The Velvet Underground/The Velvet Underground





【曲目】
1. Candy Says
2. What Goes On
3. Some Kinda Love
4. Pale Blue Eyes
5. Jesus
6. Beginning To See The Light
7. I'm Set Free
8. That's The Story Of My Life
9. The Murder Mystery
10. After Hours



【レビュー】
前回に続き、Velvets の中で、レビューが未了だったサードを取り上げてみます。

私は、Velvets については、発売順に聴く感じで掘っていき、つまり、本作は「White Light White Heat」の次に聴いたわけです。
ある程度、ソフトな内容だというような評は耳に入っていたのですが、初めて聴いた時は、本当に度肝を抜かれました。

オープニングのか細い「キャンディーセーッズ」から、珍しいモーのヴォーカルの10まで、前作・前々作とは全く別物。
しかも、あの「Heroin」のLou Reed が「Jesus」か、と、そのスタンスに戸惑いがあったのも加わり、もしかしたら、衝撃度としてはファースト、セカンドを上回ったかもしれません。

が、作品としては非常にクオリティが高いのですね。
スローな1から、ロックンロールの2、3を聴いて、言わずもがなの大名曲で悶絶の4と、いわゆるA面はほぼ完璧。
退廃云々じゃなくて、純粋に曲の出来がハンパないのです。

考えてみたら、ファーストとセカンドも、退廃的という雰囲気だけは共通していますが、ポップアート的なファーストとソリッド極まりないセカンドとは、音楽的には相当異なっています。
つまり、Velvets は、異様にレンジの広いバンドだったのですね。

ファースト・セカンドからは一歩評価が下がった扱いになることもありますが、ソングライターとしての Lou Reed の才気が爆発したこのサードも、絶対に押さえておくべき作品です。


【結論】
★5。
本当に素晴らしい。
音数が少なく、引き算的で、ジャケット同様モノクロの美しい、本当に美しい作品です。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

comment

Secret

No title

こんにちは。ヴェルヴェッツはもちろん、好きなアーティストについて書かれているので、たまに訪れさてもらってました。が、私のブログをリンクしていただいていることに今日気付きました!ありがとうございます!!私もリンクさせていただきました、よろしくお願いします!!
プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード