BIZARRE CARNIVAL/Glim Spanky





【曲目】
1. THE WALL
2. BIZARRE CARNIVAL
3. The Trip
4. 吹き抜く風のように
5. Velvet Theater
6. END ROLL
7. Sonntag
8. ビートニクス
9. 美しい棘
10. 白昼夢
11. アイスタンドアローン



【レビュー】
あれよあれよと、5月にはワンマンで武道館までのし上がった Glim Spanky。

こんなギター・ロックが駆け抜けるさまを見るという機会はそうそう無くって、驚きでもあるし、痛快でもあります。

前作のミニ・アルバム「I Stand Alone」を受けたフル・アルバムで、レミのヴォーカルをフィーチャーしたテイストは基本的には変わっておりません。
が、フル・アルバムで通して聴くと、亀本氏のギターが相当幅広く、屋台骨であることがより分かります。
Jack White っぽくもあり、Tom Verlaine っぽくもあり、ブルージーでもあり、70年代ロックっぽくもあり、なギター。

特に、ある意味どストレートでノイジーな1から、メロな2への流れなんて、素晴らしいです。

ラストの11まで、疾走、というのがまさに当てはまる作品。
43分程度というレングスも含め、ほぼ完璧なパッケージであります。


【結論】
★5。
久々に来ているグループです。
何より、普通に売れているのが素晴らしい。
言うてもまだまだ一本調子ではあるけど、もう少しレミのヴォーカルにバリエーションが出て来たら、本当のドメジャーになるでしょう。

ただ、オフィシャル・ファン・サイト、月々432円はさすがに高い。
これは見る気起きない。せめて、一部は無料公開を切に望みます。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Masseduction/St.Viincent




【曲目】
1. HANG ON ME
2. PILLS
3. MASSEDUCTION
4. SUGARBOY
5. LOS AGELESS
6. HAPPY BIRTHDAY, JOHNNY
7. SAVIOR
8. NEW YORK
9. FEAR THE FUTURE
10. YOUNG LOVER
11. DANCING WITH A GHOST
12. SLOW DISCO
13. SMOKING SECTION
14.政権腐敗(POWER CORRUPUS)



【レビュー】
Amazon Music は対応していないようで、リンク先はパッケージ。

私は、実はこの人のことをほとんど知らないのです。
デビュー・アルバムが2007年ということで、実は活動歴も長いのですが、存在を認識したのは本作が最初。
それも、評価が高いみたいだな、と思いつつも放置していて、アルバムを耳にしたのは2017年も暖かくなってから。

肝心の作品ですが、かなり捻れたポップで、何とも評価し難いというか訳わかんないというのが正直なところで、言葉が追いついていかない。
いい意味で、傷として耳に残る作品です。

概要がわかるためには、まずはPVで、こちらが先行シングルの8。


次に、少しダラダラしていますが、こちらのサイトがインタビュー含んで詳しいです。

非常に濃密なポップで、ヴォーカルも佇まいもカッコよく、いい作品です。

いい作品なんですが、問題は3で、「セイケンノフハイ」という日本語で始まります。
しかも、14は、それのリミックスというか、延々と「セイケンノフハイ」が続く(タイトル表記は、日本版のapple music にしたがっています。)。

我々世代は、突如として日本語が入ってくると、どうしても「戦争のうた」が頭に浮かんでしまい、非常に大きな混乱を呼び起こすのです。
これ、アーチストには何の責任もないんですが、非常に苦しいマイナス点であります。




【結論】
★4。
先にも書いたように、聴き手に引っかかりを残す作品です。
8、5、12のアコギ弾き語りも goodでした。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

On Air/The Rolling Stones




【曲目】
Disc1
1. Come On
2. (I Can't Get No) Satisfaction
3. Roll Over Beethoven
4. The Spider And The Fly
5. Cops And Robbers
6. It's All Over Now
7. Route 66
8. Memphis, Tennessee
9. Down The Road Apiece
10. The Last Time
11. Cry To Me
12. Mercy, Mercy
13. Oh! Baby (We Got A Good Thing Goin’)
14. Around And Around
15. Hi Heel Sneakers
16. Fannie Mae
17. You Better Move On
18. Mona
Disc2
1. I Wanna Be Your Man
2. Carol
3. I'm Moving On
4. If You Need Me
5. Walking The Dog
6. Confessin' The Blues
7. Everybody Needs Somebody To Love
8. Little By Little
9. Ain't That Loving You Baby
10. Beautiful Delilah
11. Crackin' Up
12. I Can't Be Satisfied
13. I Just Want To Make Love To You
14. 2120 South Michigan Avenue



【レビュー】
前回に続いて、昨年発表されたライブ盤を。
1963年から65年、BBCのスタジオ・ライブです。

まあ、時期としてはStones が羽ばたいて行くあたりで、貴重な音源であることは間違いないのでしょう。
ただ、言うてもスタジオ・ライブですし、特に、本作は、スタジオ盤を超えるような凄みがほとんど感じられません。
軽いインタビュー後に歌った、みたいな、ザ・ベストテン的な絵が浮かんでしまいます。

聴きどころとしては、Disc1の3、15といった未発表カヴァー曲でしょうか。
とはいえ熱を感じる内容でもなく、「正規盤のDisc2:未発表ライブ」みたいな、付録としての価値を超えるものではないと思われます。



【結論】
★2。
Brianがバリバリの時代、という付加価値に免じて、です。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Awaken,My Love!/Childish Gambino




【曲目】
1 Me and Your Mama
2 Have Some Love
3 Boogieman
4 Zombies
5 Riot
6 Redbone
7 California
8 Terrified
9 Baby Boy
10 The Night Me and Your Mama Met
11 Stand Tall [Explicit]


【レビュー】
グラミー賞、最優秀アルバムにノミネートされた、Childish Gambino の3枚目。
Questlove大絶賛というアルバム。

2016〜7年というこの時代に、若干軽快さを感じますが、ほとんどFunkadelic のような古典的なファンクが炸裂。
こんなの売れんだ、という驚きもあり、また、ファンクが結構好きな自分としては嬉しい限りです。

作品の内容としては、やはりファンクなので体で聴くという感じなのですが、この人が何者かというと、Donald Gloverというのが本名で、もともとは俳優みたいですね。
俳優兼ミュージシャン、ピエール瀧とはだいぶ違うようですが、両者とも楽しそうな雰囲気の面構えで、羨ましい限りです。

これは、今後も期待大です。



【結論】
★4.5。
グラミーノミネートまでは全く知らず、思わぬ掘り出し物でした。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Pink Trap/Elle Teresa





【曲目】
1 L TRAP [Explicit]
2 KACKY (feat. ゆるふわギャング & Yuskey Carter) [Explicit]
3 Dancing Everybody [Explicit]
4 Come On [Explicit]
5 Make Up [Explicit]
6 FUCK MORNING [Explicit]



【レビュー】
こちらの記事がきっかけで、手を伸ばしてみました。

今、最も注目されているフィメール・ラッパーでしょう。

スキル的な意味では十分いけるんでしょうし、声も特徴的で力強い。
が、個人的にはちょっと入れない感じで。
リリックが、私が嫌いな感じのパーティー感が強すぎる、ヴィジュアルのギャル色が強すぎる、あんまり女性として自立している感がしない、というキャラの問題などが理由でしょうかね。

初期ヒップホップによく見られた、過度なゴールドネックレスと女性をはべらせるメンタリティにどうしてもついていけなかった感覚と似た拒絶感が働きます。
お笑いでいうとことの、理屈上は面白くても感覚的に引いてしまう、そんな感じなので、パス。


【結論】
★1.5。
こういう感覚的なモノは年月を経て結構薄まったりもします。
1~2年後、残っていたら、もう一度チャレンジですね。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Ctrl/Sza




【曲目】
1. Supermodel
2. Love Galore
3. Doves In The Wind
4. Drew Barrymore
5. Prom
6. The Weekend
7. Go Gina
8. Garden (Say It Like Dat)
9. Broken Clocks
10. Anything
11. Wavy (Interlude)
12. Normal Girl
13. Pretty Little Birds
14. 20 Something



【レビュー】
グラミーは惜しくも逃しましたが、最優秀新人賞など諸々ノミネートされていたSZAのファースト・アルバム(最優秀新人賞はAlessia Cara。まだ聴いたこと無いです。)。
Kendrick Lamar と同じTDEレーベルに所属しているとのことです。

アルバムは良質。
飽きないし、声も微妙に舌ったらずでありながら通りが良く、聴いていて心地がいいです。
安定感も抜群で、1990年生まれと結構歳を重ねていることも関係しているかもしれません。

オープニングの1から4あたりの流れなんかは、抜群で、特に4はエロさも含めて名曲。
ここから、更に耳を引く作品に成長していくか、が肝なのだろうと思います。

4のPVにはドリュー・バルモア本人が出演。






【結論】
★4。
これは、いい作品で、聴き逃していましたが、グラミー・ノミネートが気づかせてくれました。
サンキュー、グラミー。
なお、こちらの記事によれば90キロくらいあった時期があったとのこと。
確かに4のPVも、妙にジャンクな食べ物が出ている感があり。太ったR&B歌手はビジュアル的に大好きなので、もう少しリバウンドしていただきたいとも思います。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Revival/Eminem




【曲目】
1. Walk On Water [feat. Beyoncé]
2. Believe
3. Chloraseptic [feat. Phresher]
4. Untouchable
5. River [feat. Ed Sheeran]
6. Remind Me (Intro)
7. Remind Me
8. Revival (Interlude)
9. Like Home [feat. Alicia Keys]
10. Bad Husband [feat. X Ambassadors]
11. Tragic Endings [feat. Skylar Grey]
12. Framed
13. Nowhere Fast [feat. Kehlani]
14. Heat
15. Offended
16. Need Me [feat. Pink]
17. In Your Head
18. Castle
19. Arose



【レビュー】
Eminem の新作であります。

例によってリリックだったり背景事情だったりは、いろいろなページを参照しながら。
こちらが、全曲解説。
以前のような狂気は薄まってきているものの、それでも、一時期の油が抜けきったような状態からは、いい意味でゲスく、いい意味でポリティカルになっているようで、頼もしい限りです。
話題の4なんかは、代表作になるのではないでしょうか。

ただ、少し引っかかるのは、やはり、客演が多すぎではないかと。
いや、多いのはいいのですが、ちとビッグネームを集めすぎではないですかね。
オープニングでいきなりBeyonce は無いでしょう、さすがに。
こっちは、Eminem の独特の声や巻き舌を聴きたいわけで、出鼻をくじかれる感は否めません。

その後も、5でEd Sheeran、9でAlicia Keys、16でP!nk。
自分に自信がないわけではなかろうに、何だかねえ。ちょいと、残念です。



【結論】
★4。
あと、amazonでも大荒れですが、日本盤で対訳が1しかないって。
私もショップで現認して、確かに、1しか無い、とは帯に記載があったけど、流石にひどい。
翻訳の予算なのかもしれませんが、これじゃ、出しちゃダメですよね。
こういうところから、レコード会社の凋落が見えてしまうのは寂しい限りであります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Low In High School/Moirrissey




【曲目】
1 My Love, I'd Do Anything for You
2 I Wish You Lonely
3 Jacky's Only Happy When She's Up on the Stage
4 Home Is a Question Mark
5 Spent the Day in Bed
6 I Bury the Living
7 In Your Lap
8 The Girl from Tel-Aviv Who Wouldn't Kneel
9 All the Young People Must Fall in Love
10 When You Open Your Legs
11 Who Will Protect Us from the Police?
12 Israel


【レビュー】
本年度最後はMorrissey 、新作。
タイトルもそうですが、ジャケのプラカード「Axe The Monarchy」=君主制を叩け、というのも、Morrissey節炸裂で、逆に安心したりします。

中身のサウンドも、いい意味安定。ヴァリエーションも豊富で、飽きが来ない。
前作は、正直、若干声の衰えを感じたりもしましたが、今回は、それがどうした、と、ヴォーカルを若干大きめにすらしているようで、老いから逃げない姿勢が頼もしかったりします。

で、問題は歌詞でして。
リリック・ビデオがいくつかあったりするので、そちらを見ながらだと、ある程度は分かる。
けど、日本盤発売なし、って、それは無いでしょう。
ほぼほぼ罠ということは知りつつ、プレーヤーも無いのに、対訳があるということで日本仕様のアナログを買ったりしたのですが、googleにも劣るような自動翻訳で、脱力。


年齢的にも、この人の偏屈なリリックを追うことも、もう、あと何回あるか、と思うわけですよ。
音自体は非常にいい出来だし、本当にもったいない。
何とかしてくれませんかね。


【結論】
★4。
あと、相変わらずPVはイマイチ。
先行シングルの5のPVも、気持ち悪さが足りないです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

The Queen Is Dead(Deluxe Edition)/The Smiths




【曲目】
Disc1
1 The Queen Is Dead (2017 Master)
2 Frankly, Mr. Shankly (2017 Master)
3 I Know It's Over (2017 Master)
4 Never Had No One Ever (2017 Master)
5 Cemetry Gates (2017 Master)
6 Bigmouth Strikes Again (2017 Master)
7 The Boy With the Thorn In His Side (2017 Master)
8 Vicar In a Tutu (2017 Master)
9 There Is a Light That Never Goes Out (2017 Master)
10 Some Girls Are Bigger Than Others (2017 Master)
Disc2
1 The Queen Is Dead (Full Version)
2 Frankly, Mr. Shankly (Demo)
3 I Know It's Over (Demo)
4 Never Had No One Ever (Demo)
5 Cemetry Gates (Demo)
6 Bigmouth Strikes Again (Demo)
7 Some Girls Are Bigger Than Others (Demo)
8 The Boy With the Thorn In His Side (Demo Mix)
9 There Is a Light That Never Goes Out (Take 1)
10 Rubber Ring (Single B-Side) [2017 Master]
11 Asleep (Single B-Side) [2017 Master]
12 Money Changes Everything (Single B-Side) [2017 Master]
13 Unloveable (Single B-Side) [2017 Master]
Disc3
1 How Soon Is Now? (Live in Boston)
2 Hand In Glove (Live in Boston)
3 I Want the One I Can't Have (Live in Boston)
4 Never Had No One Ever (Live in Boston)
5 Stretch Out and Wait (Live in Boston)
6 The Boy With the Thorn In His Side (Live in Boston)
7 Cemetry Gates (Live in Boston)
8 Rubber Ring / What She Said / Rubber Ring (Live in Boston)
9 Is It Really So Strange? (Live in Boston)
10 There Is a Light That Never Goes Out (Live in Boston)
11 That Joke Isn't Funny Anymore (Live in Boston)
12 The Queen Is Dead (Live in Boston)
13 I Know It's Over (Live in Boston)



【レビュー】
問答無用の The Queen Is Dead、デラックス・エディション。
オリジナルは、随分前にレビューしましたが、個人的には80年代最重要作品の一つで、文句なしの★5。

本編は文句なし(リマスターは、まあ、分かると言えば分かりますが、といった程度。)、で、Disc2と3を取り上げます。

Disc2はデモ音源とシングルB面。
デモ音源はまあこんなもんか、という感じで、そんなに回数は聴かないでしょう。
B面曲も既発作品で、まとめて聴けるのは便利、といったところでしょうか。

問題はDisc3で、ほぼ独立のライブ盤。
いや、素晴らしいのです。Smiths のバンドとしての絶頂期、ライブが悪いはずがない。

ただねえ、すでに「Rank」がありまして。
私が、このアルバムが大好きで、以前のレビューのとおり、オープニングの「Hello!」から、ラストの 「Bigmouth Strikes Again」まで、Morrisseyの異様なテンションが最高なのです。
それと比べてしまうと・・・という感じで、非常に残念。

どうせなら、中途半端なPVではなく、こっちのライブ映像を探し出してきてDVDにしてくれたら良かったんですけどね。
無い物ねだりは承知ですが・・。


【結論】
★4.5。
繰り返しですが本編は文句なし。
付属のディスクも悪くはないんですが、もうひと頑張りして欲しかったです。
でも、他のアルバムも、同様な企画をしてほしいです。本当に。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Morning After/Dvsn




【曲目】
1 Run Away
2 Nuh Time / Tek Time
3 Keep Calm
4 Think About Me
5 Don't Choose
6 Mood
7 P.O.V.
8 You Do
9 Morning After
10 Can't Wait
11 Claim
12 Body Smile
13 Conversations in a Diner



【レビュー】
前回に続いて、ほぼ情報がないソウル系アルバム。

Dvsn、「ディヴィジョン」と読むらしいです。
Nineteen85という、Drake とかを手がけたプロデューサーと、Daniel Daley というシンガーのユニットとのこと。
情報はこのページほぼ一本。英版のWikiも情報量極めて少なし。

が、悪くない作品です。
BPMは多少ゆったり目で、ネオ・ソウル的なズレのあるビートがベースなのですが、例えばD'Angelo なんかと比べると、かなりデジタル色が強いです。
また、全体を通じて極めてダウナーで、乱暴に言ってしまうと、都会の夜、色がプンプン。

特に、PVが公開されている6なんかを見れば傾向が分かりやすいです。
なので、聴きようによってはいささか鼻につくところもあるのですが、全体として非常に心地よい作品でした。





【結論】
★3。
なお、6のPVはオシャレはオシャレなんですが、登場する女性のパイオツが、お見事すぎて、ある意味全てぶち壊しです。
作り物とは思われるのですが、それでも一見の価値ありです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード