外道/外道


外道 (紙ジャケット仕様)外道

外道

商品詳細を見る



【曲目】
1. 香り
2. 逃げるな
3. 外道
4. ロックンロールバカ?
5. ダンスダンスダンス
6. ビュンビュン
7. いつもの所で
8. 腐った命
9. 完了
10. やさしい裏切りを
11. スターと



【レビュー】
村八分とほぼ同時期に活躍していた、外道のファースト・アルバム。

村八分のファーストと同様こちらもライブ盤で、契約の関係もあったのでしょうが、「ファーストからライブ盤とは、ロックだね」みたいな空気があったのだろうと推測しております。

いずれもギターをフィーチャーした70年代ロックなのですが、外道の方が明るさ、したたかさを持っている印象です。
加納のヴォーカルも楽しそうですし、ネタっぽいMCも入ってますし、ラストは観客の暴走族が帰って行く爆音。

ここら辺の陽性のセンスが、今も生き残っている外道の真骨頂なのかもしれません。

それにしても、洋邦問わず、この時期のストレートなロックは痺れます。
外道もそのルーズなノリは素晴らしく、ネットが進化した今の時代だったら、世界でも通用したのではないかと夢想してしまいます。



【結論】
★4。
時折手に入りにくくなるみたいですので、見つけたら即買いオススメであります。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

ライブ/村八分


ライブ+1 (紙ジャケット仕様)ライブ+1 (紙ジャケット仕様)

村八分

商品詳細を見る



【曲目】
1. あッ!!
2. 夢うつつ
3. どうしようかな
4. あくびして
5. 鼻からちょうちん
6. 水たまり
7. のうみそ半分
8. 馬の骨
9. ねたのよい
10. ぐにゃぐにゃ
11. のびてぶぎー
12. んッ!!
13. どこへ行く
14. にげろ
15. どうしようかな
16. 序曲
17. ゴミ箱のふた(BONUS TRACK)



【レビュー】
山口冨士夫、死亡
享年64歳とのことですが、意外に若かったな、と思ったり。

ということで、久々に、村八分。
現役中に唯一発表された作品が、本ライブ盤です。スタジオ録音は、後年発表されますが、それはずいぶん後の話です。

初めて聴いたのは多分中学生の頃なのですが、当時はいまいちピンと来なかった。
しかし、40歳を超えた今聴き直すと、こんなに艶っぽかったんだ、凄いバンドだな、と見直しました。

よく、ストーンズの影響が云々と言われているようですが、どちらかというと、ジミヘンとかFaces っぽいですかね。
音が塊になって進んで行く感じで、いわゆるグルーヴがハンパない。
山口冨士夫のギターとチャー坊のヴォーカルが表に出ることが多いですが、リズム隊も結構なモノだと思います。

結構長尺な作品ですが、長さを感じさせず、クセになるところがあります。
村八分は活動期間も短く、とっとと解散してしまうのですが、いかにも長持ちしないような音で、まあ、そうだろうな、と。

時代に埋もれがちな作品ですが、ルーズで色っぽいロックの代表作として、後世に残すべきと思います。



【結論】
★4.5。
色々なヴァージョンが出ているようですが、何でもいいので、ひとまず聴いて損はないです。
配信もないようなので、安価なパッケージを見つけたら、買いです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Song Cycled/Van Dyke Parks


Songs CycledSongs Cycled

Van Dyke Parks

商品詳細を見る



【曲目】
1. "Wedding in Madagascar (Faranaina)" (trad. arr. V.D. Parks)
2. "Dreaming of Paris"
3. "Hold Back Time"
4. "Sassafrass" (Billy Edd Wheeler)
5. "Black Gold"
6. "Aquarium" (Saint-Saëns)
7. "Money Is King" (Growling Tiger/Parks)
8. "Wall Street"
9. "The Parting Hand" (public domain)
10. "The All Golden"
11. "Missin’ Missisippi"
12. "Amazing Graces"



【レビュー】
名前は知っているがよう分からんアーチスト、Van Dyke Parks のアルバム。
2011年に販売されたシングルをまとめたもので、アルバムとしては、Brian Wilson との共作「Orange Crate Art」から18年振り、とのことです。

私も、「Smile」に一枚噛んだ人、という認識しかなく、フルレングスの作品は、今作が初めてでした。

ちと難解、というのが第一印象です。
音が訳分かんない、とかそういうのではなく、聴き手にある程度のリテラシーを要求してくる、というか。
アメリカン・ポップス、もっと言うと、綿々とつながるアメリカ音楽の楽器、メロディー、その他諸々のセンスについてある程度理解していないと、よう分からんのですね、おそらく。

「Smile」は、主役はあくまでポップスの王様のBrianだったので、すっと入れるのですが。
こっちは、濃厚なジャズを聴いているようで、すんごい細かい音も多いですし、一見軽めの音ながら、非常に疲れます。
もしかして凄い作品なのかも、という直感は働いているのですが、私にはまだ早すぎたようであります。



【結論】
★3.5。
もちっと、こちらの能力が上がればまた変わってくるかもしれません。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

エレファントカシマシ/エレファントカシマシ


the elephant kashimashi 25th anniversary  great album deluxe edition series 1 「THE ELEPHANT KASHIMASHI」deluxe editionthe elephant kashimashi 25th anniversary great album deluxe edition series 1 「THE ELEPHANT KASHIMASHI」deluxe edition

エレファントカシマシ

商品詳細を見る



【曲目】
ディスク:1
1. ファイティングマン
2. デーデ
3. 星の砂
4. 浮き草
5. てって
6. 習わぬ経を読む男
7. BLUE DAYS
8. ゴクロウサン
9. 夢の中で
10. やさしさ
11. 花男
bonus track
ファイティングマン(NEW MIX)
習わぬ経を読む男(NEW
ディスク:2
1. おはよう こんにちは
2. 浮き草
3. デーデ
4. 星の砂
5. 夢の中で
6. ゴクロウサン
7. ふわふわ
8. 習わぬ経を読む男
9. ああ流浪の民よ
10. ポリスター
11. やさしさ
12. 花男
13. ファイティングマン
14. 待つ男



【レビュー】
25周年企画、ラストは、デビューアルバム+1988年渋谷公会堂ライブ。

1枚目は、以前もレビューしておりますが、素晴らしい作品です。

問題は、というか、さらに素晴らしい2枚目。
こんな音源、あるんですな。
演奏の勢いも、宮本の刺々しい煽りも、テンションが上がるの一言。
安穏と聴く感じではなく、1から、背筋が伸びてしまいます。

まあ、自分があまり音質を気にしないタイプなので、1枚目は正直従前のままでもいいかな、という感じですが、2枚目を避けて通ることは出来ず、必聴です。



【レビュー】
★5。
エレカシも、何と言うか買わざるを得ない小出しのドロップで、売り出し方が汚い感じがするのがイヤなのですが、今回は、快気祝いということで。
これ以上、こういう売り方が続くのなら、ボイコットも考えようかとは思っています。実行出来るかは別。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード