Live At The Hollywood Bowl/The Beatles




【曲目】
1 Twist And Shout (Live / Remastered)
2 She's A Woman (Live / Remastered)
3 Dizzy Miss Lizzy (Live / Remastered)
4 Ticket To Ride (Live / Remastered)
5 Can't Buy Me Love (Live / Remastered)
6 Things We Said Today (Live / Remastered)
7 Roll Over Beethoven (Live / Remastered)
8 Boys (Live / Remastered)
9 A Hard Day's Night (Live / Remastered)
10 Help! (Live / Remastered)
11 All My Loving (Live / Remastered)
12 She Loves You (Live / Remastered)
13 Long Tall Sally (Live / Remastered)
14 You Can't Do That (Live / Bonus Track)
15 I Want To Hold Your Hand (Live / Bonus Track)
16 Everybody’s Trying To Be My Baby (Live / Bonus Track)
17 Baby's In Black (Live / Bonus Track)


【レビュー】
「Live At The Hollywood Bowl」のリマスター盤であり、映画のサントラ、というかリード盤(?)の位置づけであります。

ずっとCD化されておらず、学生時代にアナログで聴いた以来ほぼ30年振りくらいだったのですが、まあ、確かに、アガる出来ではあります。

恐らくはほぼやる気をなくしていた66年の日本公演とは明らかに異なり、64年・65年という、脂が乗り狂っていた時期のライブ。
コンテンツとしてはほぼ満点でしょう。

なんだけど、アマゾンレビューにもあるとおり、多くの方と同意見なのですが、まず、何で完全版を出さない。
どうせ、5年後くらいに出すんでしょう。
ボックスで、適当な15分くらいのDVD付けて。
ちょっとボートラを付けて終わらせるこの小出し感は、本当に、呆れてモノが言えないレベルであります。

また、ジャケットもひどい。
間抜けなカラー写真より、オリジナルの方が数倍いい。

これは、金を出して買わないでいいですよ。
apple music に入っていれば聴けますし、それで十分。
私も、パッケージで欲しい気持ちはあるんですが、我慢、我慢。



【結論】
★2。
★2は、ボートラへの点です。
内容は本当にいいので、何とかして聴いてはいただきたいです。
Beatles は下手ではないし、ライブの実力はあったんですよ。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Live1969/Simon & Garfunkle

Live 1969Live 1969

Simon & Garfunkel

商品詳細を見る



【曲目】
1. Homeward Bound
2. At the Zoo
3. 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy)
4. Song for the Asking
5. For Emily, Whenever I May Find Her
6. Scarborough Fair/Canticle
7. Mrs. Robinson {From the Graduate}
8. Boxer
9. Why Don't You Write Me
10. So Long, Frank Lloyd Wright
11. That Silver-Haired Daddy of Mine
12. Bridge Over Troubled Water
13. Sound of Silence
14. I Am a Rock
15. Old Friends/Bookends Theme
16. Leaves That Are Green
17. Kathy's Song


【レビュー】
秋であります。
秋といえばSimon & Garfunkle。
メロウな楽曲が、秋の鬱々とした精神状態を加速させてくれます。

本作は40年以上前、「Bridge Over Troubled Water」発表前のライブ・アルバムです。

以前、1980年の復活ライブ盤をレビューしたことがあるのですが、当たり前かもしれませんが、緊張感はこちらが上。
そりゃあ、現役ですからね。


しかし、上記の復活盤にしても、本作にしても、ナヨッとした曲も多いのに、本当にライブ映えするグループです。

曲が異常にキャッチーなのはもちろんのこと、うまく言えませんが、曲の芯がしっかりしており、本当の意味でエヴァー・グリーンたりえるものなのでしょう。
ロック史においては、何かと軟弱グループにカテゴライズされがちですが、イメージ以上にとんでもない才能を有していたのかもしれません。

ということで、今まであまりきちんと聴いていませんでしたが、オリジナル・アルバムもきちんと聴いてみようと思います。


【結論】
★4.5。
本作発表により、復活盤は、残念ながら地位が下がってしまいました。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Betty Davis/Betty Davis




【曲目】
1. If I'm In Luck I Might Get Picked Up
2. Walkin Up The Road
3. Anti Love Song
4. Your Man My Man
5. Ooh Yea
6. Steppin In Her I. Miller Shoes
7. Game Is My Middle Name
8. In The Meantime


【レビュー】
Betty Davis、ファーストです。

たまにですが、全く未聴のアーチストながら、非常に良質な作品に出会うことがあります。
apple music 等の定額ストリーミングサービスで、その機会は大きく増えました。

本作もそんな作品でして、確か、ファンク系統をうねうねサーフィンしていたらたどり着いたという経緯です。

Miles Davis の元妻。
Larry Graham参加作品。

サイケで、おしゃれで、ファンクでロック、スライの匂いもある。

Miles との関連性はあんまりピンと来ませんが、ロックとファンクのボーダレスであり、ジャンルを飛び越えるといった発送の豊かさは相通じるものがあったのかもしれません。
作品発表当時には、離婚してるけど・・。

どれか一曲が突出した、という作品ではないですが、70年代ブラックミュージックの中でもかなりいい感じの作品でした。



【結論】
★4。
あとは、ジャケですね。
観賞用に、アナログで欲しい作品の一つです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

At The Hop/The Sherrys




【曲目】
1.AT THE HOP
2.DANCE
3.SLOP TIME
4.DANCIN' THE STRAND
5.OOH-LA-LA-LIMBO
6.LET'S STOMP AGAIN
7.POP POP POP-PIE
8.BRISTOL TWISTIN' DANNY
9.THE FLY
10.DOUBLE ORDER MASHED POTATOES
11.THE NEW CHA-CHA-CHA
12.THE LAST DANCE



【レビュー】
地味目なオールディーズ、前回に引き続いて、もう一丁。
リンクはAmazon ですが、こちらも、ボートラ付で、国内盤が芽瑠璃堂で再発されております。

しかし、この Sherry's、正直、情報がなく。
英語のWikipedia でも、このザマです。
本盤の解説も合わせると、どうやら、60年代初頭のダンス・ブームにあやかって適当に作られたグループで、メンバーは姉妹を中心とした4人だったのですが、1人が脱退してジャケットでは3人になっている、という感じだったみたいです。

確かに、タイトルには「linbo」、「dance」、「twist」といった文字が舞っております。

ともあれ、今となっては、そのやらされている感というかルーズさが最高。
何も考えたくないとき、50年代・60年代前半の豊かなアメリカの映像を見たとき、等にはもってこいですね。

なお、この手の音楽、実は、子どもには結構ウケが良かったりします。
単純なコード進行で、声が明るくて、曲が短くて。
なるほど、理屈はさておき、潜在的な音楽の楽しみを備えているのかもしれません。


【結論】
★3。
芽瑠璃堂の再発では、以下のボートラがあり、これらもなかなかでした。
13 Saturday Night
14 Your Hand In Mine
15 That Boy Of Mine
16 That Guy Of Mine

なお、左の子がえらく可愛いのに対して、細木数子的なメンバーが中心にいるというジャケットの不条理さも、味わい深いものがありますね。
どなたか、メンバーの詳細を教えていただきたいものです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード