My Generation/The Who



【曲目】
Disc1
1. Out In The Street
2. I Don't Mind
3. The Good's Gone
4. La La La Lies
5. Much Too Much
6. My Generation (Stereo)
7. The Kids Are Alright
8. Please, Please, Please
9. It's Not True
10. I'm A Man
11. A Legal Matter
12. The Ox
13. Circles
14. I Can't Explain
15. Bald Headed Woman
16. Daddy Rolling Stone

Disc2
1. Leaving Here
2. Lubie (Come Back Home)
3. Shout and Shimmy
4. (Love Is Like A) Heat Wave
5. Motoring
6. Anytime You Want Me
7. Anyhow Anywhere Anyway
8. Instant Party Mixture
9. I Don't Mind
10. The Good's Gone
11. My Generation (Instr.)
12. Anytime You Want Me
13. A Legal Matter
14. My Generation (Mono)



【レビュー】
The Who、です。
「The」「Who」。

結成から50年、ほぼ、ロックの歴史に匹敵するこのバンド。
この間、有象無象のバンドが結成・デビューしておりますが、これほどに個性的かつコクのある名称はそうそうありません。
私は、くりぃむしちゅーのオールナイトニッポンのヘビーリスナーだったのですが、よく話題に出ていた2人の学生時代の友人、「ぷ」に匹敵するシンプルさであります。

さて、その The Who のイギリスデビュー盤です。
上記曲目はデラックス盤で、オリジナルは1~12まで。

ベースラインがカッコいいタイトルソングの6の他、1,2,7あたりが聴き物です。
特に7は、良い意味で過剰な若者賛歌で、映画のタイトルにもなっているほどの代表曲であり(「The Kids Are Alright」)、必聴かと思います。

ところで、Johnは、一説によると、女を抱いてコカイン摂取しながら死亡したそうです。
アホと見るか、カッコイイと見るかは人それぞれですが、21世紀に似つかわしくないロックな方であり、とにもかくにも痺れることは間違いないでしょう。


【結論】
ブリティッシュ・ロックの古典、★5です。
まあ、今も一応現役なのですが、当然、鬼籍に入ったJohnとKeithはおらず。
The Whoというバンドは、ベースとドラムというリズム部隊が強力で、それはデビュー盤である本盤のときからの大きな特徴です。その2人がいないのも何だかな、という感じは否めません。
Peteがよろよろになってギターを壊したりしているのを暖かく見守るのもそろそろ限界では。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

comment

Secret

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード