ジャックスの世界/ジャックス


ジャックスの世界(紙ジャケット仕様)ジャックスの世界

ジャックス

商品詳細を見る



【曲目】
1. マリアンヌ
2. 時計をとめて
3. からっぽの世界
4. われた鏡の中から
5. 裏切りの季節
6. ラブ・ジェネレーション
7. 薔薇卍
8. どこへ
9. 遠い海へ旅に出た私の恋人
10. つめたい空から500マイル



【レビュー】
このブログも、地味でタラタラながら長年やっているなあ、と思いつつ、過去ログを見返してみたら、本作を取りあげてないことに気づきました。

ジャックス、早川義夫、1968年作品。
日本のロックの創世記の名盤として、必ずあげられる作品であります。

今でこそ手に入りやすくなっておりますが、80年代〜90年代は廃盤となっており、私も、その頃、高い金を出してボックス・セットを買い、ようやく耳に出来たというレジェンドぶり。
加えて、ミチロウが1をカバーしていたり、宝島で何度か登場したり、とえらくハードルを上げられた状態。

非常にドキドキしながら聴きましたが、予想以上にガツンときたことを今でも覚えております。

やはり、何と言っても早川義夫の地獄のようなヴォーカルでしょうか。
ライブ音源などを聴くと、MCの声が意外と普通で笑えたりしますが、本作は本当に凄い。
特に1、3、4などは、油断しているとアッチ側に引き込まれそうになります。

加えて、独特の詩的センスが凄まじい。
4なんて、どういう発想でこんなリリックが出てくるのか理解出来ず、恐怖すら感じます。
自分的には、パンクに入れ込んでいた頃に出会った作品であり、ああ、こんなにも過激で、しかも詩的なバンドがあるんだ、とえらく感動したものです。

発売から50年近く経っていますが、全く古びていない、逆エバーグリーンな作品であります。


【結論】
★5。
文句無し。
なお、廃盤になっていた原因は、3の歌詞、要は「啞」という単語が出てきたから、と言われております。
まあ、阿呆極まりない理由で、素晴らしい作品を閉じ込めていたものです。
再発されて、本当に良かった。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Uptown Special/Mark Ronson


Uptown SpecialUptown Special

Mark Ronson

商品詳細を見る




【曲目】
1. Uptown's First Finale
2. Summer Breaking
3. Feel Right
4. Uptown Funk
5. I Can't Lose
6. Daffodils
7. Crack In the Pearl
8. In Case of Fire
9. Leaving Los Feliz
10. Heavy and Rolling
11. Crack In the Pearl, Pt. II



【レビュー】
人気DJ。Mark Ronson のアルバム。
といっても、私は今回初めて名前を聞いた、という程度のリテラシーであります・・・。

アホみたいに売れており、Bruno Mars をフィーチャリングしている4が14週連続1位。
確かに、曲調はバラエティ豊かですし、そもそも色んなヴォーカリストが出てくるので、飽きない構成になっています。
4が突出しているとは思いますが、個人的には3とか、モロに70年代スティービー・テイストの11なんかも、良作であります。

ヘビロテにはならないですが、困ったときの車内、としてはうってつけの作品だと思います。
いい感じのサントラ、ミックステープ、といった位置づけでした。
10年くらい経ったら、懐かしくなって、もう少し評価が上がるような気がします。



【結論】
★3。
本文中に、4が14週連続1位だったとの件、新記録かいな、と思ったら、上には上がいて、マライアに16週連続1位という記録があるようです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Chasing Yesterday/Noel Gallagher's High Flying Birds


Chasing YesterdayChasing Yesterday

Noel -High Flying Birds- Gallagher

商品詳細を見る



【曲目】
Disc1
1. Riverman2
2. In The Heat Of The Moment
3. The Girl With X - Ray Eyes
4. Lock All The Doors
5. The Dying Of The Light
6. The RightStuff
7. While The Song Remains The Same
8. The Mexican
9. You Know We Can't Go Back
10. Ballad Of The Mighty I
11. Do The Damage
12. Revolution Song
13. Freaky Teeth
14. In The Heat Of The Moment (Remix)
Disc2
1. Do The Damage
2. Revolution Song
3. Freaky Teeth
4. In The Heat Of The Moment (Remix)



【レビュー】
うーーーん。

このブログでも何度か取り上げておるとおり、Oasis は結構好きなバンドで、ライブにも複数回行っています。
ライブ自体はやけにパッケージングされたステージだな、という不満はあれど、アルバムについては、90年代はヘビロテだったことには間違いありません。

で、まあ、解散して、ギャラガー兄弟がそれぞれ活動を始めたことは当然認識していたのですが、興味が持てずに追わず。
本作が、妙に評価が高かったので、重い腰を上げて聴いてみたという次第です。


前置きが長かったのですが、結論として、多分、もう、そうそう聴かんでしょう。

何でしょうか、何度聴いても耳に入ってこず、生命力が感じられない。
じっくり腰を据えて聴いて、確かにいいメロだな、と思う曲もあるんですけど、私には、これを激シブと捉えるだけの余力は無いです。

声もあまり好きじゃないんだと思います。
Art Garfunkel みたいに、思い出したように出てくるんならいいですが、フルでは聴きにくい。
かといって、Beady Eye がいいかというと、そちらはそちらで気の抜けた感じでピリッとしません。

私としては、良くも悪くも、Oasis 幻想が高まった作品という位置付けでした。
いいバンドだったんだな。



【結論】
★1.5。
しかし、ロキノン系はともかく、ネット上も、評価が相当高いのはピンと来ません。
ライブでも見れば、変わるんでしょうか。ちと不可解です。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

She's So Unusual/Cyndi Lauper


She's So UnusualShe's So Unusual

Cyndi Lauper

商品詳細を見る



【曲目】
1. Money Changes Everything
2. Girls Just Wanna Have Fun
3. When You Were Mine
4. Time After Time
5. She Bop
6. All Through The Night
7. Witness
8. I'll Kiss You
9. He's So Unusual
10. Yeah Yeah



【レビュー】
品切れになってるようですが、2014年、本作の30周年盤が発売されました。

リミックス等、ボーナストラックはすべからくポンコツで、聴く価値はなかったのですが、あらためて本体の方をレビューしてみます。

本作発表の1983年は、私が洋楽に興味を持ち始めた時期だったので、当時の雰囲気は鮮明に覚えています。
扱いとしては、Madonna の劣化版(年増版)、女子ぶった痛々しいオバハン、一発屋、ハイスクールはダンステリア。

要は、最初からトリックスター的位置付けだったのですが、そんなにひどい内容ではないです。
時代的に、音はスカスカですが、Prince のカヴァーである3もなかなか。
後世に残るであろう、名バラードの4は全米1位。
個人的には、大仰でモロ80年代な6がイチ押しです。

今でも通用するかと言われるとそうでもないですが、80年代を語るには避けて通れない作品であります。
十分、聴けます。



【結論】
★3.5。
なお、この方は、3.11時に日本におり、原発事故後、逃げずに日本でライブをしてくれたわけで、日本人は足を向けてはいけない姐さんであるということは、忘れないでいきたいものです。
それは、1953年生まれ、本作発売当時すでに30歳、それでこのジャケット。
そもそも、肝の座り方がハンパではない方なのであります。

ちなみに、2012年のインタビューがこちら

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード