The Monsanto years/Neil Young





【曲目】
1. "A New Day for Love"
2. "Wolf Moon"
3. "People Want to Hear About Love"
4. "Big Box"
5. "A Rock Star Bucks a Coffee Shop"
6. "Workin' Man"
7. "Rules of Change"
8. "Monsanto Years"
9. "If I Don't Know"



【レビュー】
相も変わらず多作、そして、社会的発言が多いNeil Young。

本作はその名も「The Monsanto Years」。
言わずもがなですが、遺伝子組み換え等で色々と話題の多い、モンサント社、ついでに、それを支持したとされるスタバをディスった作品です。

そんな、直情的というか、子どもっぽさが災いして、本作にはネガティブな評も多いようです。

でも、私は、これは好きです。
Living With War」以来の傑作かと。

メッセージ性どうこうということではなく、単純に、曲のクオリティが高いかと思います。
オープニングの1からテンション高いし、一つの山場である5なんか、コミカルながらも耳に残る、良い出来ではないでしょうか。

やっぱ、この人は、特に年を取ってからは、明確な敵を作った方が、作品の質にも反映するんじゃないでしょうか。
難儀なお方であります。

もっとも、歌詞は理解できた方が絶対にいい。
賛成するかはともかく、解説もなかなかしっかりしていたので、日本盤を手にいれるべきであります。



【結論】
★4.5。
で、触れたくはなかったんですが、Neilの離婚問題。

長年連れ添った奥さんと離婚した上、我が国にとってはパブリック・エネミーである、シー・シェパードと関係の深いダリル・ハンナとくっつくという。
しかも、ジャケにイラストを載せるとは、もう、1970年前後のJohn Lennon をしのぐ痛さなのは、認めざるを得ません。
今回は見逃すので、次作からは、作品に顔を出さないで欲しいものです。

この人は、Splash の時点で凍結すべし。

874a85cf890f8a558296171bffb6dfb4.jpg
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

comment

Secret

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード