Come/Prince




【曲目】
1. Come
2. Space
3. Pheromone
4. Loose!
5. Papa
6. Race
7. Dark
8. Solo
9. Letitgo
10. Orgasm



【レビュー】
ちょいと飛んで、今度は1994年作品。
個人的には、90年代 Prince の最高傑作です。

良く知られていることではありますが、ジャケットには「Prince 1958-1993」の文字。
ワーナーと大揉めに揉めていた時期で、Prince という名前も捨てようとしていた頃。

という背景事情からすると、契約履行のための捨てアルバム、と思えそうで、現に、私自身も、地味でPrince 特有のフェイクが少なく、発売当時はあんまりのめりこめなかったのです。
なんか、もう、シンボルマークとか訳分かんなかったし。

しかし、後年聴きなおしてみると、実に質の高い一品でありました。
作品全体は、トータルとしてファンク。
1曲目から10分を超える大曲なのですが、装飾を削ぎ落とした、実に心地よいファンクです。

その後も、地味ながらリズムが強靭な曲が並びます。
ラストに、喘ぎ声、しかも、聴いているこっちが勃起しかけたところで自身の声も混ぜてフィニッシュするあたりの自己顕示欲も、Prince 節爆発。

この時期のライブを見てみたかったな、とつくづく思わされる次第です。



【結論】
★4.5。
あんまり顧みられない作品ですが、是非、お手にとっていただきたく思いますです。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Diamond And Pearls/Prince




【曲目】
1. Thunder
2. Daddy Pop
3. Diamonds And Pearls
4. Cream (W/O Rap Monologue)
5. Strollin'
6. Willing And Able
7. Gett Off
8. Walk Don't Walk
9. Jughead
10. Money Don't Matter 2 Night
11. Push
12. Insatiable
13. Live 4 Love



【レビュー】
続いて、Diamond And Pearls。

恐らくは、Prince が売れようと意図して、極度にポップに寄って、本当に売れた作品。
その意味では、「Purple Rain 」と同じ系統かもしれません。

前作よりもバラエティに富んでおり、非常に聴きやすいです。
甘ったるいシングルの4、HipHop的な7、名曲の誉れ高い10、など、弾も揃っています。

ただなー。
やっぱ、冗長な感は否めず。
どの曲も60点以上はあるんですけど、60-60-90-75とか来ると、全体的なクオリティは高くても、ダレるのですよね。
パイオツで言えば、Dカップ-Dカップ-Fカップ-Dカップ-Hカップ-Eカップ、とかくると、Dなんてピクリとも反応しなくなるわけで、それと同じかと。

10曲、40分のアルバムなら、かなりの良作になったはずで、その点はちと残念です。
CD時代があと10年遅く、アナログオンリーであれば、本作も名盤になったのではないか、と思う次第であります。



【結論】
★3.5。
惜しいんですよね。多作傾向が裏目に出た感じです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Graffiti Bridge/Prince




【曲目】
1. Can't Stop This Feeling I Got
2. New Power Generation
3. Release It
4. The Question Of U
5. Elephants & Flowers
6. Round & Round
7. We Can Funk
8. Joy In Repetition
9. Love Machine
10. Tick, Tick, Bang
11. Shake!
12. Thieves In The Temple
13. The Latest Fashion
14. Melody Cool
15. Still Would Stand All Time
16. Graffiti Bridge
17. New Power Generation (Pt II)



【レビュー】
前回、Prince の新作を取り上げてみましたが、矜持、西寺郷太氏の「プリンス論」なんて本が出ており、非常に楽しく読みました。
80年代や、ごく最近だけでなく、満遍なくディスコグラフィをさらっているのが嬉しいところです。

ということで、これを機に90年代のPrince を振り返ってみたいと思います。

「Batman」は超売れ線に意図的にコミットした企画モノとしてスルーするとして、その前が、世紀の変態アルバムの「Lovesexy」。
もう、この人はどこに向かっていくんだろう、と期待と不安(期待が9割)が入り混じっていたところにドロップされたのが本作品。

で・・。
私は、この作品から、少しずつPrince から距離を取ることになります。
いや、もともと大好きだったので、それでも新作は必ず発売日に聴くくらいではあるのですが、もう、一日中聴いていたい、という状態からは外れていきます。

まず、とにかく長い。ダレる。
曲のクオリティも、差が大きくなってきて、オープニングの1から4あたりまでは、相当いい感じなのですが、途中はダラッとしてる感が否めません。
George Clinton とのコラボの7、Elisa のヴォーカルが耳に引っかかる9、ラス前の16なんかは今でもいい曲だと思うのですが、それらにたどり着くまでが平板で、思考が止まってしまいます。

当時は、Revolution の存在が大きかったのかな、と思いましたが、要はさすがにオーバーワークで、曲のクオリティ等について訳が分からなくなっていたのかもしれません。

個人的には、Prince ファンとして冷静になるきっかけとなってしまった本作。
というわけで、しばらく、暗黒の90年代Prince を探っていきたいと思います。



【結論】
★2.5。
残念ながら、今となってもほとんど聴かない作品の一つであります。
本当に、悪くないんですけど、いかんせん冗長であります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Hitnrun Phase One/Prince




【曲目】
1. "Million $ Show" (featuring Judith Hill)
2. "Shut This Down"
3. "Ain't About 2 Stop" (featuring Rita Ora)
4. "Like a Mack" (featuring Curly Fryz)
5. "This Could B Us"
6. "Fallinlove2nite"
7. "X's Face"
8. "Hardrocklover"
9. "Mr. Nelson" (featuring Lianne La Havas)
10. "1000 X's & 0's"
11. "June"



【レビュー】
Prince の新作。

当初は、Tidal のみでのリリースとアナウンスされ、サービスが利用できない我が国のファンを敵に回しかけたのですが、あっさりとパッケージでも発売。
相変わらず、我が道を行くといえば聞こえはいいですが、場当たり的なワガママ爆発の王子であります。

さて、気を取り直して中身でありますが。

いい曲は、あるし、適度にファンク。
まとまりも、悪くはない。さすがに、グラミーで「アルバムが大事」とかアジっただけのことはあります。

ただねえ、いきなり1で過去作の引用はないでしょ。
引用というか、単なるつぎはぎ、しかも、「For You」「1999」「Let's Go Crazy」って、そんなに過去にすがってんのかい、とガッカリします。

ついでに、アルバムも佳境に入ったところで、前作の別ヴァージョンの5。
未発表曲なら腐るほどあるはずなのに、何故あえて前作のモノを引っ張ってくるかね。

この人だから何かしら意図があると思うのですが、ちょっと飲み込めない作品でした。



【結論】
★2.5。
悪くないんですけど、1を聴いた時のモヤモヤが取れないんであります。
残念。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード