Fearless/Taylor Swift

FEARLESSFEARLESS

TAYLOR SWIFT

商品詳細を見る



【曲目】
1. Fearless
2. Fifteen
3. Love Story
4. Hey Stephen
5. White Horse
6. You Belong With Me
7. Breathe
8. Tell Me Why
9. You're Not Sorry
10. The Way I Loved You
11. Forever & Always
12. The Best Day
13. Change



【レビュー】
昨年のグラミー受賞作。
遅ればせながら、聴いてみました。

確かに歌はうまい。曲もきれい。耳に残りやすく、すぐに口ずさめそうにキャッチー。
受賞は当然かな、と思います。

ただ、個人的な感想としては、華がちと足りないかな、と。


比較するのも何なのですが、Norah Jones のファーストを聴いたときも、本作と似たような印象を受けたのですが、同時に、オーラ的というか、凄味を感じました。

それに対して、こちらは、そういった威圧感をほとんど無し。
見た目も、なんか、南部の良家の子女みたい(→画像)。
その意味で、ちょっと不満が残りました。


とはいえ、いい声をしていますし、これだけの実績を残したので、ポップ・ミュージックとしては超優秀。
今後も注視したいと思います。



【結論】
★3です。
離婚とか、犯罪に巻き込まれるとか、人生経験を積めばもっと迫力が出てくると思うのですが。
外野は本当に適当なことを言いますね。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

In Search Of Stoney Jackson/Strong Arm Steady

In Search of Stoney JacksonIn Search of Stoney Jackson

Strong Arm Steady

商品詳細を見る




【曲目】
1 Best of Times
2 Cheeba Cheeba
3 Chittlins & Pepsi
4 Telegram
5 Questions
6 Smile
7 New Love
8 Get Started
9 Interlude 1
10 Pressure
11 True Champs
12 Needle In The Haystack
13 Interlude 2
14 Ambassadors
15 Chants
16 Bark Like A Dog
17 Two Pistols
18 Outro



【レビュー】
CDというフォーマットが消えつつあり、他方で、itunes LP みたいな仕組みも過渡期の現在、「ジャケ買い」という買い方は、瀕死の状態にあります。

しかし、私は個人的にこのバクチ的な買い方に愛着を持っており、本作も、ある音楽雑誌でジャケ写を見て、あまりのジャケットのファンキーさにやられて、速攻で購入しました。


結論は、大正解。
Madlib っぽい気だるいリズムに、多彩な音を乗っけて、これに抑制的ですが熱が入ったヴォーカルが加わり、聴いていて非常に気持ちいいです。
女性コーラスがうまく使われているのも、効果的です。
ついでに、チープなコラージュというか、音の継ぎはぎも良い意味でチープでカッコよく、古のオールドスクールっぽい雰囲気もあります。

深夜の、ダル目なパーティーとか、これからハメる前のバー等で、最高にマッチすると思います。
まあ、そんな華やかな場には縁がないのですが。



【結論】
★4.5です。
とりあえず、暫定的に本年のブラック部門1位です。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Rebirth/Lil Wayne

RebirthRebirth

Lil Wayne

商品詳細を見る



【曲目】
1. American Star
2. Prom Queen
3. Ground Zero
4. Da Da Da
5. Paradice
6. Get A Life
7. On Fire
8. Drop The World
9. Runnin
10. One Way Trip
11. Knockout
12. The Price Is Wrong



【レビュー】
Lil Wayne の新作。
巷では、「ロックに寄った問題作」とか評されています。

Hip Hop の人が時としてロックに寄っていくのは良く見られることで、古くはBody Count、SX-10 等の先例があります。
で、本作なのですが、ロックにチャレンジした、というよりは、むしろ、「ギターをギュイーンと鳴らしてみたかった」という程度の動機なのではないかと思われます。

動機はなんでもいいのですが。
Lil のヴォーカルのいいところが消されてしまっている印象です。
冒頭の1では、「おお、こんな音でもLil のヴォーカルは特殊」と思っていたのですが、次第にバックトラック、というかギター音にかき消されていく印象です。
最後の11、12は、80年代ポップスのような音で、ほとんどカラオケに近いのではないかと。

まあ、「Tha Carter Ⅳ」が出るまでのつなぎ、と考えていいかと思います。


【結論】
★2。
やっぱり、Hip Hop 畑でお仕事していた方がいいのでは、と思いました。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Surrealistic Pillow/Jefferson Airplane

Surrealistic PillowSurrealistic Pillow

Jefferson Airplane

商品詳細を見る



【曲目】
1. She Has Funny Cars
2. Somebody to Love
3. My Best Friend
4. Today
5. Comin Back to Me
6. 3/5 of a Mile in 10 Seconds
7. D. C. B. A.25
8. How Do You Feel
9. Embryonic Journey
10. White Rabbit
11. Plastic Fantastic Lover


【レビュー】
私事ですが、最近、パソコンを買い替えました。
一番の難事が、itunes の曲を移すことで、えらい時間がかかったのですが、ぼーっと移転作業を見つめているときに、本アルバムが目に入りました。

で、ここ数年は聴いていなかったのですが、これも何かのきっかけ、と思い、久々に聴き返してみました。

最初の感想は、「やっぱり音も演奏もペラペラだ。」。
しかし、次の感想は、「明らかにキマっている。67年っぽく、ペラペラでも、ここまでドラッグっぽいと、逆にカッコいい。」でした。

音楽的なレベルが高いかと言われると躊躇してしまうのですが、ある意味無邪気なドラッグの痕跡には、惹きつけられてしまいます。

ヴォーカルは数人が担当していますが、主役は Grace Slick で、彼女が歌う2と10は、特にドラッグ色が強く、超名作です。


なお、数年前に、ストレンジ・デイズに Grace Slick のインタビューが載っていました。
詳細は記憶がないのですが、当時、ロック・スター達とやりまくっていた、という証言があり、度肝を抜かれたことは覚えています。


当時の Grace と、今の Grace。
上記の記事と写真を見た当時のファンは、数日は寝込んだかと思います。

grace_slick.jpg



【結論】
★4。
上に述べたとおり、2と10があるだけで、買いです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

能動的三分間/東京事変

能動的三分間能動的三分間

東京事変

商品詳細を見る



【曲目】
1. 能動的三分間
2. 我慢


【レビュー】
年末に発表された東京事変のシングル。
かなり評価は高く、「2009年度ベストシングル」との評も多かったです。

確かにカッコいい曲であります。
が、個人的には、「椎名林檎のレベルは、まだまだこんなものではない。」と思っています。


場末感たっぷりの「歌舞伎町の女王」、露悪的なコスプレの「本能」、名曲「真夜中は純潔」。

これらのシングルは、いずれも、強烈ながらもキャッチーなメロディーを持っていたのに対し、本作はまだアーティスティック寄りというか、センスの良さが先に来ている。
何度か聴かないと、じわっと来ないタイプの曲です。


個人的には、「売ってやる」という意識の高い椎名林檎が好きなので、その意味では、「第二のピーク」にはもう少し、と感じてしまいます。

とはいえ、「茎」以降は、何となくアート感が強くなっていた彼女が、久々にチャートに殴り込みをかけてきたみたいで、頼もしい限りです。


何にせよ、アルバムが楽しみです。


【結論】
★4。
何だかんだ書きましたが、いい曲であることには間違いありません。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード