Straight Outta Compton/N.W.A

Straight Outta ComptonStraight Outta Compton

N.W.A

商品詳細を見る



【曲目】
1. Straight Outta Compton
2. F _ _ _ tha Police
3. Gangsta Gangsta
4. If It Ain't Ruff
5. Parental Discretion Iz Advised
6. 8 Ball [Remix]
7. Something Like That
8. Express Yourself
9. Compton's in the House [Remix]
10. I Ain't Tha 1
11. Dopeman [Remix]
12. Quiet on tha Set
13. Something 2 Dance 2
14. Express Yourself [Extended Mix][*]
15. Bonus Beats [*]
16. Straight Outta Compton [Extended Mix][*]
17. B_ _ _ _ Iz a B _ _ _ _ [*]


【レビュー】
名盤シリーズ、Hiphop編です。

N.W.A、Niggaz With Attitude の頭文字。
メンバーには、Easy-E、Ice Cube、Dr.Dre。
fuck、gangsta、bitch、といったワードの数々。

ヒップホップの名盤、というと必ず出てくるアルバムであります。
私自身リアルタイムで聞いたのですが、「これは、大変なことになってるな」と、強い衝撃を受け、全くもって語彙が貧弱なのですが、「パンクが再来したな。」と自分勝手に納得した記憶があります。


本アルバムは、ギャングスタの走りであるとか、上述したようなワードから明らかなように怒りのアルバムであるとか、黒人の反逆だ、といった括りで語られることが多いかと思います。

確かにそういった側面はあり、それが魅力でもあるのですが、Easy-E のヴォーカルの艶っぽさも大きな魅力だと思います。

決してうまくはないのですが、バックの実力が確かゆえに、自由奔放にラップする Easy-E は、この上なくセクシャルであり、悪ガキのようでカッコイイです。
また、その結末を知っているからかもしれないのですが、儚さも感じられ、たまらんヴォーカルであります。


ダーティーなイメージが先行しており、避ける方もいるかと思うのですが、是非、一聴して損はないと思います。


【結論】
★4.5です。
これまた余計なことですが、ボーナストラックはいりません。というか、別ディスクにして欲しいです。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

What's Going On/Marvn Gaye

What's Going onWhat's Going on

Marvin Gaye

商品詳細を見る



【曲目】
1. What's Going On
2. What's Happening Brother
3. Flyin' High (In The Friendly Sky)
4. Save the Children
5. God Is Love
6. Mercy Mercy Me (The Ecology)
7. Right On
8. Wholy Holy
9. Inner City Blues (Make Me Wanna Holler)



【レビュー】
ソウル関係の名盤特集では必ずベストスリーに入る、Marvin Gaye の1971年のアルバムです。

確かに、全ての曲がソウルフル。
Marvin のヴォーカルは、人種を問わず人の心を鷲掴みにするような説得力があり、聴き入ってしまいます。
本アルバムも、その魅力が十分引き出されています。


それなら当然名盤でOKでしょう、ということなのですが、私自身にとっては、ちょっと曰くつきのアルバムであります。

私自身、10代から20代にかけてはロック一辺倒だったのですが、その原因の一つがこのアルバム。
ソウルフルということは、裏を返せば粘っこい部分もあるわけで、Marvin の過剰なヴォーカルに、「なんか、暑苦しい」との悪印象を受けてしまいました。
ソウルの最高峰と言われるこのアルバムに拒否反応を示すのだから、このジャンル自体に縁がないのだろう、と考え、以来、ソウル系の音楽からは永らく遠ざかってしまったという次第です。

頭を抱えるほどもったいないことですが、同様の経緯をたどって、ソウルから離れてしまった人もいるのでは、と思います。


ということで、Marvin Gaye を聴く際には、もうちょっと軽めな「Let's Get It On」もあわせて聴くとか、Funkadelicや Parliamentも並行して聴いてみる、 といったナビゲートをするのが大人の役目ではないか、と思います。


【結論】
昔は★1、今となっては★4です。
確かに暑苦しいことには変わりはないのですが、今は×でも、いつの日か琴線に触れる時が来るはずですので、手元に置いておくべきでしょう。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

黒船/サディスティック・ミカ・バンド

黒船黒船

サディスティック・ミカ・バンド

商品詳細を見る



【曲目】
1. 墨絵の国へ
2. 何かが海をやってくる
3. タイムマシンにおねがい
4. 黒船(嘉永六年六月二日)
5. 黒船(嘉永六年六月三日)
6. 黒船(嘉永六年六月四日)
7. よろしく どうぞ
8. どんたく
9. 四季頌歌
10. 塀までひとっとび
11. 颱風歌
12. さようなら


【レビュー】
名盤レビューの3回目。
本作は、「日本のロック」名盤、となると必ず出てくるアルバムです。

理由の一つとしては、まず、メンバーでしょうか。。
ヴォーカルのミカはさておくとしても、ギターが加藤和彦と高中正義、ベースが小原礼、ドラムが高橋幸広と、オールスターに近い編成。

また、日本と同時期にイギリスで活動しており、評価を受けていたというのも影響しているでしょう。
具体的にどういった形の評価だったのかはわかりませんが、70年代ということを考えると大したものだと素直に思います。


ただ、内容としてはそこまでは、というのが率直な印象です。

インスト曲がやたら多くて間延びしますし、加藤のヴォーカル曲(8、12)もいまいち地味。
確かに、3はあまりにもカッコいいポップ・ソングなのですが、逆に、それが浮いてしまっている印象が否めません。

江戸末期というコンセプトも、当時の外人にはウケたのかもしれませんが(内ジャケットでは、クリス・トーマスも当時の衣装でコスプレしています。)、中途半端でピンと来ません。
きつい言い方ですが、このコンセプトは、時とともに風化したのではないかと思います。

3をアルバムから抜くと、また印象が変わるかもしれませんが、いずれにしても、今となってはそこまでの作品ではない、と思います。


【結論】
★2です。
ただし、3は、近年の木村カエラヴァージョン以上にカッコイイので、必聴です。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Never Mind/Nirvana

NevermindNevermind

Nirvana

商品詳細を見る



【曲目】
1. Smells Like Teen Spirit
2. In Bloom
3. Come as You Are
4. Breed
5. Lithium
6. Polly
7. Territorial Pissings
8. Drain You
9. Lounge Act
10. Stay Away
11. On a Plain
12. Something in the Way


【レビュー】
おそらく、90年代を代表する1枚、として多くの評者の絶賛を浴びている1枚です。

私も、発売当時煽られるように購入したのですが、どうしてもピンと来ないアルバムでした。

グランジという文化・ジャンルが理解できなかったことも大きいのですが、ヴォーカルの Cart のパーソナリティーに馴染めなかった(というか、それを神格化した音楽評論に馴染めなかった)のが一番の原因だと思います。

ひたすら内省的で、変な女に引っ掛かって。
確かに、音楽には絶望の吐け口としての機能もあると思うのですが、それが大半を占めてしまうと、ちょっと滅入ってしまいます。

肝心のサウンドにしても、異常にギターがフィーチャーされた点にもどうしても入り込めませんでした。


今から見ても、グランジの代表作であることに間違いはないのでしょうが、私としては、1を、当時のヒットソングとして聴くくらいだと思います。

付け足しですが、1の「Hello,Hello,Hello,how low?」というフレーズは確かにカッコイイです。ハイ。



【結論】
★2です。
歴史を知る意味では、購入していいかと思います。
上限500円でしょうか・・・。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Pet Sounds/The Bech Boys

Pet SoundsPet Sounds

The Beach Boys

商品詳細を見る



【曲目】
1. Wouldn't It Be Nice
2. You Still Believe
3. That's Not Me
4. Don't Talk (Put Your Head on My Shoulder)
5. I'm Waiting for the Day
6. Let's Go Away for Awhile
7. Sloop John B.
8. God Only Knows
9. I Know There's an Answer
10. Here Today
11. I Just Wan't Made for Times Like These
12. Pet Sounds
13. Caroline, No
14. Hang on to Your Ego [Bonus Track]


【レビュー】
「名盤ベスト100」みたいなものは、音楽好きの永遠のテーマみたいなもので、誰もがマンネリだと思いつつも、一定のニーズがあるため、定期的に雑誌等で特集されています。

もちろん、ネット上でも多種のページがあり、たとえば、こちらのHPでは、本作品が「All Time Best」としてあげられていました。


果たしてホンマでしょうか。
もう一度自分で聴き直してみました。

確かに、本作品は Beach Boys の名作であり、異常に高い完成度を誇ります。
1のイントロからして素晴らしく奇麗で、ヴォーカルの処理も1966年とは思えないほど美しい。

何というか、フワフワした綿に包まれたような心地よさであります。


他方で、あまりにも心地よいポップを追求しすぎており、下世話な部分や隙がほとんどなく、その点でちょっと息苦しさを感じました。

たとえば、「God Only Knows」がその典型で、神のみぞ知る、なんて美しく歌われてしまうと、教会音楽か?と斜に構えてしまいそうになります。
ほぼ無神論者に近い、日本人ならではの感覚かもしれませんが。


とはいえ、なんだかんだ言っても、「無理やりひねり出した批判」のようなものであり、Beach Boys(というかBrianWilson )が完成形を目指した最初で最後の作品、ということで、必聴であることに疑いはありません。


というわけで、今後数回、世間的に名盤とうたわれている作品について、自分なりに再検討してみたいと思います。


【結論】
★4.5です。
色々と文句はつけましたが、名作であることに疑いはありません。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Grace/Wasterlands/Peter Doherty

Grace/WastelandsGrace/Wastelands

Peter Doherty

商品詳細を見る



【曲目】
1. Arcardie
2. Last Of The English Roses
3. 1939 Returning
4. A Little Death Around The Eyes
5. Salome
6. I Am The Rain
7. Sweet By And By
8. Palace Of Bone
9. Sheepskin Tearaway
10. Broken Love Song
11. New Love Grows on Trees
12. Lady, Don't Fall Backwards


【レビュー】
元 Libertenes、現 Baby Shambles の Peter Doherty、初のソロアルバムです。

本作を聴いて、この人をナメていた、と、反省しきりです。

私は、元々、Libertenes というバンドを、「パンクの真似事」のようないまいち覚めた目で見ていたのですが、熱狂的信者が多いことで、さらに引いたスタンスで観察していました。

が、Baby Shambles はのアルバムは結構好きになり、注目し始めたところで、ドカンと本作です。

個人的には細いヴォーカルはあまり好きではないのですが、好き嫌いを超越して引き込まれてしまう Peter の声。才能としかいいようがないのでしょう。
まさに、吟遊詩人。

シングルカットされた2から3、4あたりは、色気もたっぷり、同性ながら悶絶死しそうです。


何としてもライブを見てみたい、と思います。
来日の際は、くれぐれもドラッグを持参しないよう・・・。


【結論】
★4.5です。
いい年なんで、ドラッグはきっちり止めて、音楽活動に専念して欲しいです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード