Night Time,My Time/Sky Ferreira


Night Time, My TimeNight Time, My Time

Sky Ferreira

商品詳細を見る



【曲目】
1. "Boys"
2. "Ain't Your Right"
3. "24 Hours"
4. "Nobody Asked Me (If I Was Okay)"
5. "I Blame Myself"
6. "Omanko"
7. "You're Not the One"
8. "Heavy Metal Heart"
9. "Kristine"
10. "I Will"
11. "Love in Stereo"
12. "Night Time, My Time"


【レビュー】
女性の新人ヴォーカリストということでLorde と対比されることもあるようです。

が、内面はもちろん知ったことではないのですが、見た目の高さ安さというか、Lorde がまだ神秘的な印象を若干有しているのに対し、意図的とはいえビッチ臭プンプンと、いわば対極に位置する Sky Ferreiraのファースト・フル・アルバム。

まあ、こういう立ち位置の場合、普通に考えれば、Shampoo とか t.A.T.u.的な消費をされて終わる可能性の方が大きいのでしょう。
他方で、ごく稀には P.J.Harvey だったり、もっと言うとMadonna だって、Like A Virgin の頃はかなりのキワモノだったわけで、そんな風にバケる可能性もゼロではなく。

私自身は、個人的にこういうギミックが大好きでして、期待大、うきうきします。

肝心の内容ですが、日本人としては、やはり6に注目せざるを得ず。
まあ、オマンコという言葉の響きが良かったということだとは思いますが、歌詞(参考サイト)を見てみると、オタクを曲解しているんでしょうかね。

アルバム全体としてはまだ荒削りですが、そろそろ、プライベートでもういっちょうかましてくれそうな気がします。
その勢いで、更にイケイケのセカンド・アルバムを聴かせてくれれば言うことなし、であります。


【結論】
★3。
7 のPVもいまいちピンと来ず、もう少し、戦略的にメチャクチャすればいいのにな、とも思います。
ともあれ、もう少し、見守りたいところです。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

After The Gold Rush/Neil Young


After the Gold RushAfter the Gold Rush

Neil Young

商品詳細を見る



【曲目】
1. Tell Me Why
2. After The Gold Rush
3. Only Love Can Break Your Heart
4. Southern Man
5. Till The Morning Comes
6. Oh, Lonesome Me
7. Don't Let It Bring You Down
8. Birds
9. When You Dance You Can Really Love
10. I Believe In You
11. Cripple Creek Ferry



【レビュー】
てっきり、既に取り上げているかと思っていたら、未了だったので、レビュー致します。

今更ですが、Neil Young 作品の中で一番有名であり、名盤集等には必ずと言っていいほど取り上げられています。
そして、それもさもありなん、というハイ・クオリティな作品です。

アルバム全体のまとまりや、Neilのヴォーカル もいいのですが、個々の曲も素晴らしく。
特に2は、現在、過去、未来を描いた何とも言えない歌詞、Neil の細いヴォーカル、と、言うことなし。

その他も、1、3、7等も、ライブ盤でも取り上げられることの多い、名曲と言っていいでしょう。

本ブログでも何度か書きましたが、Neil Young は多作だし、訳の分からない作品も多く、それゆえなかなかファンがつきにくいアーチストなのですが、本作だけは聴いておくべきであります。


【結論】
★5。必聴です。
Pono も応援しますよ。も読みますよ。
けど、今後とも、アルバムも是非継続的に出して欲しいです。直感的に、あと1枚くらい、度肝を抜く作品が出てきそうな気がするんですよ。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Live At The Cellar Door/Neil Young


Live at the Cellar DoorLive at the Cellar Door

Neil Young

商品詳細を見る



【曲目】
1.TELL ME WHY 2:52
2.ONLY LOVE CAN BREAK YOUR HEART 3:14
3.AFTER THE GOLD RUSH 3:48
4.EXPECTING TO FLY 3:22 
5.BAD FOG OF LONELINESS 2:01 
6.OLD MAN 3:41
7.BIRDS 2:19 
8.DON'T LET IT BRING YOU DOWN 2:39
9.SEE THE SKY ABOUT TO RAIN 3:21 
10.CINNAMON GIRL 3:29 
11.I AM A CHILD 2:44
12.DOWN BY THE RIVER 4:25 
13.FLYING ON THE GROUND IS WRONG 7:11


【レビュー】
Neil Young、昨年発売された1970年のライブ。

時期的には、あの名作「After The Gold Rush」の後。
バンド演奏はなく、アコギとピアノのライブ。
そして、この「Cellor Door」は、どうも、200人程度の小さいハコだったとようです。

と、まあ、シチュエーションを聴くだけで勃起モノで、内容も悪いはずはないのであります。

曲目は、「After The Gold Rush」を中心に、Buffalo Springfieldのモノ、Harvest収録の6などで、まあ、文句の付けようがない。
Crazy Horse のバンド演奏ももちろんいいのですが、この人の場合、ワンマンで発信するときの集中力も素晴らしく、本作も、リラックスしている雰囲気がありつつも気が凄まじく、かなり出来の良いライブ盤と言えます。
3にしても10にしても、求心力というか凄みが素晴らしい。

Bob Dylan といい、キャリアが長い人のアーカイブには終わりがないのが悩みの種であり不信感の種にもなるのですが、いいよ、買い続けるよ。
諦めました、はい。


【結論】
★4.5。
もう少し、解説というか、ライブの背景情報をウェブで積極的に(日本語で)開示してくれればなあ、と思います。
あと、個人的には、Pono の特別版で、Neil Young のアーカイブが入ったプレーヤーを売り出してくれたら、速攻で買い。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

桜の木の下/aiko


桜の木の下桜の木の下

aiko

商品詳細を見る



【曲目】
1. 愛の病
2. 花火
3. 桜の時
4. お薬
5. 二人の形
6. 桃色
7. 悪口
8. 傷跡
9. Power of Love
10. カブトムシ


【レビュー】
もう一丁、あまり顧みられない桜ソング。

aiko。
堂々としたブス、自意識過剰、まさか自分を可愛いと思っているんじゃry。

執拗にジャケに自分の写真を載せ続ける胆力には非常に疲れるものがあり、その他、自分を見てオーラが強くて、疲れているときには会いたくないタイプの彼女。

なのですが、まだそんな自意識が出過ぎていない本作、名盤であります。
先行シングルではあるが、未だに訳が分からない10、サビが美しい2、「キラキラした美しいブス」が目に浮かぶ9。

そして、個人的な白眉は桜ソングの3であります。
オープニングからラストまで不安定な曲なのですが、素晴らしいの一言です。
できれば、未だにプレミアがついており、カップリングもなかなかのこちらのシングルでも持っておきたいものです。


【結論】
★5。
aikoをうさん臭いと思う人はいっぱいいると思うのですが、本作は別っす。
後世に残すべき、素晴らしき作品であります。とにかく、いい意味で若いよ。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード