Let It Bleed/The Rolling Stones




【曲目】
1 Gimme Shelter
2 Love In Vain
3 Country Honk
4 Live With Me
5 Let It Bleed
6 Midnight Rambler
7 You Got The Silver
8 Monkey Man
9 You Can't Always Get What You Want


【レビュー】
ということで、全回の元ネタ曲が入っている「Let It Bleed」。

いや、未レビューの名作がまだまだあるなあ、と。
言うまでもなく、Stonesの最充実期、別名、Brian Jones 追い出し期の中でも屈指の名作です。

一般的なところでは、元ネタの1と、ライブの定番でもあるラストの9、ということになるでしょうか。
しかし本作、それ以外も激シブが揃っておりまして、Robert Johnson カヴァーの2、Honkytonk Women のカントリー・ヴァージョンの3、Keith のヴォーカル曲の7など、聴き応え十分。

個人的な最高傑作は、後半はほとんどファンクの6でしょうか。

とにかく、全体で全くダレるところがない。
正直なところ、Brian がいなくなり、いい意味で再生出来たんでしょうかね。「Jagger/Richards」が真に一皮むけた作品であります。
必聴。


【結論】
★5。
私、Brian は大好きなのです。
大好きなのですが、本作は、Brian が抜けたことで実現した作品でもあるので、非常に複雑であります。
あと、ジャケも意味不明でカッコイイっす。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Gimme Shelter/Merry Clayton




【曲目】
1 Country Road(James Taylor)
2 Tell All the People(Robby Krieger)
3 Bridge Over Troubled Water(Paul Simon)
4 I've Got Life(Galt MacDermot / Jerome Ragin / James Redo)
5 Gimme Shelter(Mick Jagger / Keith Richards)
6 Here Comes Those Heartaches Again(James Cleveland)
7 Forget It I Got It(Jimmy Miller / Gary Wright)
8 You've Been Acting Strange(Billy Preston)
9 I Ain't Gonna Worry My Life Away(Merry Clayton / Billy Preston)
10 Good Girls(Billy Page)
11 Glad Tidings(Van Morrison)



【レビュー】
apple music なり、spottily なり、ストリーミング・サービスの功績の一つは、今までなかなか手に入らなかったり、あまり流通していなかったアルバムが、無料で聴けてしまうことにあります。

本作もそんな感じで見つけたもの。
アルバムタイトルで分かるとおり、Stones の「Gimme Shelter」でコーラスをしている方の作品で、あの声はちょっと気になっていたため、結構期待して聴いてみたのですが。

表題作の5をはじめ、まあ、恥も外聞も無いベタ曲のカヴァーだらけ。
2なんぞは、Doors の中でもかなり平坦な曲で、なぜこれを選んだかという脱力ぶり。

お、以外にもソウルっぽい、という驚きもさしてなく、淡々と進んで行く、あまり聴き応えのない作品。
声の力もあんまりなく、ちょいと残念でした。


【結論】
★1.5。
まあ、カラオケ作品でした。
ジャケットはなかなかカッコいいけど、といったところであります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Day Breaks/Norah Jones




【曲目】
1 Burn
2 Tragedy
3 Flipside
4 It's A Wonderful Time For Love
5 And Then There Was You
6 Don’t Be Denied
7 Day Breaks
8 Peace
9 Once I Had A Laugh
10 Sleeping Wild
11 Carry On
12 Fleurette Africaine (African Flower)



【レビュー】
Norah Jonesの新作。

ファーストのテイストに戻った=オーソドックスなジャズっぽくなった、と評判であります。
確かに、音的にはそのとおりなのですが、この人がここまで高い評価を確立させているのは、やはりポップ・センス、もっと言うと非常に分かりやすいメロディと、「ああ、Norah だ」と一発で分かるヴォーカルのキャッチーさだと思うのです。

例えば、2なんかは、サビの「it's a tragedy」というフレーズとともに、Norah の声が一発で耳に残る良ポップ。
実は、歌われている内容は、要はワインで人生誤った男、というなかなかに重たげなものなのですが、Norah のヴォーカルがあまりにも軽やかで、何だかいい感じの人生にも見えてきてしまいます。

そんな感じで、ジャズというよりは良質のヴォーカル・アルバムを聴いている感じで、非常に優秀な作品でした。


【結論】
★4。
この人の歌は、結構、英語が聴き取りやすかったりもします。
そんな点やビジュアルも含めると、つまりは、日本人が好む洋物アイドル、なのかもしれません。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

12TH. STREET SWING~LIVE AT BILLBOARD TOKYO 20160313~/ケラ




【曲目】
1. Overture
2. Old Boys(SWING)
3. What’s New Pussycat?(何かいいことないか子猫チャン)
4. 月光価千金
5. 半ダースの夢
6. Shine
7. これでおあいこ
8. ミシシッピ
9. 流刑地
10. バラ色
11. 東京の屋根の下
12. Lover,Come Back to Me
13. 学生時代
14. 俗界探検隊
15. 地図と領土
16. いつか聴いた歌
17. 復興の歌
18. フォレスト・グリーン(或いは、あの歌をいつか歌えるか)



【レビュー】
有頂天の過去作とは打って変わって、こちらは、2016年、ビルボード東京で行われたケラのソロ・ライブ・アルバム。

前作のスタジオ・アルバム(Brown,White And Black)からの楽曲を中心に、バート・バカラックの3、S-KENの10といったカヴァー等を加えた作品。

もともと、「Brown,White And Black」もスウィング的なカヴァーが多かったので、要は好きな曲をジャズ・セッションした、非常にリラックスした作品です。

やはり、ケラのカヴァーのセンスは独特。
先にあげた10もそうですが、昭和にしても古過ぎる13を引っ張りだしてくるかね、しかし。
思えばこの人、80年代には「メケメケ」をカヴァーしていて、ひっくり返りました(先日発売された4枚組でも披露しております。)。
有頂天のカヴァーにしても14という激シブなチョイスで、ファンを唸らせてくれます。

ガッツリ聴くタイプの作品ではないですが、クセになることも事実で、ヘッドフォンで何となく聴くには良質な1枚であります。



【結論】
★4。
一見さんは、まあ聴かない作品でしょうが、ケラに馴染みが有る人には、絶対におすすめであります。
有頂天だけじゃないです、この人は。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード