Trainspotting/Original Soundtrack


TrainspottingTrainspotting

Original Film Soundtrack

商品詳細を見る



【曲目】
1. "Lust for Life" (Iggy Pop, David Bowie) Iggy Pop
2. "Deep Blue Day" (Brian Eno, Daniel Lanois, Roger Eno) Brian Eno
3. "Trainspotting" (Bobby Gillespie, Andrew Innes, Robert Young, Martin Duffy) Primal Scream
4. "Atomic" (Debbie Harry, Jimmy Destri) Sleeper
5. "Temptation" New Order
6. "Nightclubbing" Iggy Pop
7. "Sing" Blur
8. "Perfect Day" Lou Reed
9. "Mile End" Pulp
10. "For What You Dream Of" (Full-on Renaissance Mix) Bedrock (feat. KYO)
11. "2:1" Elastica
12. "A Final Hit" Leftfield
13. "Born Slippy .NUXX" Underworld
14. "Closet Romantic" Damon Albarn



【レビュー】
前回書いた、「サントラがプレイリスト化した」中で、恐らくは最も有名な作品です。

逃げ道が無さげな若者を描いた映画自体もなかなか面白かったですが、本作も、発売当時は売れに売れておりました。
象徴が1で、「ジャッジャッジャー」というリフが、レコード店はじめそこらで流されまくっており、「まさかIggy Pop がこんなにオーバーグラウンドになるとは」と感慨に耽ったものであります。

リストを見れば分かるとおり、モロにブリット・ポップ的イメージを体現した作品です。
特にセンスを感じるのが旧作のチョイスで、上記の1もそうですが、「ああ、Lou Reedでこれを選ぶか」という、8もイメージにぴったり。

とにかく、まだまだ音源がmp3化しておらず、CDなりMDなりを持ち歩かなくてはいけなかった時代で、この選曲は相当に重宝されました。

自宅やカーステで、モロ・ベタは困る、かといって自分の趣味に走ってサブカル色がついても困る、というときにとりあえず流しておけば通っぽくて、男女とも安心、というスーパーサブの役割を果たした、というのをご理解いただければ幸いであります。

なお私はと言えば、当時、全く好きでもなんでもなく、出来れば距離を置きたかった女子から本作を一緒に見に行こうと誘われ、恨まれても怖いな、と思って渋々見に行きました。
「映画、面白い。でも、思い出共有はちょっとイヤ。音楽、いい。でも、後で語り合うのはちょっと避けたい。」と、なかなか揺れ動く精神状態で、映画の間中全く落ち着かなかったのを記憶しております、ハイ。



【結論】
★4.5。
尼とかを見ると、手に入りにくくなっているんでしょうかね。
3は本作のための未発表曲ですし、この並びで聴いてこそ、という感じもするので、是非手に入れていただきたいものです。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Back To The Future/Original Soundtrack


Back To The Future: Music From The Motion Picture SoundtrackBack To The Future: Music From The Motion Picture Soundtrack



商品詳細を見る



【曲目】

1. The Power Of Love
2. Time Bomb Town
3. Back To The Future
4. Heaven Is One Step Away
5. Back In Time
6. Back To The Future Overture
7. The Wallflower (Dance With Me Henry)
8. Night Train
9. Earth Angel (Will You Be Mine)
10. Johnny B. Goode



【レビュー】
私事ながら、夏休みに、初めて、大阪のUSJに行って参りました。

アトラクションの中には、「Back To The Future 」もあったのですが、かなり乗り物酔いを触発するとの事前情報が。ジェットコースターや船に滅法弱いため、泣く泣く回避。
が、敷地内では、結構な頻度で本作の3が流れており、久々に本作を聴き直してみた次第です。

良くも悪くもモロに80年代サントラ、です。

実力派バンドを中心に据えつつ、従前のインスト曲を混ぜる、という、中途半端といえば中途半端ですが、古き良きサントラの空気も残しており、私は結構好きです。
ラストの10も、映画との関連性が強く、ご愛嬌。

その後、サントラは、Beverlyhills Cop あたりから、ヒット曲の固まりになり、更には、製作者のセンスを競うプレイリストになったり致します。
その点は、次回、もう一作レビューしてみようと思います。


【結論】
★3。
とにかく、1、3、5に尽きます。
68年〜73年生まれくらいの男子と部屋のみする機会があったとき、これを流せば、雰囲気ぶちこわし、延々とデロリアンの話が繰り広げられること請け合いです。
というくらい、時代の徒花ではありますが、超強力ソングです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

ナマで踊ろう/坂本慎太郎


ナマで踊ろう(初回盤)ナマで踊ろう(初回盤)

坂本慎太郎

商品詳細を見る




【曲目】
1. 未来の子守唄
2. スーパーカルト誕生
3. めちゃくちゃ悪い男
4. ナマで踊ろう
5. 義務のように
6. もうやめた
7. あなたもロボットになれる
8. やめられないなぜか
9. 好きではないけど懐かしい
10. この世はもっと素敵なはず



【レビュー】
坂本慎太郎、2枚目のフル・アルバム。

ということでレビューは終了でもいいくらい、相変わらず独特の空間を示しています。
1の冒頭、いきなりゲスト・ヴォーカル中村楓子から始まるという脱力っぷり(「めまい」もそうでしたが。)。
バンジョーとかスチール・ギターとかを中心に据えた楽器隊なのですが、全くといっていいほど爽やかではない。
非常におっかない音楽なのだけど、どこかしら陽性な部分もある。
歌詞も相変わらず意味不明。

非常に、非常にレビューしにくいアーチストの新作。
何なんだろう。
若干Doors っぽいのかな、とも思いますが、こちらの方が軽やか。

聴いてくれ、ダメならしょうがない、としか言いようがない作品であります。



【結論】
★4.5。
本文のように、適切な日本語が出てこないのですが、とにかく、聴いて絶対に損は無いです。
ちなみに、2枚目はいつものごとくインスト。
これが作品として成立して、しかも相当クオリティが高いということ自体、もう、訳が分からないのであります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

A Leetter Home/Neil Young


A Letter HomeA Letter Home

Neil Young

商品詳細を見る



【曲目】
01. “Changes” (Phil Ochs)
02. “Girl From The North Country” (Bob Dylan)
03. “Needle of Death” (Bert Jansch)
04. “Early Morning Rain” (Gordon Lightfoot)
05. “Reason To Believe” (Tim Hardin)
06. “On The Road Again” (Willie Nelson)
07. “If You Could Read My Mind” (Gordon Lightfoot)
08. “Since I Met You Baby” (Ivory Joe Hunter)
09. “My Hometown” (Bruce Springsteen)
10. “I Wonder If I Care As Much” (The Everly Brothers)



【レビュー】
多作の老人、Neil Young の新作。

本作は、Jack White が仕切るThirdman Record のスタジオ、というか、電話ボックスみたいなブースで録音されたもの、とのこと(詳細はロキノンのHPに詳しいです。)。
レコードみたいなパチパチ音も目立ち、オールドな雰囲気を出しております。

平たく言えばカバー集なのですが、私がオリジナルを知っているのは2くらいで、9、10が微かに記憶があるかも、といった程度なので、オリジナル・アルバム的に何度か聴きました。

でも、やっぱり、「Americana」と同様、企画アルバムではありますかね。
ファンとしては、この人が歌っているというだけで喜んでしまうところもあり、しかも、カバー曲といえども様になってしまうところもあるのですが、やっぱ、多少スベっても、オリジナルで勝負していただきたい。

相当こだわったらしい音質にしても、元々偏執狂的なところがある人なのですが、それよりも曲で勝負してくれ、とどうしても思ってしまいます。
折角、Jack White とコラボしたんだから、いい曲作れたと思うのですが。相性良さそうですし。

なので、悪くはない。
悪くはないのですが、それなり、といった位置づけです。



【結論】
★3。
レコーディングしたスタジオというか箱は、付属のDVDを見ると良く分かります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード