Live1969/Simon & Garfunkle

Live 1969Live 1969

Simon & Garfunkel

商品詳細を見る



【曲目】
1. Homeward Bound
2. At the Zoo
3. 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy)
4. Song for the Asking
5. For Emily, Whenever I May Find Her
6. Scarborough Fair/Canticle
7. Mrs. Robinson {From the Graduate}
8. Boxer
9. Why Don't You Write Me
10. So Long, Frank Lloyd Wright
11. That Silver-Haired Daddy of Mine
12. Bridge Over Troubled Water
13. Sound of Silence
14. I Am a Rock
15. Old Friends/Bookends Theme
16. Leaves That Are Green
17. Kathy's Song


【レビュー】
秋であります。
秋といえばSimon & Garfunkle。
メロウな楽曲が、秋の鬱々とした精神状態を加速させてくれます。

本作は40年以上前、「Bridge Over Troubled Water」発表前のライブ・アルバムです。

以前、1980年の復活ライブ盤をレビューしたことがあるのですが、当たり前かもしれませんが、緊張感はこちらが上。
そりゃあ、現役ですからね。


しかし、上記の復活盤にしても、本作にしても、ナヨッとした曲も多いのに、本当にライブ映えするグループです。

曲が異常にキャッチーなのはもちろんのこと、うまく言えませんが、曲の芯がしっかりしており、本当の意味でエヴァー・グリーンたりえるものなのでしょう。
ロック史においては、何かと軟弱グループにカテゴライズされがちですが、イメージ以上にとんでもない才能を有していたのかもしれません。

ということで、今まであまりきちんと聴いていませんでしたが、オリジナル・アルバムもきちんと聴いてみようと思います。


【結論】
★4.5。
本作発表により、復活盤は、残念ながら地位が下がってしまいました。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

能動的三分間/東京事変

能動的三分間能動的三分間

東京事変

商品詳細を見る



【曲目】
1. 能動的三分間
2. 我慢


【レビュー】
年末に発表された東京事変のシングル。
かなり評価は高く、「2009年度ベストシングル」との評も多かったです。

確かにカッコいい曲であります。
が、個人的には、「椎名林檎のレベルは、まだまだこんなものではない。」と思っています。


場末感たっぷりの「歌舞伎町の女王」、露悪的なコスプレの「本能」、名曲「真夜中は純潔」。

これらのシングルは、いずれも、強烈ながらもキャッチーなメロディーを持っていたのに対し、本作はまだアーティスティック寄りというか、センスの良さが先に来ている。
何度か聴かないと、じわっと来ないタイプの曲です。


個人的には、「売ってやる」という意識の高い椎名林檎が好きなので、その意味では、「第二のピーク」にはもう少し、と感じてしまいます。

とはいえ、「茎」以降は、何となくアート感が強くなっていた彼女が、久々にチャートに殴り込みをかけてきたみたいで、頼もしい限りです。


何にせよ、アルバムが楽しみです。


【結論】
★4。
何だかんだ書きましたが、いい曲であることには間違いありません。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Horehound/The Dead Weather

HorehoundHorehound

The Dead Weather

商品詳細を見る



【曲目】
1. 60 Feet Tall
2. Hang You from the Heavens
3. I Cut Like a Buffalo
4. So Far from Your Weapon
5. Treat Me Like Your Mother
6. Rocking Horse
7. New Pony
8. Bone House
9. 3 Birds [Instrumental]
10. No Hassle Night
11. Will There Be Enough Water?


【レビュー】
White Stripes の Jack White と、Killers の Alison Mosshart が中心となったグループです。

とにかく、この2人が非常に相性がいいのが分かります。
たぶん、曲作りは Jack が中心だと思うのですが、ガレージ+ブルースを淀ませたような楽曲。
これに、Alison の地獄のようなヴォーカルが乗っかると、得体の知れない呪術のような仕上がりになります。

全編、そんなハイテンションで進みますが、異色なのがインストの9。
特徴的なヴォーカルがない分、テンションが落ちるかと思いきや、更に持って行かれる感じ。これぞJack の真髄、とでも言うべきでしょうか。

落ち込んでいるときに聴いたら、そのまま自分がフェイドアウトしてしまいそうなアルバムです。

ところで、本作、アメリカのアルバムチャートで最高6位までいったということ。
日本も、精神的に追いつめられているとか言われますが、彼の国も相当病んでいるのかもしれません。


【結論】
★4です。
単発で終わらせず、このまま続けてほしいものです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

The Boy Who Knew Too Much/Mika

The Boy Who Knew Too MuchThe Boy Who Knew Too Much

Mika

商品詳細を見る



【曲目】
1. We Are Golden
2. Blame It on the Girls
3. Rain
4. Dr. John
5. I See You
6. Blue Eyes
7. Good Gone Girl
8. Touches You
9. By the Time
10. One Foot Boy
11. Toy Boy
12. Pick Up Off the Floor


【レビュー】
ご存知のとおり、「rockin' on」という有名な音楽雑誌があります。
で、同誌は、時として特定のアーチストを推しだすことがあり、そういったアーチストは、「ロキノン系」と言われたりします。もちろん、揶揄した表現であります。

私自身は、相当長い間 rockin' on を読んでいますが、上記のような皮肉を言われるのも無理はない。

確かに、特定のアーチスト推しには胡散臭さがありますし、結構な駄作でも、推しアーチストだと、悪いレビューを避けたりしますし。
はっきり言うと、「いくらもらってんだ」と邪推してしまうわけです。

まあ、長い間読んでいると、本音と建前が分かるようになりますし、そこをクリア出来れば、情報誌としては優れていると思うのですが・・。


で、Mika も、ロキノンが相当推していたアーチストだったので、若干警戒して、聴くのが後回しになっていました。

しかし、これは大失敗。
聴いてみたらかなりいい作品でした。

80年代的色彩、軽く、それでいて惹きつけられるヴォーカル。
耳に一発で残るメロディーの分かりやすさ。

全体の時間が短いこともあり、一気に最後まで聴けてしまいます。
良作のポップ・アルバムです。


なお、ロキノンは、今は、雑誌よりもサイトの方が媒体としては優れていると思います。


【結論】
★4.5。
必聴であります。2009年度のベスト5には入ります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Dreamin Man Live'92/Neil Young

Dreamin Man Live 92Dreamin Man Live 92

Neil Young

商品詳細を見る



【曲目】
1 Dreamin' Man
2 Such A Woman
3 One Of These Days
4 Harvest Moon
5 You And Me
6 Hank To Hendrix
7 Unknown Legend
8 Old King
9 Natural Beauty
10 War Of Man


【レビュー】
年も明けたのですが、昨年発売の作品が積み残しになっているので、いくつかレビューしたいと思います。

本作は、1992年作品、「Harvest Moon」のライブ盤です。

で、作品としてはもちろん悪くはないです。
元盤の「Harvest Moon」は良作ですし、Neil もそこそこノっている。

とはいえ、この人の、こういうライブ盤の出し方は、いい加減にどうなのかな、と思うわけです。
毎年のように細切れに作品を出して、しかも出し方が変則的で、いつ終わるか分からない。
濫造、と言っても過言ではないと思うのです。

で、ファンだから当然買うのですが、騙されている感は否めません。

こういう類は、それこそ、HPとかで、安価にダウンロードさせればいいものだと思います。



【結論】
★1です。
内容以前に、出し方が雑すぎることに対する非難の意味合いが強い評価です。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Christmas In The Heart/Bob Dylan

Christmas in the HeartChristmas in the Heart

Bob Dylan

商品詳細を見る



【曲目】
1. Here Comes Santa Claus
2. Do You Hear What I Hear?
3. Winter Wonderland
4. Hark The Herald Angels Sing
5. I'll Be Home For Christmas
6. Little Drummer Boy
7. The Christmas Blues
8. O' Come All Ye Faithful (Adeste Fideles)
9. Have Yourself A Merry Little Christmas
10. Must Be Santa
11. Silver Bells
12. The First Noel
13. Christmas Island
14. The Christmas Song
15. O' Little Town Of Bethlehem


【レビュー】
Dylan ファンとしては、とりあえず買うことになるわけです。

しかしまあ、何と言うか、クリスマス・アルバムとして聴くと、えらい目にあいます。
例のダミ声で、ちっともホーリーな気分になれません。

他方で、「これはDylan のカラオケである。」と視点を変えれば、聴けないわけではありません。
原曲はスタンダードで馴染みがありますし、当然、歌はメチャクチャうまい人ですから。

「近年の、アメリカン・ルーツに戻る方向性の一環である。」みたいな考え方もできると思いますが、本人は何も考えずに、「そういえば、クリスマス・アルバムは出していなかった。」とか軽い気持ちで作成したかと思われます。


【結論】
★2です。
ファン以外は、まあ、いらないというか、季節感に騙されない方がいいかと。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Good Evening New York City/Paul McCartney

Good Evening New York CityGood Evening New York City

Paul McCartney

商品詳細を見る


【曲目】
Disc1
1. Drive My Car
2. Jet
3. Only Mama Knows
4. Flaming Pie
5. Got To Get You Into My Life
6. Let Me Roll It
7. Highway
8. The Long And Winding Road
9. My Love
10. Blackbird
11. Here Today
12. Dance Tonight
13. Calico Skies
14. Mrs Vandebilt
15. Eleanor Rigby
16. Sing The Changes
17. Band On The Run
Disc2
1. Back In The USSR
2. I'm Down
3. Something
4. I've Got A Feeling
5. Paperback Writer
6. A Day In The Life / Give Peace A Chance
7. Let It Be
8. Live And Let Die
9. Hey Jude
10. Day Tripper
11. Lady Madonna
12. I Saw Her Standing There
13. Yesterday
14. Helter Skelter
15. Get Back
16. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / The End


【レビュー】
一応、John の次ということで。

割と唐突に出た印象がある、Paul のライブ・アルバムです。

このお方は、定期的にライブ・アルバムを出し、しかも、いずれも大がかり、曲目も相当かぶるので、若干食傷気味なのは否めません。

そんな中でも聴きどころと言うと、オープニングの1、John のソロを取り上げた、Disc2の6でしょうか。

本作は、むしろ付属のDVDの方が見ごたえがあります。
価格もそんなに高くないですし、映像作品と考えれば、それほど高くない買い物かと思います。

個人的には、今後は、ライブ盤として未発表の楽曲に絞った作品を出してほしいところです。
When I'm Sixtyfour とか、No More lonely Nights とか。


【結論】
★3です。
まあ、悪くはないので。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Pink Elephant/N'Dambi

Pink ElephantPink Elephant

N'Dambi

商品詳細を見る



【曲目】
1. L.I.E.
2. What It Takes
3. Nobody Jones
4. Ooo Baby
5. Mind Blowin'
6. The One
7. Take It Out
8. Daisy Chain
9. Can't Hardly Wait
10. The World Is A Beat
11. Imitator
12. Free Fallin'


【レビュー】
もともと、Erykah Badu のバックで歌っていた人とのこと。
これまでもアルバムは出していたのですが、目出度く名門 Stax 所属となり、目出度く、本作はCDショップでも平積みになるようになりました。

大きくくくると、その Erykah Badu と同系列、つまり、ボソボソっとしてはいるが耳に残るヴォーカルで、煙っぽいのですが、程よくコマーシャルな楽曲、といった感じでしょうか。

とはいえ、Erykah のパチモノということは決してなく、むしろ本作の方がドープ度、中毒度は強い。
今、勢いに乗っているのは間違いないでしょう。

そんな彼女にひたるためには、どの曲が、というよりも、アルバム全体で聴くべき作品かと思います。
程よく短くまとまっているので、気が滅入ることもありません。


個人的には、次作あたりでは、もっと冒険してブルース色を強め、「おお、南部」といった曲調にして欲しいと思っております。
楽器はギター一本、なんていうのも希望したいところです。



【結論】
★3.5です。
とりあえずアフロがでかいです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Routes To Riches/Mamas Gun

Route to RichesRoute to Riches

Mama's Gun

商品詳細を見る



【曲目】
1. House On A Hill
2. Rico
3. You Are The Music
4. Finger On It
5. Pots Of Gold
6. Chasing Down Shadows
7. Psycho Territory
8. Bitch
9. Let's Find A Way
10. Miracle
11. Big Betty


【レビュー】
鳴り物入りの新人バンドのデビュー作です。

一聴した感想は、「Jamiroquai みたい・・。」でした。

白黒、ロック・ソウル、という、旧来的なジャンル分けをしにくい音。
程良くダンスを意識したリズム。
フロントマン(ジャケになってる、Andy Platts という人です。)が突出して目立っており、メディア向け。
歌詞を見る限り、何となく自然が好きそう。

といった共通点が。
本家が最近静かなこともありますので、結構売れるのではないでしょうか。


ところで、Jamiroquai という存在自体、その評価が非常に微妙なところがあります。
本グループも、本家と同じく、言ってしまえば、ハイプというか、徒花で終わる可能性もプンプンしております。

もっとも、私個人は、こういったインチキ臭さが同居している音楽は非常に好きであり、がんばって欲しいと節に感じているところであります。


【結論】
★3.5です。聴いているうちに、もっと好きになるかもしれません。
なお、日本盤にはボーナス・トラックが入っているのですが、こっちも結構キャッチーな曲が含まれており、お薦めです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Let's Do It Again/Leela James

Let's Do It AgainLet's Do It Again

Leela James

商品詳細を見る



【曲目】
1. Clean Up Woman
2. Miss You
3. It's a Man's Man's Man's World
4. Baby I'm Scared of You
5. You Know How to Love Me
6. I Want to Know What Love Is
7. Nobody Knows You When You're Down and Out
8. I Try
9. I'd Rather Be with You
10. Simply Beautiful
11. Let's Do It Again


【レビュー】
Leela James のカバー・アルバムです。

Wikipedia によると26歳とのことなのですが、とても20代には聴こえない、凄みのあるヴォーカル。

「女性R&Bはとりあえず声のドス」と考えている自分的には、非常に好感の持てるアーチストです。


で、本作は先ほど述べたとおりカバー・アルバム。
カバー・アルバムは、チョイスのセンスが問われるため、結構アーチストにとってはしんどい代物と思われます。

3はJames Brown、11はCurtis Mayfield。ここらへんまではオーソドックス。

2はStonesの、ダンス・ナンバー。
「え?」と思うチョイスですが、いい意味でグチャグチャに解体して、ソウル・ナンバーにしており、大丈夫。

6は何とForeigner。
さすがに、と思いましたが、これも同じく、ほとんど無理くり、ソウルに仕立て上げています。

つまり、ヴォーカルを含めた表現力で、他人の曲も我がモノにしてしまう力があるということであり、卓越した能力があるということでしょう。

次作のオリジナルにも期待です。


ところで、この人、見た目も、「古のソウルの人」っぽいです。
おそらくは、いらない苦労をたくさんしてきたのではないか、と推測してしまいます。
(→写真1 2


【結論】
★3.5。
成功したカバー・アルバムと言っていいでしょう。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード