Live Best Bout/エレファントカシマシ


the fighting men’s chronicle special THE ELEPHANT KASHIMASHI live BEST BOUT(初回限定盤デジパック仕様)the fighting men’s chronicle special THE ELEPHANT KASHIMASHI live BEST BOUT(初回限定盤デジパック仕様)

エレファントカシマシ

商品詳細を見る



【曲目】
ディスク:1
1. 俺たちの明日
2. 笑顔の未来ヘ
3. 桜の花、舞い上がる道を
4. 新しい季節ヘキミと
5. 絆(きづな)
6. ハナウタ~遠い昔からの物語~
7. 幸せよ、この指にとまれ
8. 今宵の月のように
9. 悲しみの果て
10. 四月の風
11. 風に吹かれて
12. 普通の日々
13. 赤き空よ!
14. 明日への記憶
15. 翳りゆく部屋 (COVER)
16. サムライ (COVER)
ディスク:2
1. 我が祈り (CONCERT TOUR 2012 “MASTERPIECE” AT ZEPP TOKYO)
2. Darling (CONCERT TOUR 2012 “MASTERPIECE” AT ZEPP TOKYO)
3. 大地のシンフォニー (CONCERT TOUR 2012 “MASTERPIECE” AT ZEPP TOKYO)
4. 東京からまんまで宇宙 (CONCERT TOUR 2012 “MASTERPIECE” AT ZEPP TOKYO)
5. 約束 (CONCERT TOUR 2012 “MASTERPIECE” AT ZEPP TOKYO)
6. ココロをノックしてくれ (CONCERT TOUR 2012 “MASTERPIECE” AT ZEPP TOKYO)
7. 穴があったら入いりたい (CONCERT TOUR 2012 “MASTERPIECE” AT ZEPP TOKYO)
8. 七色の虹の橋 (CONCERT TOUR 2012 “MASTERPIECE” AT ZEPP TOKYO)
9. ワインディングロード (CONCERT TOUR 2012 “MASTERPIECE” AT ZEPP TOKYO)
10. 世界伝統のマスター馬鹿 (CONCERT TOUR 2012 “MASTERPIECE” AT ZEPP TOKYO)
11. 飛べない俺 (CONCERT TOUR 2012 “MASTERPIECE” AT ZEPP TOKYO)
12. 脱コミュニケーション (CONCERT TOUR 2012 “MASTERPIECE” AT ZEPP TOKYO)
13. 化ケモノ青年 (CONCERT TOUR 2012 “MASTERPIECE” AT ZEPP TOKYO)
14. ゲンカク Get Up Baby (CONCERT TOUR 2012 “MASTERPIECE” AT ZEPP TOKYO)
15. ガストロンジャー (CONCERT TOUR 2012 “MASTERPIECE” AT ZEPP TOKYO)
16. ファイティングマン (CONCERT TOUR 2012 “MASTERPIECE” AT ZEPP TOKYO)


【レビュー】
続いて、割と新しめのライブ盤。
1枚目は、ポニー・キャニオン以降のヒット曲を中心としたライブ。
2枚目は、「Masterpiece」のライブヴァージョン+α。

発見があったのは2枚目で、「Masterpiece」本体にはイマイチ乗れなかったのが、ライブ盤だとすっと体に入ってきました。
1枚目も悪くなく、「ベスト盤も能がないので、ライブ盤ではどうすか?」といった位置づけでしょうか。

ということで、中期以降のエレカシ、としては、最初に聴いてもいい作品かもしれません。
6枚組ボックスはさすがになかなか手が出ないでしょうから、その意味でも手頃な作品と言えます。


【結論】
★4。
2枚目が意外や意外、良かったのが発見でした。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

ココロに花を/エレファントカシマシ


the elephant kashimashi 25th anniversary great album deluxe edition series 2 『「ココロに花を」 deluxe edition』the elephant kashimashi 25th anniversary great album deluxe edition series 2 『「ココロに花を」 deluxe edition』

エレファントカシマシ

商品詳細を見る



【曲目】
ディスク:1
1. ドビッシャー男
2. 悲しみの果て
3. かけだす男
4. 孤独な旅人
5. おまえと突っ走る
6. 四月の風
7. 愛の日々
8. うれしけりゃとんでゆけよ
9. 流されてゆこう
10. Baby自転車
11. OH YEAH!(ココロに花を)
ディスク:2
1. 夢を見ようぜ
2. 孤独な旅人
3. 悲しみの果て
4. かけだす男
5. さよならばかり
6. BABY BABY
7. 流されてゆこう
8. 愛の日々
9. OH YEAH!(ココロに花を)
10. うれしけりゃとんでゆけよ
11. 四月の風
12. Baby自転車



【レビュー】
エレカシが、25周年だったり、9月に復活ライブを予定していたりと賑やかなのですが、その一環で、2枚組CDが3セット発売されました。
一瞬迷ったのですが、気がついたら山野楽器のレジにおりました・・・。

そのうちの1つが本作です。
オリジナルは1996年、エレカシのブレイク前夜。逆に言うと、まだ不遇時代の作品。

しかし、宮本氏がマイナーとメジャーを器用に使い分けている素晴らしい作品。
後に「明日に向かって走れ」で大ブレイクするわけですが、その先駆となった作品と言えるでしょう。
通例どおり強烈なオープニング、一転して切なげな2、大名曲の6を経て、ラストまで一気に駆け抜けます。

で、2枚目は当時のデモ音源。
えらく完成度が高くて、何じゃ、と思ったら、エピック・ソニーをクビになり、ポニー・キャニオンと契約直後、2日間で録音されたデモとのこと。

歌詞も適当なのが結構あって、それでもサマになっているのは流石です。

まあ、何度も聴く性質のモノではないですが、当時、宮本はエネルギーを溜めてたんだな、というのが非常に良く分かります。
コアなファンは必聴でしょう。


【結論】
★4.5。
いや、作品としては言う事無しなんですが、3,800円はやっぱ高い。
3,000円くらいにしてくれないと、と思います。買っちゃうんですが。
1年前もエレカシを集中的にレビューしてたのですが、あと2つ、今回再発されたモノをレビューしてみます。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

More Light/Primal Scream


More LightMore Light

Primal Scream

商品詳細を見る



【曲目】
1. 2013
2. River Of Pain
3. Culturecide
4. Hit Void
5. Tenement Kid
6. Invisible City
7. Goodbye Johnny
8. Sideman
9. Elimination Blues
10. Turn Each Other Inside Out
11. Relativity
12. Walking With The Beast
13. It's Alright, It's OK



【レビュー】
いや、いいんですよ。
いい作品だと思います、本当に。
少なくとも、前作なんかより、自分の資質にあった音に戻って来たと思うし、長長尺のオープニングもボビーらしい。
「Screamadelicaの再来」はほめ過ぎだと思いますが、ここ数作の中では一番の出来だと思います。

けど、何でか、聴く回数は少ないのですね。
左脳は肯定しているけど、右脳が反応しないというか。

穿った見方なんですけど、ボビーがボビーを器用になぞってきた、みたいに感じてしまうのですね。
音に新鮮味がないということなんですかね・・。

ちょっと分析しきれてないのですが、長年動向を気にして来たグループなので、もう少ししつこく聴いてみようとは思います。


【結論】
★2.5。
暫定ですが。
飽きたのを自分で認めたくないのかなあ。それもイヤだなあ。ブツブツ。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Sing To The Moon/Laura Mvula


Sing to the MoonSing to the Moon

Laura Mvula

商品詳細を見る



【曲目】
1. Like the Morning Dew
2. Make Me Lovely
3. Green Garden
4. Can't Live With The World
5. Is There Anybody Out There?
6. Father, Father
7. That's Alright
8. She
9. I Don't Know What The Weather Will Be
10. Sing to the Moon
11. Flying Without You
12. Diamonds



【レビュー】
女性R&Bシンガー、イギリス出身、26歳。
デビュー・アルバム。

こういう触れ込みには結構弱くて、更にYoutube で見てまあまあだったので購入しました。

うーん、「良い」とまではいかず、「悪くない」が率直な感想でしょうか。
中途半端なアーバン感はなく、どちらかというと土着的な音とヴォーカル。
これはいいのですが、どっかで聞いたことあるな、と記憶を辿って行ったら、Corinne Bailey Rae でした。
あれも、最初はいいと思ったんだけど、どうもすっとし過ぎというか、引っかかるところがなくて、あまり聴かずじまいでした。

もちっと、ドロッとした方向性に向かうことを希望、ということですかね。
声は特徴的でいいので、期待しております。


【結論】
★3。
あまり関係ないですが、そろそろ日本在住の黒人によるR&Bがドカンと来ないものでしょうかね。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード