Downtown/Petula Clark

ODR6204.jpg


【曲目】
01. TRUE LOVE NEVER RUNS SMOOTH
02. BABY IT’S ME
03. NOW THAT YOU’VE GONE
04. TELL ME (THAT IT’S LOVE)
05. CRYING THROUGH A SLEEPLESS NIGHT
06. IN LOVE
07. MUSIC
08. BE GOOD TO ME
09. THIS IS GOODBYE
10. LET ME TELL YOU
11. YOU BELONG TO ME
12. DOWNTOWN
(BONUS TRACKS)
13. YOU’D BETTER LOVE ME
14. I KNOW A PLACE
15. YOU’D BETTER COME HOME
16. ROUND EVERY CORNER
17. MY LOVE



【レビュー】
芽瑠璃堂からの発売。
骨があるのか無気力なのか、amazon では販売していないようです。

日頃から人のクレームだったり反論だったり、もっと言うとグチを聴くことが多い仕事をしているせいか、定期的に逃避が必要であり、無性に60年代のガールズ・ポップに逃げこみたくなることがあります。

偏差値は気温程度、太陽と恋愛がほぼ全ての世界。
素晴らしいことこの上ないです。

さて、本作は1965年、当時、既にベテランの域に入りかけていた Petula Clark の作品。
彼女自身はイギリス人ではありますが、世相としては、ベトナム戦争が泥沼化し始め、アメリカの正義が怪しくなってきた時期。
最後の「明るいガールズ・ポップ」と言えるでしょう。

アルバムとしては、正直、まあ、こんなものです。
カーステに投げ込んでおいて、気がついたら流れている、という位置づけ。

もう、とにかく、タイトルトラックの12に尽きます。
全米No.1、一度聞いたら忘れられない、歌謡曲的盛り上がりのサビ。
まさに、エヴァー・グリーンな1曲。
捨て曲をしのいで12にたどり着いたときは、本当にカタルシスであります。

ジャケもなかなかなので、「アルバムのトータル性は?」とか、無粋なことは言わないようにしましょう。


【結論】
★2.5。
さすがに、他の曲のクオリティを考えると、こんなもので。
じゃあ12のシングルがあればいいのでは、と言われると反論出来ないのがつらいところですが、あまり再発されない作品であろうことは間違いないので、購入しておいて損はないでしょう。
解説がグダグダなのは、目をつぶって・・。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

comment

Secret

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード