OK Computer OKNOTOK/Radiohead




【曲目】
Disc1
1. Airbag
2. Paranoid Android
3. Subterranean Homesick Alien
4. Exit Music - For a Film -
5. Let Down
6. Karma Police
7. Fitter Happier
8. Electioneering
9. Climbing the Walls
10. No Surprises
11. Lucky
12. The Tourist
Disc2
1. I Promise
2. Man of War
3. Lift
4. Lull
5. Meeting in the Aisle
6. Melatonin
7. A Reminder
8. Polyethylene (Parts 1 & 2)
9. Pearly*
10. Palo Alto
11. How I Made My Millions


【レビュー】
もう一丁、リマスターものを。
以前、本体をレビューしたものはこちらです。

まず、本体は言わずと知れた名盤。今更付け加えることは無いです。
注目はDisc2で、評論家筋の評判が極めて高い未発表曲群(1〜3)と、B面曲群4〜11)。

確かに、クオリティは高いなあ、と思います。
私は、当時もB面曲までは押さえていなかったので、ほぼほぼ初聴で、アルバム1枚分ずっしり聴いた感じでした。
未発表曲については、ライナーの中に書いてあったとおり、「The Bends」と「OK Computer」の橋渡し的位置付けに聴こえました。

その一方で、果たして、今、新作でこれが出てきたら聴くんかいな、という疑問もあります。
懐メロ的に「いい曲だな」と思っているんじゃないか、という。
ここら辺、前回レビューしたPurple Rain のDisc2 は、あれ、新作でもガンガン聴くな、と思うのですね。

OK Computer が、90年代末という時代性が強い作品だったのか、私の耳が変わったのか。

考えたら、「Kid A」や「Amnesiac」とかは、今でも興奮して聴けますが、「OK Computer」は、滅多に聴かなくなってます。
「OK Computer」を経て、次作以降、Radiohead が普遍性を身につけた怪物になっていった、ということなのかもしれません。



【結論】
★4.5。
とはいえ、十分楽しめました。
が、せっかくリマスターするのなら、ライブ盤(90年代の)くらい付けて欲しかったところです。
あと、日本盤のタナソウの解説、文章が訳分かんなすぎ。変わらなくて、ある意味嬉しい気もするのですが、せめて字はもう少し大きくしていただきたいものです。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

comment

Secret

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード