Storytone/Neil Young


Storytone -Deluxe-Storytone -Deluxe-

Neil Young

商品詳細を見る



【曲目】
1.PLASTIC FLOWERS 4:05 
2.WHO'S GONNA STAND UP? 3:49 
3.I WANT TO DRIVE MY CAR 2:23
4.GLIMMER 3:11
5.SAY HELLO TO CHICAGO 4:54 
6.TUMBLEWEED 3:22 
7.LIKE YOU USED TO DO 2:39 
8.I'M GLAD I FOUND YOU 3:22 
9.WHEN I WATCH YOU SLEEPING 5:37 
10.ALL THOSE DREAMS 3:53 


【レビュー】
本ブログの更新は遅く、よっこらよっこら、何とかレビューを続けている程度なのですが、何だか、常にNeil Young の作品をいつ書こうか、と悩んでいる気がします。

そんな多作なNeil Young の最新作。
2枚組、ただし、1枚目はアコースティック、2枚目はオーケストラで同じ曲、同じ曲順。
1枚目は、解りやすいNeil Young。2枚目は、突飛なときのNeil Young

どっちもお馴染みと言えばそれまでなんですが、内容自体はいい作品だと思います。
オープニングの1は美メロだし、変化球的な3もカッコいい。
まあ、でも、1枚の方が良かったですかね。
どっちか、と言えば、Disc1の意見が多いんでしょうが、個人的には、攻めダルマのときのNeil っぽいDisc2も悪くないんじゃないかな、と思います。

その後、「Living With War」のときみたいに、レアヴァージョンとかいってDisc1を出したりして。

したら、イメージもちょっと変わったかもしれません。



【結論】
★3.5。
なんだかんだ、いい作品でありました。
離婚がゴニョゴニョ、ダリル・ハンナがゴニョゴニョとあり、食物としての鯨が好きな私としては、阿呆としか言いようがないのですが、作品は別ということで。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

LP1/FKA twigs


LP1LP1

FKA twigs

商品詳細を見る



【曲目】

1. Preface
2. Lights On
3. Two Weeks
4. Hours
5. Pendulum
6. Video Girl
7. Numbers
8. Closer
9. Give Up
10. Kicks


【レビュー】
前回レビューした Arca が参加した、FKA twigs のデビュー・アルバム。
2014年の夏ころには発売になっており、気にはなっていたのですが、実際に聴けたのは年末に入ってからでした。

音は、まあ、悪くはなく、ヴォーカルも魅力的ではあるのですが、あまり耳に残る感じではありませんでした。
ただ、何回か聴いていると、とにかく気持ち悪いのです。音なのか、雰囲気なのか、気持ち悪いというか違和感、摩擦を感じる。

ジャケもいわずもがなですし、PVもかなり気持ち悪い。
3のPVなんかも、インポになる寸前。

これが受け入れられればかなりのお気に入りになるし、拒絶の方向性だと、もうダメでしょう。

私は、まだ何とも言えないのですが、どうしても「要は日本でいうところのきゃりーぱみゅぱみゅみたいな立ち位置だったりして」と置き換えてしまい、いまいち乗り切れいていない状況。

様子見、であります。


【結論】
★3.5。
まあ、悪くないですし、次作も聴きます。
もっとも、個人的にきゃりーはどうしても肌感覚でダメなので、この人を追うかどうかは結構瀬戸際です。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Xen/Arca


Xen_012Xen

Arca

商品詳細を見る




【曲目】
1. "Now You Know" 3:58
2. "Held Apart" 1:20
3. "Xen" 3:18
4. "Sad Bitch" 1:55
5. "Sisters" 2:21
6. "Slit Thru" 2:12
7. "Failed" 3:40
8. "Family Violence" 2:13
9. "Thievery" 2:33
10. "Lonely Thugg" 2:56
11. "Fish" 2:07
12. "Wound" 2:09
13. "Bullet Chained" 2:51
14. "Tongue" 2:59
15. "Promise" 2:52


【レビュー】
EDM。Electronic Dance Music。
身も蓋もない略語。

近年一大ジャンルとなっているのはさすがに知っていつつ、どうにも手が伸びなかったのですが、重い腰を上げて手に取ったのが本作。

2014年、総ナメというと大げさですが、軒並み高評価だった本作。
Arca は Kanye West の「Yeezus」の数曲をプロデュースしたということで、なら、というのがきっかけであります。

なんだけど、やっぱ、どうしても無理でした。

クラブが大して好きじゃないというのが大きいのでしょうが、苦痛で苦痛で。
元々テクノやトランスもダメだったので、体質的な拒否反応と思われます。
「Yeezus」みたいに、プラスアルファとして使われるのはいいんですけど、EDM的なモノがここまで前面に出てしまうと、完敗であります。

少なくとも、CDやiPhone で聴くモノではなかったです。


【結論】
★1.5。
点数をつけたのは、PVが悪くなかったから。
Youtube のチャンネルは見る価値あります。
この気持ち悪さは◯です。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Black Messiah/D'angelo And The Vanguard


Black MessiahBlack Messiah

D'Angelo And The Vanguard

商品詳細を見る



【曲目】
1. Ain't That Easy
2. 1000 Deaths
3. The Charade
4. Sugah Daddy
5. Really Love
6. Back to the Future (Part I)
7. Till It's Done (Tutu)
8. Prayer
9. Betray My Heart
10. The Door
11. Back to the Future (Part II)
12. Another Life



【レビュー】
2014年末、唐突に本作がドロップされました。

年末最後のビッグニュース。
D'Angelo、「Voodoo」以来14年ぶりの新作。
Q-Tip、Questlove等が参加しており、これら参加メンバーの総称が「Vanguard」、とのことです。

いや、凄かったというか、素晴らしかったです。
14年ぶりって、普通はダメなはずで。現役時代の作品をトレースして(決して、ガンズの話ではありません。)。
更には数曲セルフカバーとかを入れてお茶を濁したりして。
そんで、ロキノン的なメディアが「原点回帰」とか褒めちぎったりして。

そんな涙を禁じ得ない図が目に浮かんだのですが、本作は、普通に素晴らしかったです。

頭から、あの、独特のスチャスチャしたリズムで、ダルいヴォーカルで。
ドラッギーでもあり、ロマンチックでもあり、何とも言えないメロディーラインで。

厳しいことを言えばあんまり進歩していないという意見もあるんでしょうけど、十分、2014年において現役の作品として成り立っていると思います。
ついでに言えば、前作「Voodoo」も、現在においても全く古びていない作品であることをあらためて気づかせてくれました。


【結論】
★4.5。
周りの人の手厚いサポートもあったのでは。
次は5年後くらいでいいから、何卒、これで終わらないで欲しいです、是非。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

日出処/椎名林檎


日出処日出処

椎名林檎

商品詳細を見る



【曲目】
1. 静かなる逆襲
2. 自由へ道連れ
3. 走れゎナンバー
4. 赤道を越えたら
5. JLOO5便で
6. ちちんぷいぷい
7. 今
8. いろはにほへと
9. ありきたりな女
10. カーネーション
11. 孤独のあかつき (信猫版)
12. NIPPON
13. ありあまる富



【レビュー】
あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。
林檎さんが、年末に、本作の12で2度目の紅白出場を成し遂げましたので、レビューしてみます。

私自身、元々ファンだったこともあって、新作が出れば取り留めもなくレビューしておったのですが、今や、この人の捉え方というのが良く分からなくなってしまいまして。

曲のタイトルの独特さは、変わらず。
ビジュアルも、化粧だったりは変わっていますが、自己プロデュースのしたたかさは変わらず。
歌詞の意味不明さも変わらず。
ギターを中心としてはいるものの、シャンソン的だったりジャズ的だったり、雑食性が特徴的なのも変わらず。

なんですが、ぶっちゃけますと、1枚通して聴いても、曲の区別がつかんのですよ。
先の12なんかはシングルになっていたし、ワールドカップ公式だったということもあり、なかなかええ曲だな、とは思っていたし、先行していた13とかも、単体ではいいのですが、40分以上のアルバムとなるともたないのです。

やっぱ、こちらが飽きたんでしょうかね。
林檎が林檎を演じているようにしか聴こえないという状態。

今までのギリというか、ハマっていた時期があるので今後も新作は追い続けるとは思いますが、ちょっとつらくなってきましたかね。
という、何とも明るくなれない新年最初のレビューでした。



【結論】
★2.5。
ライブに行けば感覚も変わるかなとも思うのですが、相変わらずチケットは全く取れず。
生林檎、見せてよ。
見れば、サイコーとか言い出せるような気がするのです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード