矢野顕子、忌野清志郎を歌う


矢野顕子、忌野清志郎を歌う矢野顕子、忌野清志郎を歌う

矢野顕子

商品詳細を見る



【曲目】
1. 500マイル
2. 毎日がブランニューデイ
3. デイ・ドリーム・ビリーバー
4. 誇り高く生きよう
5. 雑踏
6. 多摩蘭坂
7. 胸が張り裂けそう
8. 約束
9. 恩赦
10. セラピー
11. ひとつだけ(矢野顕子 with 忌野清志郎)



【レビュー】
いや、昔から、この人は苦手で、声も、ビジュアルも、どうしても入り込めず、だったのです。
プチ・ヒット曲の「春咲小紅」もダメだったし、名盤と言われるアルバムも、結構無理して聴いたのですが全部ダメ。

でも、清志郎なら。

と考えて購入したのですが、もう、どーしても、どーしてもダメでした。
変なウィスパー・ヴォイス、珍妙なアレンジ。
清志郎をバカにしてんのか、と全部悪意に捉えてしまう、まさに生理的にダメ。

選曲は相当ハイセンスなのに、もう、残念で。
矢野さんが残念なのか、自分が残念なのかも分からずですが、これにておしまい。



【結論】
★0。
この曲順で、原曲をセットしたらかなり素晴らしかったです、ハイ。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Black Panties/R.Kelly


Black Panties -Deluxe-Black Panties -Deluxe-

R. Kelly

商品詳細を見る



【曲目】
1. Legs Shakin'
2. Cookie
3. Throw This Money On You
4. Prelude
5. Marry The P***y
6. You Deserve Better
7. Genius
8. All The Way
9. My Story
10. Right Back
11. Spend That
12. Crazy Sex
13. Shut Up
14. Tear It Up
15. Show Ya P***y
16. Physical
17. Every Position



【レビュー】
R.Kelly、本日時点で48歳。
いわゆる素敵なR&Bシンガーとして、日本でも相当に著名、人気のお方です。
他方でエロ路線に暴走することも多く、その度に揶揄だったり喝采だったりを浴びておられるのですが、今作は、ナイスなことにそちらの方面でした。

で、さすがに凄い、これは。
タイトルからして、「Marry The Pussy」「Show Ya Pussy」のコーマン・シリーズ。
コーマンと結婚してどうなるのか非常に悩みますし、見せられるだけでいいのか、という疑問がございますが、そんなのは女性に飢えた凡人の戯れ言なのでしょう。

そして、この路線の極北とも言えるのが2。
オレオをコーマンに見立てたリリックで、本当の訴訟にならないのか、聞いていてこっちが心配になるレベル。
ちなみにPVでも、クッキーらしきものを持ったりもしており、まあ、黒人のコーマンは見た目そんな感じなのかもしれませんが、ハイセンスにもほどがあります。

私個人の英語力の限界があり、リリックも咀嚼しきれていないのですが、結論として最高と言わざるを得ません。
「こんな感じで老いたい」のロールモデルであります。



【結論】
★4.5。
この年で、本当にあっぱれであります。脱帽。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Matangi/M.I.A.


MatangiMatangi

M.I.A.

商品詳細を見る




【曲目】
1. "Karmageddon"
2. "MATANGI"
3. "Only 1 U"
4. "Warriors"
5. "Come Walk with Me"
6. "aTENTion"
7. "Exodus" (featuring The Weeknd)
8. "Bad Girls"
9. "Boom Skit"
10. "Double Bubble Trouble"
11. "Y.A.L.A."
12. "Bring the Noize"
13. "Lights"
14. "Know It Ain't Right"
15. "Sexodus" (featuring The Weeknd)



【レビュー】
M.I.A.。
Missing In Action の頭文字。
父親は左翼ゲリラ、スリランカ系。
2012年のスーパーボウルでファック・ユー。

前回のLorde とは真逆に、不必要にスキャンダラスを身にまとう、M.I.A.。

そんなアイコンになってしまっており、故に反体制的、パンク的なリリック、音を要求されてしまっている面があるので、本人はやりづらいだろうな、と思っていたところに、久々に本作が発表されました。

今までよりもかなりオリエンタルに寄った音で、音数は少なめ。
その分凄みが出ている、とまでは言えませんが、何度も聞いていると、ドラッギー+宗教的というか、独特の世界観に引き込まれる感じがあり、癖になります。

また、12のPVは、もう何が何だか分からんというのが正直なところでしたが、この12とか11とか、シングルカットされた曲は良い出来だと思います。



【結論】
何だかんだで楽しめました。★4。
もう少しセルアウトしてくれるとな、とちょっと思いますが、ともあれ、スキャンダルに押しつぶされず、傲慢に進んで行って欲しいものです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Pure Heroine/Lorde


Pure HeroinePure Heroine

Lorde

商品詳細を見る



【曲目】
1. Tennis Court
2. 400 Lux
3. Royals
4. Ribs
5. Buzzcut Season
6. Team
7. Glory And Gore
8. Still Sane
9. White Teeth Teens
10. A World Alone


【レビュー】
3 が売れに売れて、グラミーの「Song Of The Year」に輝いたLorde のファーストアルバムです。

3は確かに耳に残るし、昨年を代表するヒット曲かと思います。単純に、いいポップ・ソング。
ただ、個人的には他がちょっと単調で。
未だにAdele にピンと来ないのと同じで、私の好みなんでしょうけど、結局「Royals」のアルバム、といったところから抜け出せない印象です。

セカンドあたりで印象が変わればいいな、と思いつつ。
いい声ですし、曲も悪くはないんですが。

そのためには、もう少しパーソナリティーの情報が欲しいところで、ニュージーランド出身、17歳,才能があって優秀、というだけでは弱い。
「羊を一人でさばけます」とか、「ライブでは常にローターを仕込んでいます」とか、何か、グッとくるネタが欲しいところであります。


【結論】
★3。
ちなみに、ジャケットは上記の外国盤の方がいいと思います。
日本盤のジャケは、どう見ても25歳くらい。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード