The Cutting Edge1965-1966/Bob Dylan





【曲目】
Disc1
1. "Love Minus Zero/No Limit" Take 2, Acoustic 3:11
2. "I'll Keep It with Mine" Take 1, Piano Demo † 4:11
3. "Bob Dylan's 115th Dream" Takes 1 and 2, Solo Acoustic 6:17
4. "She Belongs to Me" Take 1, Solo Acoustic 2:57
5. "Subterranean Homesick Blues" Take 1, Alternate Take 2:38
6. "Outlaw Blues" Take 2, Alternate Take 3:29
7. "On the Road Again" Take 4, Alternate Take 2:31
8. "Farewell, Angelina" Take 1, Solo Acoustic † 5:28
9. "If You Gotta Go, Go Now" Take 2, Alternate Take 2:50
10. "You Don't Have to Do That" Take 1, Solo Acoustic 0:50
11. "California" Take 1, Solo Acoustic 3:05
12. "Mr. Tambourine Man" Take 3 with Band, Incomplete 3:23
13. "It Takes a Lot to Laugh, It Takes a Train to Cry" Take 8, Alternate Take 3:28
14. "Like a Rolling Stone" (Short Version) Take 5, Rehearsal 1:44
15. "Like a Rolling Stone" Take 11, Alternate Take 5:56
16. "Sitting on a Barbed Wire Fence" Take 2 3:58
17. "Medicine Sunday" Take 1 1:01
18. "Desolation Row" Take 2, Piano Demo 2:00
19. "Desolation Row" Take 1, Alternate Version 11:15
Disc2
1. "Tombstone Blues" Take 1, Alternate Take 7:30
2. "Positively 4th Street" Take 5, Alternate Take 4:24
3. "Can You Please Crawl Out Your Window?" (Short Version) Take 1, Alternate Take 4:05
4. "Just Like Tom Thumb's Blues" Take 3, Rehearsal 5:39
5. "Highway 61 Revisited" Take 3, Alternate Take 3:30
6. "Queen Jane Approximately" Take 5, Alternate Take 6:02
7. "Visions of Johanna" Take 5, Rehearsal 7:40
8. "She's Your Lover Now" Take 6, Rehearsal 4:58
9. "Lunatic Princess" Take 1 1:20
10. "Leopard-Skin Pill-Box Hat" Take 8, Alternate Take 3:26
11. "One of Us Must Know (Sooner or Later)" Take 19, Alternate Take 5:10
12. "Stuck Inside of Mobile with the Memphis Blues Again" Take 13, Alternate Take 4:03
13. "Absolutely Sweet Marie" Take 1, Alternate Take 5:01
14. "Just Like a Woman" Take 4, Alternate Take 5:19
15. "Pledging My Time" Take 1, Alternate Take 3:22
16. "I Want You" Take 4, Alternate Take 2:51
17. "Highway 61 Revisited" Take 7, False Start 0:32



【レビュー】
Bob Dylan ブートレグ・シリーズ、ついに来た、という感じの、「Bringing It All Back Home」「Highway 61 Revisited」「Blonde On Blonde」からのアウトテイク集。

この3枚は、言わずもがなの名作、泣く子も黙る作品であり、曲のクオリティは半端ではありません。
当然、デモ段階でも素晴らしく、むしろ、デモ段階だからこそ息遣いが聞こえるようで、興奮度は否が応でも高まります。

飛び道具とも言えるこの時期の作品に手を出してきたということは、そろそろブートレグ・シリーズも完結、自分の死期を悟ったのでしょうか。

なんですが、この3枚のアウトテイクを2枚にまとめるのはなかなかせわしなく、逆に散漫なことも否めません。
この点、同時期発売の6枚組では、Disc3が丸ごと「Like A Rolling Stone」であり、あの名曲のピースをひたすら聴いているのは、非常に心地が良いです。
Stones の「Sympathy For The Devil」を丸ごと映画にした「One Plus One」みたいな、ある作品が固まってくる過程を見ているような興奮度があります。

クオリティというか作品の意味合いとしては、明らかに6枚組に軍配。

後は値段なのですが、国内盤で2万円はさすがにどうなのか。
apple musicではまだ出ていないようですが、このような作品なので音質には目をつぶって、ストリーミング+音楽誌の解説本、といったあたりが現実的かもしれません。



【結論】
★4.5。
予想以上に素晴らしかったです。
Bob Dylan に関するレビューは、マニアが跋扈していてうるさくてしょうがないのですが、本作は「そこそこのファン」でも、聴いてみて損はないです。
あと、オフィシャルからは18枚組という変態的な作品も出ていますが、一生のうち一度くらいは現物を見て見たいものですね。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

comment

Secret

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード