Cobalt Hour/荒井由実




【曲目】
1. COBALT HOUR
2. 卒業写真
3. 花紀行
4. 何もきかないで
5. ルージュの伝言
6. 航海日誌
7. CHINESE SOUP
8. 少しだけ片想い
9. 雨のステイション
10. アフリカへ行きたい


【レビュー】
ふと思い立ち、ユーミンの3作目、1975年作品。
もはや40年以上前の作品ですが、5が「魔女の宅急便」に使われたり、2なんかは今でも卒業式シーズンに流れたりと、今の若者の耳にもなじみやすい作品集だと思います。

ネットリテラシーの無さっぷりを見せつける今となってはピンと来ない部分もありますが、70年代から80年代にかけてのユーミンは、バブリーなイメージと相まって、それはそれは傲慢な時代の寵児でした。

本作でも、その萌芽はありまして、例えば、5なんかは、何でこの曲がここまで浸透しているのか全く理解できない意地の悪い女の話。
昔流行った都市伝説、「エイズの国へようこそ」が思い出される、ほとんど毒女礼賛に近い内容で、正直、私なんかは、今でもいい気分はしない曲であります。

その一方で、2や8など、シティ・ポップとしては一級品の作品も混じっております。
その混沌さが本作の特徴であり、まだ、人間味が残っていた時代のユーミンである、ということなのでしょう。



【結論】
★3.5。
作品の完成度は高いです。
ちなみに、先の「エイズの国へようこそ」は、先輩であるA沼さんから聞かされて、同級生全員が土気色になったという思い出があります。エイズとHIVの区別もされていなかった時代のお話。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Blue & Lonesome/The Rolling Stones




【曲目】
1. "Just Your Fool"
2. "Commit a Crime"
3. "Blue and Lonesome"
4. "All of Your Love"
5. "I Gotta Go"
6. "Everybody Knows About My Good Thing"
7. "Ride 'Em On Down"
8. "Hate to See You Go"
9. "Hoo Doo Blues"
10. "Little Rain"
11. "Just Like I Treat You"
12. "I Can't Quit You Baby"



【レビュー】
今更、こういう作品について何をレビューするのか、という気はしますが、何はともあれStones の最新作。
村上春樹が新作を出したら世がざわつくし、ダウンタウンが番組を始めればとりあえずニュースになる、のであります。

で、またか、という絶望感に苛まれる、ブルースのカヴァー・アルバム。
70年代あたりに遊びで出すならともかく、70歳を超えた今出すのは、明らかな手駒不足、力の衰え、と言わざるを得ません。

いや、内容は悪くないのです。
老齢にしては声は異様に張ってるし、さすがベテラン、ミックのヴォーカルは特徴的すぎるも、滲み出る渋みもただ事ではありません。

でも、もう、最後のオリジナル・アルバムが2005年の「A Bigger Bang」で、そこから12年。
要は、新作はもう出せない、ということなのですよね。
Paul McCartney も、Neil Young も、内容には賛否あれど新作は出しているわけで、もう、そういう人たちと比べてはいけないのかな、本当の懐メロバンドになったのかな、と寂しい気持ちでいっぱいであります。

さらに問題なのは、上記の「A Bigger Bang」より、本作の方が聴けてしまうこと。
これが非常に残念で、つまり、曲作りも本格的にアウト、ということ。

いち早く、体裁の整ったクロージングを進めてほしいところであります。


【結論】
★1。
本当に、人生の一時期を捧げたバンドなので、これ以上ヘンな感じにはならないで欲しいのです。
本作を「原点回帰」とか言って無条件に持ち上げたメディアも、結構な責任だと思うのですよね。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Peace Trail/Neil Young




【曲目】
1. "Peace Trail"
2. "Can't Stop Workin'"
3. "Indian Givers"
4. "Show Me"
5. "Texas Rangers"
6. "Terrorist Suicide Hang Gliders"
7. "John Oaks"
8. "My Pledge"
9. "Glass Accident"
10. "My New Robot"


【レビュー】
相変わらず躁状態が続いているNeil Young 。
前作から1年半くらいで出された本作。

前作のような明確な敵は設定しておりませんが、個々の内容は相変わらずのNeil節。
原住民からの搾取を描いた3、テロリストというか、我が国の特攻隊を思い出させるような6。
超孤独を唄いつつAmazonを皮肉る10。
10なんて、歌詞の内容は古いというかステレオタイプなのですが、この世界が何なのか、真剣に考えさせれてしまいます。

それでいて、メロディーは、チープながらも相変わらず美しい。

素晴らしい38分です。


【結論】
★4.5。
と思ったら、この間に、ライブ盤も出てました。
手が回ってない、というか、このペースには負けます、ハイ。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Horses/Patti Smith




【曲目】
 1. Gloria
2. Redondo Beach
3. Birdland
4. Free Money
5. Kimberly
6. Break It Up
7. Land
8. Elegie


【レビュー】
この人のことは気になりだすと気になってしまうので、もう一枚。

言わずと知れたファースト。
もしかしたら、内容よりも、当時のパートナーだったメイプルソープ撮影のジャケの方が有名かもしれません。
やれ顔が怖いだとか、貧乳だとか、そんなハラスメント的言質を一切許さない強烈な眼差しです。

中身は、今でも通用する力強い作品です。
当時はさぞかし衝撃的であったろう、今と変わらぬ地獄のようなヴォーカル、というか、もはや呪詛。
もともとポエトリー・リーディング畑の人なのも納得、声の力がハンパではありません。
音数も少ないので、ダイレクトに耳というか脳に伝わってきます。

2作目以降に比べて若干荒いというか、プロデュース的に詰め切れてない雑な感もあるのですが、それを吹っ飛ばすヴォーカル、ということで、こちらも必聴です。


【結論】
★4.5。
古くなってきてはいるけど、未だに色あせないです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード