Meat Is Murder/The Smiths




【曲目】
1. "The Headmaster Ritual" 4:52
2. "Rusholme Ruffians" 4:20
3. "I Want the One I Can't Have" 3:14
4. "What She Said" 2:42
5. "That Joke Isn't Funny Anymore" 4:59
6. "Nowhere Fast" 2:37
7. "Well I Wonder" 4:00
8. "Barbarism Begins at Home" 6:57
9. "Meat Is Murder" 6:06


【レビュー】
前回の流れで、言わずと知れた、Smiths の代表作の一つをレビューします。
9月28日のMorrissey ライブでも、アンコールで4、この方のテーマ曲でもある9、の2つがピックされておりました。

名盤の誉れ高い本作ですが、今聴いても素晴らしいです。
9をはじめとするMorrissey の病的なリリック、Johnny Marr の神経質なギターはもちろんなのですが、今回あらためて聴き直して、リズム隊が非常にしっかりしているなと。
今回のライブで演奏された4ですが、正直、ライブ映えするという印象はなかったのですが、下手したら踊れるくらいにリズムが強靭な曲だった、という発見もありました。

で、アルバムタイトルでもある9。
先のライブでも、メインテーマ的に長尺を取られており、挙げ句がこれです。
o0480036013761042062.jpg


発売当時から、なんぼ何でもメンドくさい曲だな、と思っていたのですが、30年後に、屠殺の映像をバックに長々と聴かされ、最後にこれを流されたので、もう勘弁して欲しいなと。

しかし、この方には、「これがまたMorrissey」と思わせるだけのコクがあります。
他方で、長年のリスナーも、「それはそれ、これはこれ」と聴き流して、帰りには肉を喰うというタフさを備えております。

そこはMorrissey も多分分かっていて、もうほとんどプロレス的なのですが、ともあれ、丸くならず、我々に刃物を突きつけて欲しい、と真に思っております。



【結論】
★5。
極端なメッセージの捉え方は人それぞれですが、とにかく聴き手に何かしらを突きつけてくるのは確かで、それは今でも全く色あせておりません。
必聴であります。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

comment

Secret

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード