タコ/タコ




【曲目】
1.免疫
2.仏の顔は今日も三度までだった
3.きらら
4.赤い旅団
5.人捨て節
6.嘔吐中枢は世界の源
7.エニグラム
8.Intro at 日比谷野音 1981.8.15
9.な・い・し・ょのエンペラーマジック
10.鵺
11.人質ファンク
12.非情の生殺し
13.小さなチベット人
14.宇宙人の春



【レビュー】
2016年にもなると、80年代を思い出すのも徐々に困難になってくるわけで。
40代半ば世代の人間が、まだボケないうちに、当時の記憶を書き出しておく必要があるのでは、と思い始めておるのです。

一般的には、世相としてはバブルでジュリアナでNTT株、音楽としてはマイケル・ジャクソン、MTV、おニャン子クラブ、みたいなステレオタイプの紹介が多いわけです。
それはそれで間違っていないのですが、やっぱり表層的なもので、明るくも暗い、知性があるような無いようで、といったアングラ・シーンも確実に存在しておりまして、少し、そういった雰囲気のある作品を取り上げてみたいと思います。

で、タコ。

私も良く知らなかったのですが、バンド名ではなく、山崎春美という、インディ-ズのトリック・スター的な人のコンセプト名、とでも捉えた方が正しいみたいです。

内容はもう説明不能に近いのですが、放送禁止用語は出てくるし、パンクを履き違えたような暗さに支配されているし、二流のインディーズ作品にも聴こえてしまいます。
なのですが、不思議なことに、聴き返したく魅力はあるのですね。

ゲストが、町田町蔵、遠藤ミチロウ、坂本龍一といったビッグネーム。
おそらくは山崎春美という人の人徳によるのでしょうが、非常にリラックスして、しかも「一メンバー」に過ぎない立場で参加しており、聴いていても刹那的にはならず、非常に楽しめるアングラ作品になっているのです。

そういった背景事情をある程度認識して聴くべき、という限定付きではありますが、80年代の、お気楽なアングラ、という非常に特異なシーンを切り取った作品です。
そういった特殊世界がお好きな方は、避けないで入手すべきであります。


【結論】
★3.5。
ちなみに坂本龍一は、タイトルから分かるとおり9に参加。
YMOが売れに売れていた時期にこんなことをやっていた、というところに、80年代の懐の深さを感じさせます。
ちなみに、4には香山リカが参加しているようです。
これも、後の彼女のスタンスを考えると、非常に感慨深いものがあります。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

She's So Unusual/Cyndi Lauper


She's So UnusualShe's So Unusual

Cyndi Lauper

商品詳細を見る



【曲目】
1. Money Changes Everything
2. Girls Just Wanna Have Fun
3. When You Were Mine
4. Time After Time
5. She Bop
6. All Through The Night
7. Witness
8. I'll Kiss You
9. He's So Unusual
10. Yeah Yeah



【レビュー】
品切れになってるようですが、2014年、本作の30周年盤が発売されました。

リミックス等、ボーナストラックはすべからくポンコツで、聴く価値はなかったのですが、あらためて本体の方をレビューしてみます。

本作発表の1983年は、私が洋楽に興味を持ち始めた時期だったので、当時の雰囲気は鮮明に覚えています。
扱いとしては、Madonna の劣化版(年増版)、女子ぶった痛々しいオバハン、一発屋、ハイスクールはダンステリア。

要は、最初からトリックスター的位置付けだったのですが、そんなにひどい内容ではないです。
時代的に、音はスカスカですが、Prince のカヴァーである3もなかなか。
後世に残るであろう、名バラードの4は全米1位。
個人的には、大仰でモロ80年代な6がイチ押しです。

今でも通用するかと言われるとそうでもないですが、80年代を語るには避けて通れない作品であります。
十分、聴けます。



【結論】
★3.5。
なお、この方は、3.11時に日本におり、原発事故後、逃げずに日本でライブをしてくれたわけで、日本人は足を向けてはいけない姐さんであるということは、忘れないでいきたいものです。
それは、1953年生まれ、本作発売当時すでに30歳、それでこのジャケット。
そもそも、肝の座り方がハンパではない方なのであります。

ちなみに、2012年のインタビューがこちら

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Continued Story-Hi,How Are You/Daniel Johnston


Continued Story / Hi How Are YouContinued Story / Hi How Are You (Dig)

Daniel Johnston

商品詳細を見る



【曲目】
~Continued Story ~
1. It's Over
2. Ain't No Woman Gonna Make A George Jones Outta Me
3. The Dead Dog Laughing In The Cloud
4. Funeral Home
5. Her Blues
6. Running Water Revisited
7. I Saw Her Standing There
8. Casper
9. Ghost Of Our Love
10. Fly Eye
11. Etiquette
12. A Walk In The Wind
13. Dem Blues
14. Girls
~Hi,How Are You~
1 "Poor You"
2 "Big Business Monkey"
3 "Walking the Cow"
4 "I Picture Myself With a Guitar"
5 "Despair Came Knocking"
6 "I Am A Baby (In My Universe)"
7 "Nervous Love"
8 "I'll Never Marry"
9 "Get Yourself Together"
10 "Running Water"
11 "Desperate Man Blues"
12 "Hey Joe"
13 "She Called Pest Control"
14 "Keep Punching Joe"
15 "No More Pushing Joe Around"


【レビュー】
リンク先は「Hi, How Are You」と「Continued Story」のカップリング。
前者が1983年発売、後者が1985年発売とのことで、一応、1983年のくくりに入れました。

まずはDaniel Johnston とは何者、という話になるのですが、サブカルの極北みたいな人物で、有名でないBrian Wilson というか、要はアレな方。
カセットで作っていた宅録が話題になって、カート・コバーンがジャケTを着たこともあってごく狭い範囲で神的扱いになり、ライブとかもやったりしたのですが、やはりなかなかメンタル的に難しく、という経歴の方であります。

本作は、そんな彼の作品のカップリング。
「Continued Story」が一応スタジオ録音、「Hi How Are You」が宅録らしく、前者の方が確かにまだまとまっている感はあるのですが、所詮は程度問題。

ローファイもここに極まれり、という音質の悪さと素朴さ。
それでいて、かなりクリーンで思わず聴き入ってしまう声質という、気持ち悪いアンバランスさ。
作品発売の頃はスリムだったのですが、巨デブになった今の姿との対比。
私の英語力でもある程度分かる、明らかに病んだリリック。

はい、私的には大好物であります。
あんまり、ピュアだとか隠れた才能だとか言い出すのもいかがなものかと思うのですが、これは、初めて触れたらびっくりすると思うよ。

日本のitunes に無かったので未見なのですが、早く、映画も見たいです。
動いて喋るDaniel、見たい。


【結論】
★4。
聴いて絶対に損はないです。
ただ、自分が沈み気味のときは、多分、ローに持って行かれるので、要注意。
この方の概要は、町山智浩さんのサイトが分かりやすいです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Sports/Huey Lewis & The News


Sports (Exp)Sports

Huey Lewis & The News

商品詳細を見る



【曲目】
1. The Heart Of Rock & Roll
2. Heart And Soul
3. Bad Is Bad
4. I Want A New Drug
5. Walking On A Thin Line
6. Finally Found A Home
7. If This Is It
8. You Crack Me Up
9. Honky Tonk Blues


【レビュー】
前々回レビューした「Back To The Future」で思い出した、Huey Lewis & The News 。
の、1983年発売作品。

リーダーのHuey Lewis はNY出身でカリフォルニア育ちらしいのですが、大陸というか、中西部を感じさせるお方です。
日本で言えば、立石あたりの居酒屋にいそうというか。
とにかく、ステレオタイプのアメリカのおっさんというか、非常に親しみやすい風貌であります。

本作では1と4が大ヒットし、意味不明の洗面器シーン、テキトーなライブ映像など、80年代の脱力する要素を集めた4のPVもナイスすぎる出来。
ラストの9も、純粋にカッコイイ。

私がイメージする「アメリカン・ロック」のイメージを忠実に再現している作品であります。

最近はあまり見かけなくなりましたが、活動はしている様子。
30周年盤も出ておりますので、この機会に聞いていただきたいと思います。
後半のライブがなかなかでした。


【結論】
★3.5。
なんだか、保守的存在、というニュアンスになってしまいまして、確かにそういう一面もあるのですが、骨太で劣化しない良作ですので、是非一聴を。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Pipes Of Peace/Paul McCartney


Pipes of PeacePipes of Peace

Paul Mccartney

商品詳細を見る



【曲目】
1. Pipes Of Peace 3:57
2. Say Say Say 3:56
3. The Other Me 3:59
4. Keep Under Cover 3:05
5. So Bad 3:20
6. The Man 3:56
7. Sweetest Little Show 2:53
8. Average Person 4:32
9. Hey Hey 2:54
10. Tug Of Peace 2:55
11. Through Our Love 3:41



【レビュー】
次は、1983年作品。
前作「Tug Of War 」とほぼ同時期に製作されており、2枚組予定だったところを二つの作品に分けた、という話もあります。

そんなことからか、類似部分もたくさんあります。
前作がSteivie で、今作がMichael と、超大物と競演。
オープニングがSEっぽい。
10のタイトル。

とまあ、似ていると言えば似ているのですが、一般的に、本作の方が評価が低く、「Say Say Say のアルバム」という捉え方がされています。

確かに散漫なところも多く、ことに後半は構成もいまいちなのか、何度聞いても耳に残らないところもあります。
しかし、冷静に聴いてみると、いい曲は結構ある。
オープニングの1なんかは、結構、Paul 作品の中でも上位に入れたいくらいですし、Michael との共作では、むしろ6の方が名曲のような気もします。

またもやインストを入れたり、80年代的大仰なプロデュースがうざったいところもあります。
こういう、フラフラしたところがあるから、あんたのアルバムは、未だに「今回は大丈夫か。そろそろ駄作のタームではないか。」と必要以上に訝しげに見られるんです。

ともあれ、そんなに悪くない、むしろ良い、と強く主張したいと思います。


【結論】
★4。
まあ、私の個人的好みではあります。
とりあえず、オープニングの1から2の流れは見事ですので、是非聴いていただきたいです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

ADK/あぶらだこ


ADK(紙ジャケット仕様)ADK(紙ジャケット仕様)

あぶらだこ

商品詳細を見る



【曲目】
1. ランニングハイ
2. 忍耐
3. エルサレムの屈辱
4. 絶句
5. 無
6. 原爆
7. 米ニスト
8. クリスタル・ナハト
9. WHITE WOLF
10. LOGOS
11. 煉瓦造りの丘
12. 童愚
13. 鏡の風景
14. OUT OF THE BODY
15. 絶句 (LIVE)
16. 米ニスト (LIVE)
17. エルサレムの屈辱 (LIVE)
18. クリスタル・ナハト (LIVE)
19. ランニングハイ (LIVE)
20. 忍耐 (LIVE)
21. 無 (LIVE)
22. 原爆 (LIVE)
23. FUN (LIVE)
24. スイミングハイ (LIVE)
25. スカ (LIVE)
26. カッカッカッ (LIVE)
27. タムド (LIVE)


【レビュー】
今はなきADKレーベルの初期音源をパックにしたお得盤であります。
カテゴリが「1983」になっているのは、初盤発売時、ということで。

で、あぶらだこ、です。
私は宝島とかの「インディーズ」商法に煽られまくっていたため、インディーズの商品は何でも聞きたいというサル状態。
特に、あぶらだこはそのバンド名のセンスとヒロトモのルックスにやられてしまっていたたため、本作は、当時、聞きたくてもなかなか聞けない商品の代表格でした。

それがめぐりめぐっての再発、ということで、若干ドキドキしながら再生。

まあ、良い意味でも悪い意味でも80年代初頭のインディーズバンドの音であります。
テンポは早く、ヴォーカルは過剰なシャウト、一曲が短い。
30年振りの思い入れが強すぎて、少し肩すかしをくらったのが正直なところです。

ただ、さすがあぶらだこ、ドラムとベースの土台がしっかりしているのか安定感がありますし、詩の独特さは今でも通用するかと思います。

今でもヘビロテ、というわけにはいきませんが、宝島とかDOLLとかの残像を思い浮かべつつインディーズっぽさにひたるには最適な盤であります。


【結論】
★3。
当時インディーズにはまっていない人にはさすがに入りにくいかと思いますが、少しでもタッチしていた人にはおすすめであります。特にライブ部分ですね。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

1999/Prince And The Revolution


19991999

Prince

商品詳細を見る



【曲目】
1. 1999
2. Little Red Corvette
3. Delirious
4. Let's Pretend We're Married
5. D.M.S.R.
6. Automatic
7. Something In The Water (Does Not Compute)
8. Free
9. Lady Cab Driver
10. All The Critics Love U In New York
11. International Lover


【レビュー】
前回の流れから、80年代 Prince の作品です。

何と言うか、孤高の存在だったのが、初めて売れ線というものを意識した作品です。
ファンク色を可能な限り残しつつ、ロック色をふんだんに盛り込んだ、という感じでしょうか。

あまりにも有名な1から、お得意の打ち込みを盛りまくった3までは、まさに白っぽさを取り入れた売れ線でありながら、圧倒的。
4からはブラック色が強くなり、屈指のバラード8を経て、後は勢いでラストまで。

1964年生まれの私の兄が、当時、「プリンス、プリンス」言っていた記憶があるのですが、おそらくは、本作がかかったディスコでフィーバーしていたのでしょう。
穴があったら入りたいエピソードですが、当時、踊るには圧倒的に抜けた作品だったと思われますので、やむを得ないですね。


【結論】
★4.5。
ちと長いですが、必聴であります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

虫/The Stalin

虫(紙)

ザ・スターリン

商品詳細を見る



【曲目】
1. 水銀
2. 365
3. 泥棒
4. 天プラ
5. Fifteen(15才)
6. ING,O!(夢遊病)
7. Die In
8. 取り消し自由
9. GO GO スターリン
10. Nothing
11. アザラシ
12. 虫


【レビュー】
さらに、Stalin を。解散まで後少しですので、続けてみようと思います。

メジャー第2弾アルバムです。


前作で、ミチロウが歌詞を簡略化し始めた、という話をしたのですが、それがより進んだのが本作。

歌詞が異様に短い。
1、12を除いて、1曲1曲が短い。
バックの音も、ギター、ベース、ドラム、がそれぞれ、淡々とした音で、余計なプロデュースなし。
さらに、1や12といった、次作への布石となるような曲も含まれています。

分かりやすさを狙いすぎたファーストから、ほとんどプログレとなる次作への橋渡し的作品ともなっており、両者がほどよく中和したゆえの名盤だと思います。


相変わらず歌詞そのものはヘンなのですが、シンプルゆえ、ソリッドで、かつ耐久性を有しており、今聴いても飽きがこない作品となっているのではないでしょうか。



【結論】
★4.5。
前作にも収録されていた9が含まれているのですが、これはあまりに余計なので、マイナス0.5です。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Go Go スターリン/The Stalin

gogo-s.jpg



【曲目】
1 Go Go スターリン
2 カタログZ
3 先天性労働者


【レビュー】
流れそのままに、Stalin 続行。

前作後の12インチシングルですが、CDでは、前作とパックになっているものが多いようです。


前作で、ミチロウの作詞も限界が来たか、という感じがしたのですが、本作から、ミチロウは、言葉数を少なくし始め、それをリフレインするという方法を取り始めます。

で、それが妙な迫力につながって大成功したのが本作です。
1は、「ママ、パパ、共産党」が歌詞の骨格。
2は、いくらか手数が多いものの、3は、歌詞のほとんどがマルクスの共産党宣言。

歌詞のヘンさに虚をつかれる、という側面もありますが、ミチロウが、歌詞のギミックに注力していた力配分を変えて、ヴォーカルに専念できたことが、迫力につながったのではないかと思われます。

バックの演奏も、タイトで力強いです。


ちなみに、このあと、Stalin はツアーに。
そこでのライブをおさめたCDがあり、こちらもあわせて必聴です。
      ↓

絶望大快楽-LIVE at 後楽園ホール’83-絶望大快楽-LIVE at 後楽園ホール’83-

ザ・スターリン

商品詳細を見る



【結論】
★5です。
バンドとしても絶頂の時期で、80年代、日本のパンクシーンの最高峰ではないでしょうか。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Colour By Numbers/Culture Club

Colour by NumbersColour by Numbers

Culture Club

商品詳細を見る



【曲目】
1. Karma Chameleon
2. It's a Miracle
3. Black Money
4. Changing Every Day
5. That's the Way (I'm Only Trying to Help You)
6. Church of the Poison Mind
7. Miss Me Blind
8. Mister Man
9. Stormkeeper
10. Victims


【レビュー】
何はなくとも、カーマカマカマカマ、の1であります。

80年代というのは、ヒット曲が流れるローテーションが尋常ではなかったため、ラジオ、店舗、友人の家、場所を問わずそこかしこでこの曲がかかっておりました。
もともとキャッチーなメロディーの上に超ヘビロテであったら、否が応でも耳に残るわけで、そんな人間がテレビ業界にもたくさんいるため、今でもテレビ番組のバック・ミュージックとして時々使用されるのではないかと思われます。

また、今見ても相当であるBoy Georgeの顔、当時は想像を絶するインパクトがありました。
勇気を出してポスターを張ったものの当然のように母親に心配され、家庭内の平和のために剥がさざるをえなかったことを思い出します。
なお、数年後、今度はPrnceの「Lovesexy」のポスターを張ったところ、自分の方が気持ち悪くなった、というイヤな思いでもあります。

何だかんだ1ばかりが目立ちますが、7など隠れた名曲もあります。


【結論】
正直、音楽的才能は大してなかったのかもしれないのですが、80年代検証には欠かせません、ということで★3です。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード