不死身のタイマーズ/The Timers




【曲目】
1 ヘリコプター
2 夢のかけ橋
3 ゴミ
4 障害者と健常者
5 あこがれの北朝鮮
6 ブツ
7 トルエン
8 お前の股ぐら
9 イツミさん
10 トカレフ(精神異常者)
11 不死身のタイマーズ
12 リプライズ
13 最後の御挨拶



【レビュー】
前に、「復活!! THE TIMERS」をレビューしたときに少し触れたのですが、同作と同時期に発売された、こちらはインディーズ盤。

なぜゆえインディーズ盤か、というのは一目瞭然で、4あたりからは、もう、タイトルだけで完全にアウト。
清志郎、ではなく Zerryでしたが、ともかく、「彼・ここにあり」、と言えるでしょう。

で、中身としては、ちょいと行き過ぎなところも多いわけです。
逸見政孝をモチーフにした9なんかは、はっきり言ってやりすぎ、同人への冒涜と言われても止むを得ない。
医療への皮肉みたいな内容なのですが、ピント外れにも程があり、清志郎信者の私でも、正直引いてしまいます。

前回も触れましたが、Covers騒動以来、清志郎は一種の躁状態になっていて、権力の匂いがするものにはかたっぱしから噛みついていた感があります。
その暴走極まったのが本作で、ちょいとやり過ぎ、ユーモアが無い、といったところも随所に見受けられます。

他方で、5なんかは、個人的にはTimers 屈指の名曲。
個々の曲の完成度にはバラツキがあり、無意味に長かったりもするのですが、まあ、とにかく、エネルギーが爆発して手がつけられなかったということなのでしょう。

まとまりは本当に無いですが、貴重な貴重な作品です。


【結論】
★4.5。
相変わらず高値取引されている作品。
再発、まあ、ほぼほぼ無理でしょうねえ。
なのですが、ファンなら、何とか手に入れて聞いてほしいです。
ヴォーカルの人の、この前後くらいからすっと脂が抜けていった感じも(でも作品は良かったりします。)、なかなかに感慨深いですね。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

comment

Secret

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード