Too Much Too Soon/New York Dolls




【曲目】
1. Babylon
2. Stranded in the Jungle
3. Who Are the Mystery Girls?
4. (There's Gonna Be A) Showdown
5. It's Too Late
6. Puss 'N' Boots
7. Chatterbox
8. Bad Detective
9. Don't Start Me Talkin'
10. Human Being


【レビュー】
さて、桃子さん地獄からそろそろ抜け出して・・。

1974年というのは、ポピュラー音楽界にとっては微妙な年であります。

Billboardチャートを見ても(→個人のまとめサイト)うーん、地味。
音楽史的には、Led ZeppelinやPink Floyd等のバンドが「御大」になり始め、他方で労働者階級がパンクを発明するのはあと1年後、という、エアポケットのような年だったのかもしれません。

しかし、いつの時代にも名盤はあるもので、New York Dollsのセカンド、本アルバムが1974年発売でした。

率直に言って、まとまりとしてはファーストの方が上かと思われます。
しかし、Johnny Thundersはじめ、おそらくはメンバー全員がキマっていたが故の、饐えたカッコ良さはセカンドに軍配が挙がるでしょう。
現に、バンドはこの後分解してしまうわけで、崩壊寸前の美しさがかいま見える作品ではないでしょうか。

1曲あげるとすれば、Johnny Thundersがヴォーカルをとった7でしょうか。
この声だけで女には困らなかったのではないかと思われる、ハイトーンの、何とも美しい声が素晴らしいです。


【結論】
★4。
腐りかけの果物ほどおいしい、ということですね。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

comment

Secret

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード