高いと思うんですがね。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

comment

Secret

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード