Neue Musik/松任谷由実


Neue MusikNeue Musik

松任谷由実

商品詳細を見る



【曲目】
Disc1
1. 守ってあげたい
2. 恋人がサンタクロース
3. BLIZZARD
4. サーフ天国,スキー天国
5. ダイアモンドダストが消えぬまに
6. きみなき世界
7. SWEET DREAMS
8. ノーサイド
9. 時をかける少女
10. ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ
11. Valentine’s RADIO
12. 青春のリグレット
13. Hello, my friend
14. DESTINY
15. 埠頭を渡る風

Disc2
1. リフレインが叫んでる
2. 最後の嘘
3. 真珠のピアス
4. DANG DANG
5. 青いエアメイル
6. VOYAGER~日付のない墓標
7. 春よ,来い
8. ANNIVERSARY
9. 輪舞曲(ロンド)
10. DOWNTOWN BOY
11. シンデレラ エクスプレス
12. カンナ8号線
13. 真夏の夜の夢
14. groove in retro
15. 愛は…I can`t wait for you, anymore



【レビュー】
何でいまさら、ということなのですが、発端は、ブックオフで見つけたこんな本を読んだことです。

ユーミンの罪 (講談社現代新書)ユーミンの罪 (講談社現代新書)

酒井 順子

商品詳細を見る


書籍の内容は、自身の青春とユーミンの関係をシニカルに考察するという、相変わらずの酒井節、だったのですが、私と彼女は3歳か4歳くらいしか違わず、見てきた周辺の風景にも既視感があります。

で、すーっかり忘れていたのですが、確かに、80年代のユーミンの存在感は圧倒的でした。
私なんぞは、バブルな雰囲気を公然と出すのがイヤでイヤでしょうがなかったのですが、それでも、結構な数の曲が強制的に刷り込まれていったわけです。
当時は、ヒット曲というもの自体少なく、街中でガンガンかけられて、強制的に記憶させられたということなのでしょう。

本作は、私が唯一所持しているユーミン作品(ベスト盤)ですが、相当な割合の曲が、サビ部分を今でも口ずさめるという恐ろしさ。
子連れでスキーに行っても、ゲレンデでⅠ-2、Ⅰ-4がかかったら、反射的にリズムを取ってしまうでしょう。というか、私と同世代の人間はほとんどそのはず。

という圧力感の強さを経験した世代にとって、今のダメっぷりはやはり寂しいものがあります。
このまま引退しそうな雰囲気もありますが、寂聴的なめんどくさい婆さんになったユーミンも、少し見てみたいものです。



【結論】
★3。
買う必要はない。
買う必要はないが、でも、自動車にあるといざというとき(?)に嬉しい、という作品です。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

First Album/Tofubeats


First Album(通常盤)First Album(通常盤)

tofubeats

商品詳細を見る



【曲目】
1. 20140809 with lyrical school 1:34
2. #eyezonu 3:18
3. poolside feat. PES(RIP SLYME) 5:19
4. Come On Honey! feat. 新井ひとみ(東京女子流) & okadada 3:56
5. ディスコの神様 feat.藤井隆 4:54
6. おしえて検索 feat.の子(神聖かまってちゃん) 4:15
7. CAND\\\LAND feat. LIZ 3:29
8. 朝が来るまで終わる事の無いダンスを(Album version) 5:57
9. Populuxe 4:12 ¥ 250
10. zero to eight 4:30
11. framed moments 4:40
12. content ID 3:08
13. Her Favorite feat.okadada 3:19
14. Don’t Stop The Music feat. 森高千里(Album Version) 5:01
15. way to yamate 2:59
16. 衣替え feat. BONNIE PINK 6:30
17. ひとり 4:25
18. 20140803


【レビュー】
2014年、一番話題となったと言ってもよいトラック・メイカー、 tofubeats のメジャー・ファースト・アルバム。

インディーズ時代の方がトンガっていたという根強い批判もあり、それもまあ分からんでもないのですが、センスは認めざるを得ないです。
フューチャリングの人選も思わず笑ってしまうような絶妙なポイントを突いているし、先行シングルの5をはじめ、何より楽曲が耳に残る。楽曲が耳に残るというのは、ポップ・ミュージックの至上命題ですので、要は素晴らしい作品です。

クラブOK、室内OK、カーステOK、街中もOK。
新小岩を歩いていようと、綾瀬を歩いていようと、iPhoneから本作が聴こえれば、そこは都心のナイスなスポットなのであります。

で、こういう時代と寝たような作品が、2015年、2016年になるとどうなのか、というのが興味津々であります。

フリッパーズは生き残ったでしょう。
ピチカート・ファイブも大丈夫。
カヒミ・カリィあたりはどうなのか。
L⇔Rを今聴けるか。

エヴァー・グリーン的作品なのか、時代の徒花なのか。

私は、時代の徒花も大好きですので、今後スベったらスベったで非常に面白い、とかとも考えてしまいます。
間違っても表立って聴けない感じになったりして。

ともあれ、それだけの才能もキャラもある方だと思うので、何にせよプロデューサーとかに引っ込まないで、正々堂々と、いつまでも矢面に立って作品を発表し続けていただきたいものです。



【結論】
★4.5。
色々書きましたが、2014年を代表する1枚であることには間違い無し。
今からでも聴くべきです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

A Love Spreme/John Coltrane


A LOVE SUPREME [Verve]A LOVE SUPREME [Verve]

John Coltrane

商品詳細を見る



【曲目】
1. A Love Supreme Part I - Acknowledgement
2. A Love Supreme Part II - Resolution
3. A Love Supreme Part III - Pursuance
4. A Love Supreme Part IV - Psalm


【レビュー】
ということで、おじにあたるJohn Coltrane といえば本作、のレビュー。

私はJazz にはあまり詳しくないのですが、それでも何度も聞いたことがありますし、「Jazzっぽい」音楽のイメージを固めてくれた作品でもあります。

微妙な静寂、いつ音が走り出しるか分からない独特の緊張感、躍動感溢れるColtraneのサックス。
ヴォーカルがなくても、音楽から何某かが迸ることを教えてくれた作品でもあります。

私のように、Rockに親しんだ人はMilesの方が入りやすいと思いますが、本作でも、きっと感じるものがあるはずです。


【レビュー】
★4。
夜、出来る限りの音量で。
個人的な意見としては、1人で聴くべきであります。

You Are Dead!/Flying Lotus


You're Dead! [輸入盤CD] (WARPCD256)_005You're Dead!

Flying Lotus

商品詳細を見る



【曲目】
1. Theme
2. Tesla
3. Cold Dead
4. Fkn Dead
5. Never Catch Me
6. Dead Man's Tetris
7. Turkey Dog Coma
8. Stirring
9. Coronus, the Terminator
10. Siren Song
11. Turtles
12. Ready err Not
13. Eyes Above
14. Moment of Hesitation
15. Descent Into Madness
16. The Boys Who Died in Their Sleep
17. Obligatory Cadence
18. Your Potential//The Beyond
19. The Protest



【レビュー】
Flying Lotus、John Cortlane のおい、の5枚目。
今まではスルーしており、本作が初聴でありました。

確かにおじさんの影響は垣間見えるとうか、Jazzを肉食的に食い荒らして消化したような作品です。
トータル40分弱と短い作品ですが、テンションはマックスで途切れることなく、まさにJazz の名盤のように、高揚させたままエンディングまで持っていく。
スゲェな、としか言いようがない作品です。

5ではKendrick Lamar、6ではSnoop Doggが参加しているとのことで、人選も絶妙。

ちょっと過去作にも遡ってみようかな、と思わせる作品でした。


【結論】
★4.5。
本年度後半、ベストに近い作品でした。
深めの夜に、是非。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Plectrum Electrum/ 3rd Eye Girl


Plectrum Electrum -Digi-Plectrum Electrum -Digi-

Prince

商品詳細を見る



【曲目】
1. WOW
2. PRETZELBODYLOGIC
3. AINTTURNINROUND
4. PLECTRUMELECTRUM
5. WHITECAPS
6. FIXURLIFEUP
7. BOYTROUBLE
8. STOPTHISTRAIN
9. ANOTHERLOVE
10. TICTACTOE
11. MARZ
12. FUNKNROLL



【レビュー】
Prince 第2弾、こちらは 3rdeyegilrl名義。

3rdeyegirl とは何者、という話になるのですが、Hannah Ford、Donna Grantis、Ida Nielsen の3人。
ヴィジュアルはというと、まあ、なかなか厳しいものがあります・・・。
オールド・ファンとしては、どうしてもかつてのWendy&Lisa を思い出し、郷愁にかられますね。
思い起こせば、彼女らのヴィジュアルも、美人という触れ込みの割には、中途半端ではありました。

殿下は、二戦級好みというか、ちょいブスを押さえつけるのが好きなのかもしれません。

内容は、だいたい半分くらいが、この 3rdeyegirl の女性ヴォーカル。
で、Princeのヴォーカルやギターと絡むのですが、この絡み具合が The Revolution 的で、非常に懐かしくも耳に心地よいです。

さしてクリエイティブ感はないですし、長持ちするユニットとも思えないのですが、一過性のポップスとしては良質。
こっちはポップ、ソロではアヴァンギャルド、みたいに使い分けてくれると、ファンとしては非常に楽しみ・安心であります。


【結論】
★3.5。
12だけ、なぜか「Art Official Age」にも収録されています。
確かになかなの名曲ではありますが、ヴァージョンは違うとはいえ、謎としか言いようがないですね。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード