XTRMNTR//Primal Scream




【曲目】
1. Kill all hippies
2. Accelerator
3. Exterminator
4. Swastika Eyes
5. Pills
6. Blood Money
7. Keep your dreams
8. Insect royalty
9. Mbv Arkestra
10. I'm five years ahead of my time
11. Swastika eyes (Chemical Brothers mix)
12. Shoot speed kill light



【レビュー】
もう一丁、Primal Scream。
2000年発売、6作目のアルバム。
個人的には、Primal Scream の最高傑作であります。

音はとにかく冷たい。
エレクトリックなのですが、ギターやベースには生っぽいノイジーさもあり、聴いていて非常に緊張感を強いられます。
Bobby のヴォーカルも、ハッピー・ドラッギーな「Screamadelica」とは異なり、聴き手を突き放しており、乾いています。
そして、曲のタイトルが最高で、オープニングが「Kill All Hippies」。

要は、2000年代のパンクの最高作。
今回、数年ぶりに聴き返してみましたが、今でも、背筋が伸びる感覚があります。
なお、私は、本作が発表された2000年は、遅まきながら社会に出た初年度でした。
そんな時に本作を聴いて、「パンク精神、忘るべからず」といらぬ気合が入ってしまい、社畜として非常に悪影響があったのも、今となっては懐かしい思い出です。

これにリアルタイムで出会ってしまったので、今でも、このバンドに夢を見ちゃっているわけで、そんなおっさんが世界中にいるであろうことを、ご認識いただければ幸いであります。


【結論】
★5。
4のPV、今見ても冷たくておっかなくて、ナチスで、最高です。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Chaosmosis/Primal Scream




【曲目】
1. Trippin’ On Your Love
2. (Feeling Like A) Demon Again
3. I Can Change
4. 100% Or Nothing
5. Private Wars
6. Where The Light Gets In
7. When The Blackout Meets The Fallout
8. Carnival Of Fools
9. Golden Rope
10. Autumn In Paradise


【レビュー】
Prince からは一旦離れますが、これまた別の意味での変態、Primal Scream です。

「変態」と書きましたが、「元変態」が正確でしょうか。
とにかく、聴きやすい作品でした。

10曲37分、適度にギターで、適度にロック。適度にSceamadelica。
新味はほとんどないですが、安心の90年代印、といった感じです。

ここ数年では一番の出来でしょうが、うーん、血は踊らないですね。
やっぱり、この人も、トリックスター兼薬屋さんから、完全に歌手になってしまったのでしょうか。
ジョギングし出したMick Jagger がフラッシュバックするようで、少し悲しいものがあります。
決して悪くないんだけどなー。

なお、6は、パイオツジャケが記憶に新しい、Sky Ferreira が参加。
Primalにピッタリなせっかくのゲストですが、あんまり暴れておらず、ちと肩透かしでしたが、佳作ではありました。


【結論】
★3。
何度も何度も期待して、微妙に(「完全に」ではないのが、また。)裏切られていますが、もう一回くらい、覚醒しないかなあ。
本作を聴いても、メロディーメイカーとしては全然衰えていないので、あとはアティテュードなんですが、無理ですかねえ。
若しくは、思いっきり音数を少なくして、ブルース的なコクを目指してみるとか。それも、非常に興味があります。

ま、とにかく、次作も、その次も聴きます、多分。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Hits & B-Sides/Prince




【曲目】
Disc:1
1. When Doves Cry [Edit LP Version]
2. Pop Life
3. Soft And Wet
4. I Feel For You (LP Version)
5. Why You Wanna Treat Me So Bad? (LP Version)
6. When You Were Mine
7. Uptown [Single Version]
8. Let's Go Crazy
9. 1999 [Edit]
10. I Could Never Take The Place Of Your Man
11. Nothing Compares 2 U ( LP Version)
12. Adore
13. Pink Cashmere
14. Alphabet St. (LP Version)
15. Sign 'O' The Times [Single Version]
16. Thieves In The Temple
17. Diamonds And Pearls [Edit]
18. 7 (Album Version)

Disc:2
1. Controversy
2. Dirty Mind
3. I Wanna Be Your Lover [Single Version]
4. Head
5. "Do Me, Baby"
6. Delirious
7. Little Red Corvette
8. I Would Die 4 U (LP Version)
9. Raspberry Beret
10. If I Was Your Girlfriend
11. Kiss
12. Peach
13. U Got The Look
14. Sexy M.F.
15. Gett Off ( LP Version)
16. Cream
17. Pope
18. Purple Rain (LP Version)

Disc:3
1. Hello(B-side of "Pop Life")
 2. 200 Balloons(B-side of "Batdance")
 3. Escape(B-side of "Glam Slam")
 4. Gotta Stop (Messin' Around)(B-side of "Let's Work")
 5. Horny Toad(B-side of "Delirious")
 6. Feel U Up(B-side of "Partyman")
 7. Girl(B-side of "America")
 8. I Love U In Me(B-side of "The Arms of Orion” and “Insatiable")
 9. Erotic City(B-side of "Let's Go Crazy")
 10. Shockadelica(B-side of "If I Was Your Girlfriend")
 11. Irresistable Bitch(B-side of "Let's Pretend We're Married")
 12. Scarlet Pussy(B-side of I Wish U Heaven")
 13. La, La, La, He, He, Hee(B-side of "Sign o' the Times")
 14. She's Always In My Hair(B-side of "Raspberry Beret")
 15. 17 Days(B-side of When Doves Cry")
 16. How Come U Don't Call Me Anymore(B-side of "1999")
 17. Another Lonely Christmas(B-side of "I Would Die 4 U")
 18. God(B-side of "Purple Rain")
 19. 4 The Tears In Your Eyes(previously unreleased track)
 20. Power Fantastic(previously unreleased track, outtake)



【レビュー】
最後に、本作を紹介して、一旦、Prince レビューを終了します。
もっとも、そのうち、山ほどある未発表曲や、リマスターなどが出まくると思いますので、その際にはあらためて取り上げてみたいと思います。

さて本作、所謂ベスト盤です。
Disc1と2が代表曲であり、中には未発表曲もあったりして、これはこれで、コンパクトにまとまっていていいのですが、やっぱり白眉はB面集のDisc3です。

Disc3の「曲目」には、A面曲を記載したアマゾンのレビュワーの記載をコピペしておきましたが、錚々たるラインナップ。
「隠れた名曲」というレベルではなく、普通に、A面曲と変わらないクオリティ。
ある意味、絶頂期のPrince の凄みが一番分かるディスクかもしれません。

個人的には、8、14、そして、神々しいとしか言いようがない18あたりが聴きどころ。

オリジナル作品のボリュームがハンパないため、後回しになりがちですが、是非、押さえておきたい作品であります。


【結論】
★5。
B面集も、もう一度、全曲揃える形で出して欲しいですね。
12インチも、もちろん。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Dirty Mind/Prince




【曲目】
1 Dirty Mind
2 When You Were Mine
3 Do It All Night
4 Gotta Broken Heart Again
5 Uptown
6 Head
7 Sister
8 Partyup



【レビュー】
まだ傷は癒えず、引き続きPrince 。
続いては80年発表のサードです。

何は無くともまあ酷いジャケで、1980年当時、本作を手にするのは相当の勇気がいったであろうと推測されます。
しかも、アナログのデカさ。
私も、最初はアナログで入手したのですが、オカンに見られたら完全にアウトゆえ、確実に自宅に帰ってこない時間帯にしか聴けなかった記憶があります。

なんて、どうしてもビジュアルが先に注目されてしまう本作なのですが、内容は素晴らしい。
よく言われることですが、本作はほとんどデモに近い内容で、音はスカスカ。
後年、Prince は「Come」でも、同様の手法を取るのですが、音数の少なさとシンプルさが逆に曲の良さを際立てています。

もちろん、煌びやかな作品も素晴らしいのですが、Prince が音を絞ったときは、要注目です。
ダルビッシュが、かつて、故障明けの日本シリーズで130キロ前後のボールだけでバッタバッタと打ち取ったことがあったのですが、同様の凄みを感じます。

色々と意見は分かれるところであり、セカンドも根強く人気が高いのですが、私個人的には、初期の最高傑作です。


【結論】
★5。
なのですが、やっぱり、歌詞に触れないわけにも。
まあ、これまた酷いものです。

6の歌詞はこちら
And you said, But I just a virgin And I'm on my way to be wed。
「Head」は、ずっと亀だと思っていましたが、フェラチオの意味もある模様。

7の歌詞はこちら
My sister never made love to anyone else but me
She's the reason for my, uh, sexuality
アカンですね。

当然、だからこそ、素晴らしいのですが。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード