Covers/小島麻由美




【曲目】
1. ろくでなし
2. ミルク・ティー
3. 夜明けのスキャット (Live)
4. 夏の魔物
5. ニーナ
6. SWEET MEMORIES
7. この世の果てまで
8. 恋のウーアイドゥ
9. 愛の喜び
10. 朝寝坊
11. I LOVE YOU (未発表)
12. シェリー (未発表)
13. 月影のナポリ
14. 夕陽が泣いている
15. Hava Nagila (新録)
16. 君の瞳に恋してる (新録)


【レビュー】
そんな(?)小島麻由美、現在のところ最新のアルバム。

カバー集で、既発表中心ですが、新規発表もちらほら。
といった軽いタッチの作品であり、正直、まあ、心に刺さる感じではないです。

既発表曲が多いことはさておくとしても、未発表の尾崎豊楽曲(11、12)も、原曲を生かし過ぎなところがあり、小島ワールドに引き込みきれていないですかね。
もうちょっと、毒気を前面に出して欲しいところです。

流して聴くタイプの作品で、2、3回聴けば十分でした。


【結論】
★2.5。
とにかく、新規のフル・アルバムを期待です。
しかし、カバー集は、本当に難しいです。
一歩間違えば、本作みたいな、限りなくカラオケ集っぽい作品になってしまいますね。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Positive/Tofubeats




【曲目】
M-1DANCE&DANCE
M-2POSITIVE feat. Dream Ami
M-3T.D.M. feat. okadada
M-4Too Many Girls feat. KREVA
M-5STAKEHOLDER
M-6Throw your laptop on the fire feat. 小室哲哉
M-7I know you
M-8Without U feat. Skylar Spence
M-9すてきなメゾン feat. 玉城ティナ
M-10くりかえしのMUSIC feat. 岸田繁(くるり)
M-11閑話休題
M-12別の人間 feat. 中納良恵(EGO-WRAPPIN’)
M-13I Believe In You



【レビュー】
Tofubeats のメジャー・セカンドアルバム。
レビュー漏れだったのですが、駄作だったというわけではなく、素晴らしい作品でした。

相変わらず正々堂々としているというか、耳に心地よい音とヴォーカリストを職人的に探している感じで、非常に聴きやすく、かつ頭に残ります。

ヴォーカルの選択も、Kreva、小室哲哉、岸田繁と、まあ何とも絶妙なラインで、参ったとしか言いようがありません。

インパクトという点ではやや落ちた感がありますが、それでも変わらずのクオリティ。
まだまだ、必聴のアーチストであります。


【結論】
★4.5。
スピンアウト盤とかアウトテイクでいいので、ザラっとしたというか、ヴォーカルとピアノだけみたいな作品も聴いてみたいですね。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

But You Caint Use My Phone/Erykah Badu

cover170x170_.jpg



【曲目】
1 Caint Use My Phone (Suite)
2 Hi
3 Cel U Lar Device
4 Phone Down
5 U Use to Call Me
6 Mr. Telephone Man
7 U Don’t Have to Call
8 Medley: What’s Yo Phone Number / Telephone (Ghost of Screw Mix)
9 Explicit
10 Explicit
11 Hello



【レビュー】
Erykah Badu、配信のみで発表された新作です。
とは言っても、3はDrake「Hotline Bring」のカヴァー、6はNew Edition、7は Usher のカヴァーと、ガチガチな新作ではなく、ミニ・アルバム的な位置づけと言えるでしょう。

電話をコンセプトにした作品集ですが、それ自体はどうでも良くて。
オリジナルが少ないという点は若干ガッカリするものの、この方のウィスパーというか、妙にキーが高い割にボソボソした魅力的な声は衰えておりません。
この声が全てと言っても過言ではない人なので、その意味では大合格であります。
ビジュアルは、孫からも避けられている付き合いづらい祖母、みたいな域に達しているけど、歌手としてはまだまだいけるじゃないか、という感想を持ちました。

フル・アルバムはまだ難しいかもしれませんが、本作はかつての相方、Andre3000も参加とのことですので、今後の動きに期待したいところです。


【結論】
★3.5。
実は同い年なので、若干贔屓が入っておりますが、とにかく、フル復帰を期待しております。
まだまだ、いけるよ。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

The Cutting Edge1965-1966/Bob Dylan





【曲目】
Disc1
1. "Love Minus Zero/No Limit" Take 2, Acoustic 3:11
2. "I'll Keep It with Mine" Take 1, Piano Demo † 4:11
3. "Bob Dylan's 115th Dream" Takes 1 and 2, Solo Acoustic 6:17
4. "She Belongs to Me" Take 1, Solo Acoustic 2:57
5. "Subterranean Homesick Blues" Take 1, Alternate Take 2:38
6. "Outlaw Blues" Take 2, Alternate Take 3:29
7. "On the Road Again" Take 4, Alternate Take 2:31
8. "Farewell, Angelina" Take 1, Solo Acoustic † 5:28
9. "If You Gotta Go, Go Now" Take 2, Alternate Take 2:50
10. "You Don't Have to Do That" Take 1, Solo Acoustic 0:50
11. "California" Take 1, Solo Acoustic 3:05
12. "Mr. Tambourine Man" Take 3 with Band, Incomplete 3:23
13. "It Takes a Lot to Laugh, It Takes a Train to Cry" Take 8, Alternate Take 3:28
14. "Like a Rolling Stone" (Short Version) Take 5, Rehearsal 1:44
15. "Like a Rolling Stone" Take 11, Alternate Take 5:56
16. "Sitting on a Barbed Wire Fence" Take 2 3:58
17. "Medicine Sunday" Take 1 1:01
18. "Desolation Row" Take 2, Piano Demo 2:00
19. "Desolation Row" Take 1, Alternate Version 11:15
Disc2
1. "Tombstone Blues" Take 1, Alternate Take 7:30
2. "Positively 4th Street" Take 5, Alternate Take 4:24
3. "Can You Please Crawl Out Your Window?" (Short Version) Take 1, Alternate Take 4:05
4. "Just Like Tom Thumb's Blues" Take 3, Rehearsal 5:39
5. "Highway 61 Revisited" Take 3, Alternate Take 3:30
6. "Queen Jane Approximately" Take 5, Alternate Take 6:02
7. "Visions of Johanna" Take 5, Rehearsal 7:40
8. "She's Your Lover Now" Take 6, Rehearsal 4:58
9. "Lunatic Princess" Take 1 1:20
10. "Leopard-Skin Pill-Box Hat" Take 8, Alternate Take 3:26
11. "One of Us Must Know (Sooner or Later)" Take 19, Alternate Take 5:10
12. "Stuck Inside of Mobile with the Memphis Blues Again" Take 13, Alternate Take 4:03
13. "Absolutely Sweet Marie" Take 1, Alternate Take 5:01
14. "Just Like a Woman" Take 4, Alternate Take 5:19
15. "Pledging My Time" Take 1, Alternate Take 3:22
16. "I Want You" Take 4, Alternate Take 2:51
17. "Highway 61 Revisited" Take 7, False Start 0:32



【レビュー】
Bob Dylan ブートレグ・シリーズ、ついに来た、という感じの、「Bringing It All Back Home」「Highway 61 Revisited」「Blonde On Blonde」からのアウトテイク集。

この3枚は、言わずもがなの名作、泣く子も黙る作品であり、曲のクオリティは半端ではありません。
当然、デモ段階でも素晴らしく、むしろ、デモ段階だからこそ息遣いが聞こえるようで、興奮度は否が応でも高まります。

飛び道具とも言えるこの時期の作品に手を出してきたということは、そろそろブートレグ・シリーズも完結、自分の死期を悟ったのでしょうか。

なんですが、この3枚のアウトテイクを2枚にまとめるのはなかなかせわしなく、逆に散漫なことも否めません。
この点、同時期発売の6枚組では、Disc3が丸ごと「Like A Rolling Stone」であり、あの名曲のピースをひたすら聴いているのは、非常に心地が良いです。
Stones の「Sympathy For The Devil」を丸ごと映画にした「One Plus One」みたいな、ある作品が固まってくる過程を見ているような興奮度があります。

クオリティというか作品の意味合いとしては、明らかに6枚組に軍配。

後は値段なのですが、国内盤で2万円はさすがにどうなのか。
apple musicではまだ出ていないようですが、このような作品なので音質には目をつぶって、ストリーミング+音楽誌の解説本、といったあたりが現実的かもしれません。



【結論】
★4.5。
予想以上に素晴らしかったです。
Bob Dylan に関するレビューは、マニアが跋扈していてうるさくてしょうがないのですが、本作は「そこそこのファン」でも、聴いてみて損はないです。
あと、オフィシャルからは18枚組という変態的な作品も出ていますが、一生のうち一度くらいは現物を見て見たいものですね。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

ア、町あかり/町あかり




【曲目】
1. ア、アイシャドウ
2. もぐらたたきのような人
3. それ分かる!
4. さっきも聞いたわその話
5. No Problem(お安い御用)
6. ちょっとここじゃあ言えません
7. 夢という小鳥
8. 横浜のすずめ
9. コテンパン
10. お悩み相談室



【レビュー】
昨年、ある意味、一番破壊力を持った作品でした。
昭和歌謡の伝道師、町あかりのメジャー・デビュー・アルバム。

ここ10年ほど、若い女性が、「アイドルのイメージを演じる」といった事象には、慣れてきたところです。
女性が男性の好色にさらされることに抵抗感を感じるという時代を超えて、あえて、処女的なアイコンになってしまう、ということが、当たり前になったわけです。
地下アイドル、ことに、そこから抜け出したAKBなんかがその象徴かと思われます。

で、この人、町あかり。
このファッションのチョイス、曲のタイトル。
もう、昭和に青春を過ごしたオッサン、及び、処女厨への悪意に満ち満ちていて、異色の名作になっております。
そこそこアイドルが好きだった自分としては、もう、「思い出させないでくれ」と土下座したくなるような昭和の再現度なのであります。
10なんかは、どこぞのB級アイドルの未発表曲、といっても十分通じる名曲。

この先どうなるのかも含め、注目のお方であります。



【結論】
★4。
町あかり、このスタンスになった意図がまだよくつかめません。
インタビューを見ても、twitter を見ても、その辺はぼんやりとしています。
いつか、地上波のバラエティに出てきたときが勝負かと思っております。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

HITNRUN Phase two/Prince

53323.jpg



【曲目】
1 Baltimore
2 Rocknroll Loveaffair
3 2 Y. 2 D.
4 Look at Me
5 Stare
6 Xtralovable
7 Groovy Potential
8 When She Comes
9 Screwdriver
10 Black Muse
11 Revelation
12 Big City



【レビュー】
あけましておめでとございます。

またもや、突如として発売されたPrince の新作。
CDでの販売は、まだ、無し(リンクはitunes)。

相も変わらずメディアを上から見ているというか信用していないというか、アレな発売方法ですが、itunes ですぐに発売されただけ、前作よりはマシですね。
Tidal だけ、っていうのは、何というか、偏屈を通り越してただの変人だったので、その点はホッとしております。

そして肝心の内容ですが、前作より遥かに良しです。

あまり音を足していないというか、骨格がPrince節でしっかりしていて、トータルで非常に心地よい。
手癖でこねくり回しておらず、ファンク色が強くなっていて、個人的には、ここ最近では抜けて満足度が高くなっています。系統としては、つい最近レビューした「Come」に近いでしょうか。

1曲目がいきなり「Baltimore」というメッセージ性が強い曲なのも良し。
詳細は、こちらですが、政治・社会からは距離を取っているこの人が1曲目に置くということの意味は、長年のファンとしては考えさせられるものがあります。

政治的にはキナ臭い年となりそうな本年の一発目ということで、本年もよろしくお願いします。



【結論】
★4.5。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

猫とアレルギー/きのこ帝国




【曲目】
1. 猫とアレルギー
2. 怪獣の腕のなか
3. 夏の夜の街
4. 35℃
5. スカルプチャー
6. ドライブ
7. 桜が咲く前に
8. ハッカ
9. ありふれた言葉
10. YOUTHFUL ANGER
11. 名前を呼んで
12. ひとひら


【レビュー】
きのこ帝国。

ゆらゆら帝国の大ファンだったので、その存在にはかなり早くから気付いていたのですが、音源を聴いたのは、メジャー・デビュー作である本作が初めて。

予備知識はほとんどなく、まず一聴。
うん、ヴォーカルが澄んでいて、良質なポップス。

そのうち、何となしにネットのレビューを見たりすると、メジャーデビューして変わったとか、セルアウトした、いやいやでもいいよ、といった、変革をどう捉えるかという評ばかり。

ん?ということで、インディーズ時代の「春と修羅」を聴いてみると、うん、これは、確かに。
古くはラフィン・ノーズがメジャーデビューしたときのザワザワ感じ、近年ではEminem がリハビリを通じて真人間になりかけたときの感じ、を思い出します。


逆に捉えれば、「春と修羅」的な要素を持っているはずで。
これを痛いと捉えるか、素晴らしいと捉えるか、商業シューゲイザーと捉えるかは人それぞれですが、今後、本作のポップ・センスがどのように変化してくるか、非常に興味が湧いてきました。

期待の新人、というには遅いですが、次作も期待であります。



【結論】
★3.5。
男2人、女2人の編成で、その意味でも見ていてワクワクします。
どっちかの女子がサークルクラッシャーだと、非常にイカした展開もあり得ますね。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Stories/Avicii





【曲目】
1 Waiting For Love
2 Talk To Mysel
3 Touch Me
4 Ten More Days
5 For A Better Day
6 Broken Arrows
7 True Believer
8 City Lights
9 Pure Grinding
10 Sunset Jesus
11 Can't Catch Me
12 Somewhere In Stockholm
13 Trouble
14 Gonna Love Ya
15 The Days
16 The Nights


【レビュー】
何かにつけてAvicii、Avicii だったここ1、2年。
正直、ファーストがどうにもしっくりこなかったため、今回も、Apple Music で聴けるから何となく聴いてみた、という程度でした。

しかし、この人のポップセンスが凄い、と遅まきながら感心。
一発でノレるし、耳に残る。
EDMゴリゴリの人には物足りないのでしょうが、私みたいなEDMがダメな人には、すっと入り込める入り口になります。
しかも、良い意味で軽いというか、「時代を消費した」といいった刹那的な満足感も与えてくれます。

これは、重苦しいメッセージ・ソングよりもよほど凄いことかと。
リリックもちょっと気になるので、追い追い、調べてみたいと思います。



【結論】
★4。
2015年を代表する1枚であることには間違いなし。
ちなみに、各曲のゲストは以下とのこと。よう知りませんが・・。
1 Simon Aldred (Cherry Ghost) 
4 Zak Abel
5 Alex Ebert
6 Zac Brown (Zac Brown Band)
7 Chris Martin (Cold Play) 
9 Pure Grinding (ft. Kristoffer Fogelmark & Earl St. Clair)
10 GavinDegraw
11 Wyclef Jean ,Matisyahu
14 Sandro Cavazza 
15 Robbie Williams 
16 Nicholas Furlong

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Cheers to the Fall/Andra Day




【曲目】
01. Forever Mine
02. Only Love
03. Gold
04. Not Today
05. Mistakes
06. Goodbye Goodnight
07. Rearview
08. Red Flags
09. Honey Or Fire
10. Gin & Juice (Let Go My Hand)
11. Rise Up
12. City Burns
13. Cheers To The Fall



【レビュー】
Stevie Wonder が発掘した、と評判のソウル・シンガー、Andera Day のデビュー作。
御年30歳、今年の12月で31歳、とのことです。

アルバム全体は、可も不可もなく。
ソウルフルで、聴き応え十分。
まだ、ぐっと惹き込まれるまではいきませんが、流しておくにはなかなかの作品です。


そして、問題はこちら。
本作には含まれていませんが、話題になったのがEminem の「Lose Yourself」のカヴァーで、曲自体はまあ悪くはない。


が、争点はそんなところではなくて、このビジュアルというかメイク。
異様で、目が六角形に見える変なアイシャドウ。
ピンクだかオレンジだか、何にせよ安っぽく目立つ口紅。
そして、髪型。
確かに、ソウル・シンガーはこんな風にアップにしがちなのですが、風格が全くなく、どう見てもサザエさんの出来損ない。

いくら歌がうまくても、この格好で出てくるのはちょっと凄い。
今後も注目であります。



【結論】
★3。
くどいですが、風俗でこんなの出てきたら頭抱えるレベル。
Lady Gaga的な奇抜というのではなくて、見てて切なくなる感じ。
ソウルシンガーはメイクも髪型もころころ変えてしまうけど、もう一丁、次作でも度肝を抜く風体で出てきてほしいものです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Hitnrun Phase One/Prince




【曲目】
1. "Million $ Show" (featuring Judith Hill)
2. "Shut This Down"
3. "Ain't About 2 Stop" (featuring Rita Ora)
4. "Like a Mack" (featuring Curly Fryz)
5. "This Could B Us"
6. "Fallinlove2nite"
7. "X's Face"
8. "Hardrocklover"
9. "Mr. Nelson" (featuring Lianne La Havas)
10. "1000 X's & 0's"
11. "June"



【レビュー】
Prince の新作。

当初は、Tidal のみでのリリースとアナウンスされ、サービスが利用できない我が国のファンを敵に回しかけたのですが、あっさりとパッケージでも発売。
相変わらず、我が道を行くといえば聞こえはいいですが、場当たり的なワガママ爆発の王子であります。

さて、気を取り直して中身でありますが。

いい曲は、あるし、適度にファンク。
まとまりも、悪くはない。さすがに、グラミーで「アルバムが大事」とかアジっただけのことはあります。

ただねえ、いきなり1で過去作の引用はないでしょ。
引用というか、単なるつぎはぎ、しかも、「For You」「1999」「Let's Go Crazy」って、そんなに過去にすがってんのかい、とガッカリします。

ついでに、アルバムも佳境に入ったところで、前作の別ヴァージョンの5。
未発表曲なら腐るほどあるはずなのに、何故あえて前作のモノを引っ張ってくるかね。

この人だから何かしら意図があると思うのですが、ちょっと飲み込めない作品でした。



【結論】
★2.5。
悪くないんですけど、1を聴いた時のモヤモヤが取れないんであります。
残念。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード