My Generation/The Who



【曲目】
Disc1
1. Out In The Street
2. I Don't Mind
3. The Good's Gone
4. La La La Lies
5. Much Too Much
6. My Generation (Stereo)
7. The Kids Are Alright
8. Please, Please, Please
9. It's Not True
10. I'm A Man
11. A Legal Matter
12. The Ox
13. Circles
14. I Can't Explain
15. Bald Headed Woman
16. Daddy Rolling Stone

Disc2
1. Leaving Here
2. Lubie (Come Back Home)
3. Shout and Shimmy
4. (Love Is Like A) Heat Wave
5. Motoring
6. Anytime You Want Me
7. Anyhow Anywhere Anyway
8. Instant Party Mixture
9. I Don't Mind
10. The Good's Gone
11. My Generation (Instr.)
12. Anytime You Want Me
13. A Legal Matter
14. My Generation (Mono)



【レビュー】
The Who、です。
「The」「Who」。

結成から50年、ほぼ、ロックの歴史に匹敵するこのバンド。
この間、有象無象のバンドが結成・デビューしておりますが、これほどに個性的かつコクのある名称はそうそうありません。
私は、くりぃむしちゅーのオールナイトニッポンのヘビーリスナーだったのですが、よく話題に出ていた2人の学生時代の友人、「ぷ」に匹敵するシンプルさであります。

さて、その The Who のイギリスデビュー盤です。
上記曲目はデラックス盤で、オリジナルは1~12まで。

ベースラインがカッコいいタイトルソングの6の他、1,2,7あたりが聴き物です。
特に7は、良い意味で過剰な若者賛歌で、映画のタイトルにもなっているほどの代表曲であり(「The Kids Are Alright」)、必聴かと思います。

ところで、Johnは、一説によると、女を抱いてコカイン摂取しながら死亡したそうです。
アホと見るか、カッコイイと見るかは人それぞれですが、21世紀に似つかわしくないロックな方であり、とにもかくにも痺れることは間違いないでしょう。


【結論】
ブリティッシュ・ロックの古典、★5です。
まあ、今も一応現役なのですが、当然、鬼籍に入ったJohnとKeithはおらず。
The Whoというバンドは、ベースとドラムというリズム部隊が強力で、それはデビュー盤である本盤のときからの大きな特徴です。その2人がいないのも何だかな、という感じは否めません。
Peteがよろよろになってギターを壊したりしているのを暖かく見守るのもそろそろ限界では。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Downtown/Petula Clark

ODR6204.jpg


【曲目】
01. TRUE LOVE NEVER RUNS SMOOTH
02. BABY IT’S ME
03. NOW THAT YOU’VE GONE
04. TELL ME (THAT IT’S LOVE)
05. CRYING THROUGH A SLEEPLESS NIGHT
06. IN LOVE
07. MUSIC
08. BE GOOD TO ME
09. THIS IS GOODBYE
10. LET ME TELL YOU
11. YOU BELONG TO ME
12. DOWNTOWN
(BONUS TRACKS)
13. YOU’D BETTER LOVE ME
14. I KNOW A PLACE
15. YOU’D BETTER COME HOME
16. ROUND EVERY CORNER
17. MY LOVE



【レビュー】
芽瑠璃堂からの発売。
骨があるのか無気力なのか、amazon では販売していないようです。

日頃から人のクレームだったり反論だったり、もっと言うとグチを聴くことが多い仕事をしているせいか、定期的に逃避が必要であり、無性に60年代のガールズ・ポップに逃げこみたくなることがあります。

偏差値は気温程度、太陽と恋愛がほぼ全ての世界。
素晴らしいことこの上ないです。

さて、本作は1965年、当時、既にベテランの域に入りかけていた Petula Clark の作品。
彼女自身はイギリス人ではありますが、世相としては、ベトナム戦争が泥沼化し始め、アメリカの正義が怪しくなってきた時期。
最後の「明るいガールズ・ポップ」と言えるでしょう。

アルバムとしては、正直、まあ、こんなものです。
カーステに投げ込んでおいて、気がついたら流れている、という位置づけ。

もう、とにかく、タイトルトラックの12に尽きます。
全米No.1、一度聞いたら忘れられない、歌謡曲的盛り上がりのサビ。
まさに、エヴァー・グリーンな1曲。
捨て曲をしのいで12にたどり着いたときは、本当にカタルシスであります。

ジャケもなかなかなので、「アルバムのトータル性は?」とか、無粋なことは言わないようにしましょう。


【結論】
★2.5。
さすがに、他の曲のクオリティを考えると、こんなもので。
じゃあ12のシングルがあればいいのでは、と言われると反論出来ないのがつらいところですが、あまり再発されない作品であろうことは間違いないので、購入しておいて損はないでしょう。
解説がグダグダなのは、目をつぶって・・。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Highway 61 Revisited/Bob Dylan





【曲目】
1. Like A Rolling Stone
2. Tombstone Blues
3. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry
4. From A Buick 6
5. Ballad Of A Thin Man
6. Queen Jane Approximately
7. Highway 61 Revisited
8. Just Like Tom Thumb's Blues
9. Desolation Row



【レビュー】
前回に続いて、今度は1965年作品。
泣く子も黙る、というか、Bob Dylan の数少ないメジャー曲、「Like A Rolling Stone」が入っているアルバムです。

「Like A Rolling Stone」は、一発目のドラムからオルガンというオープニングはじめ、ドラマチックなことこの上なく、名曲であることに疑いはないのですが、本作はそれだけではない。
特に、沈み込むような5をくぐり抜け(レコードではここでA面が終わり)、一転して明るい曲調、しかし切ない6につながる流れは、お見事としか言いようがありません。

Dylan は、日本では未だに60年代的な色がついているというか、全共闘の友的なイメージで、揶揄の対象になることもあるのですが(「学生街の喫茶店」で、「ボブディラーンー」という歌詞があったのも結構な原因だと思います。)、本作は、音楽を聴く人なら、避けて通れない作品だと思います。




【結論】
これも、★5。
「Like A Rolling Stone」は、映画に出来るのではないか、と常々思っております。
要は、「One Plus One」の「Sympathy For The Devil」みたく、曲が完成していく様を映像で見られたら、相当に面白いと思うのです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

A Love Spreme/John Coltrane


A LOVE SUPREME [Verve]A LOVE SUPREME [Verve]

John Coltrane

商品詳細を見る



【曲目】
1. A Love Supreme Part I - Acknowledgement
2. A Love Supreme Part II - Resolution
3. A Love Supreme Part III - Pursuance
4. A Love Supreme Part IV - Psalm


【レビュー】
ということで、おじにあたるJohn Coltrane といえば本作、のレビュー。

私はJazz にはあまり詳しくないのですが、それでも何度も聞いたことがありますし、「Jazzっぽい」音楽のイメージを固めてくれた作品でもあります。

微妙な静寂、いつ音が走り出しるか分からない独特の緊張感、躍動感溢れるColtraneのサックス。
ヴォーカルがなくても、音楽から何某かが迸ることを教えてくれた作品でもあります。

私のように、Rockに親しんだ人はMilesの方が入りやすいと思いますが、本作でも、きっと感じるものがあるはずです。


【レビュー】
★4。
夜、出来る限りの音量で。
個人的な意見としては、1人で聴くべきであります。

No.2/The Rolling Stones


The Rolling Stones No. 2 - VG/VGThe Rolling Stones No. 2



商品詳細を見る



【曲目】
1. "Everybody Needs Somebody to Love"
2. "Down Home Girl"
3. "You Can't Catch Me"
4. "Time Is on My Side"
5. "What a Shame"
6. "Grown Up Wrong"
7. "Down the Road Apiece"
8. "Under the Boardwalk"
9. "I Can't Be Satisfied"
10. "Pain in My Heart"
11. "Off the Hook"
12. "Susie-Q"



【レビュー】
前回レビューした、Aaron Neville 「My True Story」の9が、「Under The Boardwalk」で、ああ、これはストーンズもカバーしてますね、ということで、本作を取り上げてみました。

なのですが、これ、今、ほんとど流通していないようでして。

Stones は、悪い意味でオリジナル作品にラフで、「UKオリジナルの保存」ということに無頓着なのは、感づいてはいました。

でも、本作が手に入りにくいというのはさすがにまずいでしょう。
同時期に発売されたUS盤の「12×5」は容易に手に入るのですが、一応は、60年代のスウィンギング・ロンドンの渦中にいたバンドで、それがUS盤をデフォルトにするのはどうかと思います。
そもそも、UK盤のほうが、曲順だったり、一つの作品としてまとまりが圧倒的に良いと思うので。

Beatles の、UK盤に対するねちっこさは、それはそれでどうかと思うけど、もう少し気を使って欲しいものです。

内容は、まだ、熟しきっていないStones が聴ける良作であります。
熟しきっていないというのは、勢いが凄いということでもあり、まだ、Brian Jones のバンドでもあるということで、4なんかは、楽器の天才のBrian 大爆発で、初期の大名作(シングルヴァージョンの方が有名でカッコいいですが。)。
12のカバーも、Mick のヴォーカルはじめ、ひたすらカッコいいです。


【結論】
★4。
作品自体は聴くべし、なのですが、かように手に入りにくいのは本当にどうかと思います。
聴く側としては、mp3で曲だけ入手し、順番を本作に揃えてでも、本作に準じて聴くことがお勧めであります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

More Hits By The Supremes/The Supremes


More Hits By The SupremesMore Hits By The Supremes

Supremes

商品詳細を見る



【曲目】
1. Ask Any Girl
2. Nothing But Heartaches
3. Mother Dear
4. Stop! In The Name Of Love
5. Honey Boy
6. Back In My Arms Again
7. Whisper You Love Me Boy
8. The Only Time I'm Happy
9. He Holds His Own
10. Who Could Ever Doubt My Love
11. (I'm So Glad) Heartaches Don't Last Always
12. I'm In Love Again


【レビュー】
思えば「Dream Girls」という映画は罪でして、何となくポップスで一時代を築いた、みたいなイメージだったSupremes の暗黒面をさらけ出してしまったわけです。

で、映画通りに、いよいよDiana Ross のフィーチャーというか、贔屓が止まらなくなっていた1965年作品。
4、6が全米1位。

つまり、大ヒットの超良質ポップスなのに、そういう背景を知っているからなのでしょうが、Diana の声がドスが効いているように聴こえてしょうがない。
Frank Sinatra が出て来たら顔が引きつるとか、宮崎あおいのCMを見ても不倫しか思いつかないとか、そんなのと同等でしょうか。

本作は内容も良質、ジャケもなかなかでいい作品なので、無心で聴くといいのでしょう。

しかし、本作のジャケ写を見ても、Diana が一番アクが強くてブサイクに見えるのですが、芸能界をサヴァイブするというのはそういう単純な問題ではないのでしょうかね。
怖いです。


【結論】
★3.5。
何てことはないと言えばそうなのですが、60年代ソフトパッケージとして非常に良質だと思います。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

At The Copa/The Supremes

200px-Supremesatcopa-1965.jpg


【曲目】
1 Opening Introduction
2 Put On A Happy Face
3 I Am Woman, You Are Man
4 Baby Love
5 Stop! In the Name of Love
6 The Boy From Ipanema
7 Make Someone Happy
8 Come See About Me
9 Rock-a-Bye Your Baby with a Dixie Melody
10 Queen Of The House
11 Group Introduction
12 Somewhere" (Leonard Bernstein, Stephen Sondheim)
13 Back in My Arms Again
14 Sam Cooke Medley
"You Send Me"
"Cupid"
"Chain Gang"
"Bring It On Home To Me"
"Shake"
"(I Love You) For Sentimental Reasons"
15 You're Nobody 'Til Somebody Loves You


【レビュー】
Supremes の1965年作品。
「Baby Love」、「Stop! In The name Of Love」など、1位を取りまくって、ノリにノっていた時期のライブ・アルバムです。

そんな時期に録られたライブが悪いはずがなく、最初から最後までハイテンション。
先述のヒット曲等に加え、14では、先輩格である Sam Cooke のメドレーを披露するなど、単なるヒット曲のパッケージにとどまらない素晴らしい構成です。

そして、Diana Ross も声が絶好調。
何とも甘ったるくも、パワーのあるヴォーカルで、最後まで飽きさせません。
どこぞのブサイクでなく、これこそ、エロかわいいと言うにふさわしいと思うのですが、いかがでしょうか。


グループの性質上、ショウビズ臭がするにはするのですが、そんなことはどうでもよく、完成されたパッケージとして楽しむべき作品だと思います。


なお、本作品は、今、ほぼ絶版のような状態になっているようなのですが、絶対に再発すべき作品だと思います。


【結論】
★5です。
ひたすら楽しくなる作品であり、必聴であります。
品薄でもあるので、見つけたら、高値でも買うべきでしょう。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード