coup d'Etat/Syrup16g




【曲目】
1. AnotherDayLight
2. My Love’s Sold
3. 神のカルマ
4. 生きたいよ
5. 手首
6. 遊体離脱
7. virgin suicide
8. 天才
9. ソドシラソ
10. バリで死す
11. ハピネス
12. coup d’Etat
13. 空をなくす
14. 汚れたいだけ



【レビュー】
ということで、シロップの過去作から1枚。
2003年発売、比較的評価が高い作品ではないかと思われます。

前回も書きましたが、このバンドはとにかく信者が多くて(ロキノンジャパンも)、それゆえ厄介というか評価が見えにくかった部分もあったのですが、今現在聴いてみても、作品のクオリティはさすがだと思います。

ギター中心ながらもリズムもしっかりしていますし、何より五十嵐の病んだというか鋭利な歌詞は、今でも突き刺さるものがあります。
まあ、私生活では相当つきあいにくそうですし、自意識過剰っぷりは相当で、自分の息子がコレだったらかなり監視してしまいそうですね。

個人的には、本作発売前後は仕事でかなり煮詰まっていた状況で、そんな中、5で「くだらねえこと言ってないで早く働けよ」とか突き放されて死にそうになった経験があり。

というわけで、健康時はともかく、不安定な時期にはあまり近寄りたくない作品ではあります。



【結論】
★3.5。
いい作品です。
ただ、やっぱ長いですね。バリエーションもさほど無いですし、正直、あんまり、長尺で聴きたいバンドではないです。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Share The Light/Syrup16g




【曲目】
1. Share the light
2. イカれた HOLIDAYS
3. Stop brain
4. ゆびきりをしたのは
5. (You will) never dance tonight
6. 哀しき Shoegaze
7. メビウスゲート
8. 生きているよりマシさ
9. 理想的なスピードで
10. 宇宙遊泳
11. 旅立ちの歌



【レビュー】
Syrup16gが解散したのが2008年。
そこから6年後、結構唐突に出された新作が、本作であります。

確かにいいバンドというか、歌詞が刺さるところはあって、私自身はそこまでではなかったのですが、非常に信者の多いバンドではありました。
逆に言うと、そこに鼻白むところがあったりもしたのですが。

久々の本作も、基本的なところはほとんど変わらず。
加齢のせいか、音も歌詞も多少は聴きやすくはなっておりましたが、相変わらずギターは歪んでおり、ベースラインも捻くれております。

五十嵐氏が、かつての中二病の煮こごりのような状況を再現してくるのか、中年に即した感じでの変化を見せてくるのか。
新作のミニ・アルバム「Kranke」を聴く限り、かなり聴きやすくなった部分はあれど、作詞のセンスは未だ衰えず、というあたりを進んでいるように感じますが、果たして今後は。

坂本慎太郎みたいに、何かが抜け落ちたような、それでいてコクがありまくりの作品を聴いてみたい気もします。

ともあれ今後が非常に楽しみで、もう一度過去作を聞いてみもいいかな、と思うだけの作品でした。



【結論】
★3.5。
相変わらず英語は下手っぴ。
初聴のとき、1は、「謝罪」かと思ったら、「Share The Light」でした。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

No Pier Pressure/Brian Wilson


No Pier Pressure: Deluxe Edition (+ 2 Bonus Tracks)No Pier Pressure: Deluxe Edition (+ 2 Bonus Tracks)

Brian Wilson

商品詳細を見る




【曲目】
1. This Beautiful Day
2. Runaway Dancer [featuring Sebu Simonian]
3. What Ever Happened [featuring Al Jardine and David Marks]
4. On The Island [featuring She & Him]
5. Our Special Love [featuring Peter Hollens]
6. The Right Time [featuring Al Jardine and David Marks]
7. Guess You Had To Be There [featuring Kacey Musgraves]
8. Don’t Worry
9. Somewhere Quiet
10. I’m Feeling Sad
11. Tell Me Why [featuring Al Jardine]
12. Sail Away [featuring Blondie Chaplin and Al Jardine]
13. One Kind Of Love
14. Saturday Night [featuring Nate Ruess]
15. The Last Song
16. Half Moon Bay
17. In The Back Of My Mind
18. Love And Mercy




【レビュー】
またもやBeach Boys が空中分解し、Brian Wilson は再びソロに逆戻り。

が、Al と David といったサポートメンバーの協力も得られ、バンドとソロの中間くらいのイメージになった作品であります。
やっぱり、ハーモニーがあると、相乗効果なのかBrian のヴォーカルも冴えますし、メロディーラインも生きてきます。
11なんかは、もう、本当に2015年の 「本家」Beach Boys であり、素晴らしいとしかいいようがありません。

もしかしたら、Mike とかがいなくなったとはいえ、まだバンドのイメージが残っていたのかな、と思います。

冒頭はちょっとモタついた感じもして、間延び感は否めないのですが、それでも、良作でした。
Brian は、途中、あんだけ休んでたんだから、この年齢でもまだ数作はいけるんじゃないか、と期待しております。


【結論】
★4。
ところで、この人のソロのジャケは外ればっかりなのですが、本作も意味不明。
誰か、意見してあげてほしいものです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

この世で一番キレイなもの/早川義夫





【曲目】
1. この世で一番キレイなもの
2. 君のために
3. 君に会いたい
4. お前はひな菊
5. H
6. サルビアの花
7. 雪
8. 桜
9. 赤色のワンピース
10. いつか



【レビュー】
何だか、amazon のリンクがうまく貼れなくなりまして。
しょうがないので、amazonアソシエイトなるものを初めて使ってみました。
見栄えが変わりますが、まあ、気にせずに。

で、前作から25年ぶりとなった、早川義夫のソロ作品。

前作の後、早川義夫は古本屋になったりして、隠遁生活を送っていたのですが、突如として本作が発表されました。

当時は、インディーズ系というか宝島系というか、私を含むそういうジャンルの残党は、「伝説の復活」ということで、ずいぶんと盛り上がったものです。

んでまあ、リストを見てみると、ジャックス時代の曲のセルフカヴァーがちらほら。
うーん、オリジナルを超えられる訳がないんだけどな・・と思いつつ聴き進めたのですが。

曲自体は決して悪くはない。特に、1、10の歌詞はなかなか染み入るものがあります。
でも、バックバンドというか、アレンジというか、どうにもペラッペラで。
特に、サックス(梅津和時らしい)のミスマッチ具合がどうしても我慢ならんのです。
セルフカヴァーも、当然、大したことはなく、曲数の水増しかいな、としか思えませんでした。

ともあれ、ピアノとギターで歌いこんでいたら、相当印象変わったのに、と非常に残念です。



【結論】
★3。
復活祝いを込めて、3でしょうか。
公式サイトを見ても、毒気はゼロで、本当、そこらのおっさんにしか見えず、どうにも咀嚼しきれないのであります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう/早川義夫


かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろうかっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう

早川義夫

商品詳細を見る



【曲目】
1. わらべ唄
2. もてないおとこたちのうた
3. 無用ノ介
4. シャンソン
5. サルビアの花
6. NHKに捧げる歌
7. 聖なるかな願い
8. 朝顔
9. 知らないでしょう
10. 枕歌
11. しだれ柳
12. 埋葬



【レビュー】
次は、ジャックスのヴォーカル、早川義夫のファースト・ソロです。

これもまたこれで凄い作品で、ジャックスというバンドのグルーヴ的なものは抜け落ちているのですが、その分、地獄絵図感は増しているような気がします。

オーラスの12も相当キテますが、白眉はやはり5でしょうか。
別にPVがあるわけではないですが、「花吹雪舞う道を転げながら走る早川義夫」の映像が、鮮明にまぶたに浮かびます。グラサンかけて。
聴いてるこっちが、もう勘弁してくれ、と言いたくなる、敗者の大名曲であります。

トータル的にはちと散漫なところもありますし、オープニングの1でいきなり将棋用語が出てきて脱力しまくったりとか、気が削がれる部分も多いのですが(この癖は遠藤ミチロウにもあり。)、一度は絶対に触れておくべき作品であります。



【結論】
★4.5。
個人的には、僅差でジャックスに軍配ですかね。
以前、確かロキノンで、ほりのぶゆきが、まさに早川義夫が転げている4コマを描いていた記憶があるのですが、探しきれず、残念。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード