Faith/George Michael




【曲目】
1. "Faith"
2. "Father Figure"
3. "I Want Your Sex (Parts I and II)"
4. "One More Try"
5. "Hard Day"
6. "Hand to Mouth"
7. "Look at Your Hands" (writers: Michael, David Austin)
8. "Monkey"
9. "Kissing a Fool"



【レビュー】
さて、新年なのですが、昨年は、実に色々なミュージシャンが逝去しました。

まあ、ミュージシャンといえども年を取るのはしょうがないのですが、最後の最後、12月25日に、大物のGeorge Michael が(12月20日までの物故者の詳細はこちら。)。

何せ、まだ53歳。
死因は心不全とのことですが、詳細は不明。
正直、そこまで追いかけてはいなかったし、熱心とまでは言えないリスナーだったのですが、ソロ作の中で本作だけは狂ったように聴いていたので、なかなかにショックでした。

私は1971年生まれなのですが、おそらく、同世代の洋楽に触れていた人間にとっては、非常に印象深い作品。
MTVというメディアが絶頂期を迎えており、スタイリッシュなMVと相まって、要は、毎日毎日どこかしらで流れていた楽曲がてんこ盛りで、この先も耳に残っていくであろうと思われます。

内容のクオリティもハンパなく、Wham! 時代には分からなかったソウル・フリーク振りも爆発。
1なんぞはソウルの消化っぷりがお見事で、シビれるオープニング、ファンキーなヴォーカルなど文句のつけようがなく、個人的には、生涯のベスト10候補に入る名作。

ともあれ、この先も絶対に残すべき、80年代最高の作品の一つであります。


【結論】
★5。
文句なし。カッコよすぎます。
大仰振りも含め、本作の全てを表している、1のMVを貼っておきます。
合掌。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

N.W.A. & Posse/N.W.A.




【曲目】
1. Boyz-N-The Hood
2. 8 Ball
3. Dunk The Funk
4. A Bitch Iz A Bitch
5. Drink It Up
6. Panic Zone
7. L.A. Is The Place
8. Dope Man
9. Tuffest Man Alive
10. Fat Girl
11. 3 The Hard Way



【レビュー】
映画館には行けなかったのですが、DVDが発売になりまして、ようやく見れた「Straight Outta Compton」。

言うまでもなく、あのN.W.A.の歴史を描いた作品であり、かつ、青春ものというか、メンバーの友情や確執を描いたバディものとしても、とても素晴らしい作品でした。

今回は、N.W.A.のファーストというか、N.W.A.前夜のコンピというか、そんな、アバウトな位置づけの本作をレビューしてみます。

まあ、寄せ集めは寄せ集めなので、「Straight Outta Compton」(アルバムの方)みたいなまとまり、コンセプト色は薄い。

なのですが、とにかく、若い、勢いがいい。
まずは1に尽きます。

Easy-Eの、マヌケに近い下手っぴなラップですが、とにかくカッコいい。
悪ガキそのもので、色っぽいと言っても過言ではない声の張りが素晴らしいです。

その他も、4、8といった初期の名作、「Twist&Shout」の超脱力カバーというか替え歌の5など、聞き所は多いです。

今振り返ってみると、「全てはここから始まった」なのですが、刹那的で長続きしなかったN.W.A.、そして、早世したEasy-Eを思うと、なかなかに切なくなる作品であります。



【結論】
★4。
ちなみに、映画「Straight Outta Compton」は、この本を読むべし。
丸屋久兵衛のめんどくさい感じが前回なのですが、そこはガマン。
とにかく、飛び抜けて詳しいので、資料的価値は抜群です。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Last Teenage Appearance/尾崎豊


LAST TEENAGE APPEARANCELAST TEENAGE APPEARANCE

尾崎豊

商品詳細を見る



【曲目】
Disc:1
1. 卒業
2. 彼
3. ドライヴィング・オール・ナイト
4. BOW!
5. 街の風景
6. ダンスホール
7. 存在
Disc:2
1. スクランブリング・ロックンロール
2. 17歳の地図
3. 路上のルール
4. 15の夜
5. I Love you
6. シェリー


【レビュー】
まーたベスト盤が出るそうで。
出るということは商売になりうるということで、要は買う人が相当数いるという。

でも、ここら辺でストップしませんかね、ということで、本作をあげてみました。

尾崎豊は現在では相当微妙な立ち位置に置かれてしまっているのですが、それは何でかというと、当時の信者(っぽい取り上げ方をしていたマスコミを含む。)が気持ち悪かったからでして。
それはちょっと可哀想ですし、逆に、あらためて評価すべき時期にも来ており、そんなネガティブ要素を引きずっている状況は感心したものではないな、と思います。

これは私見であり、かつ、ライトなファンの多数派的考えだと思うのですが、尾崎豊のピークは逮捕前まででして、その後は徐々に薄くなっていく才能を絞り出し、そろそろヤバいな、というあたりで不幸な事件が起きて神格化された、と。

私自身、当時それなりに聴いていたアーチストなのですが、何の疑問もなく漬かっていたかというとそうではなく、そこはかとなく居心地の悪さを感じていた、というところです。
ちなみに、私の感覚だとあまり女子には人気がなく、それは、尾崎を取り巻く環境の胡散臭さに引いていたという一面があったのではないかと思われます。

で、話を戻すと、その神格化された事件については、脇に置いておき、ピーク時の作品を慈しむ、ということでいいのではないかと考えております。
そのピーク時の作品が本作で、これ1枚あれば、当時の彼の凄まじさは分かると思います。

ほぼ完全なベストに近い選曲、スタジオ盤より数倍高いテンション。
恥ずかしいを通り越して一周しているMC。

これは、ヘンな雑情報は捨て置いて、ホントに聞いておいた方がいいと思います。
入りにくいのは分かるし、好き嫌いがあるのは非常に分かるんですが、80年代日本のロック最大の祭りですから、触れないと損であります。



【結論】
★5。
バナナの叩き売りみたいな値段で出ていると思うので、是非お買い求めを。
ついでにDVDが出るらしいのですが、値段設定が腹立たしく、買うかどうかは保留。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

WOW!/Bananarama


Wow (Reis)Wow

Bananarama

商品詳細を見る



【曲目】
1. I Can't Help It
2. I Heard A Rumour
3. Some Girls
4. Love In The First Degree
5. Once In A Lifetime
6. Strike It Rich
7. Bad For Me
8. Come Back With My Heart
9. Nathan Jones
10. I Want You Back


【レビュー】
私は1971年生まれでして、世代でくくるとすると、中途半端にバブルに乗り損ねた立ち位置にあります。
プラザ合意が行われた1985年には14歳、その後高校生のときにバブル絶頂期を迎え、「内定を5つ取った、10個取った」といった、上級生の景気のいい話を聞かされた大学入学時が1990年。

そんな、バブルの空気感だけは享受していた高校生の頃、爆発的に売れたのが本アルバムです。

少し知性をアピールしようとしていたBananarama が、きっぱりと享楽路線に走った本作、時代の空気とも相乗効果で、毎日のように町中でかかっていた記憶があります。

私自身も高校生の分際で合コンに行くこともあったのですが、踊る場所がある会場だと、夜10時頃に必ずこのアルバム収録曲が流れ、男女ともども腰を振る、という、まさにBananarama と一緒に知性を捨てた光景が見られたものです。

今でも、仮にこのアルバムがかかったら、当時の光景がフラッシュバックする40代は数多くいるはず。

そんな思い出含みで、個人的には名盤。
一般的には、時代の徒花なのでしょうが、忘れられない1枚であります。


【結論】
★4.5。
おっさん、おばはん、勇気を出してもう一度聞いてみましょう。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Black Album/Prince


Black AlbumBlack Album

Prince

商品詳細を見る



【曲目】
1. Le Grind
2. Cindy C.
3. Dead On It
4. When 2 R In Love
5. Bob George
6. Superfunkycalifragisexy
7. 2 Nigs United 4 West Compton
8. Rockhard In A Funky Place


【レビュー】
絶頂期、発売直前に中止になったアルバム。
当時、聴きたくて聴きたくて、ブート屋を駆け巡り、ようやく手に入れた記憶があります(後の1994年に突然再発。)。

なので、どうしても最初に聴いたブートのイメージが強いのですが、ヴォーカルが割れるほどに音質が悪く、勢いで作ったような、後の、「Chaos And Disorder」みたいなラフさが印象的でした。

内容は原点回帰というか、ファンク一色。
メジャー、売れ線に寄っていったことの反動があったのでしょうか。

特に、5,6あたりは、ほとんどファンク・バンドのライブ録りみたいで、ライブ・パフォーマーとしても一級であるPrince の面目躍如、といった感じです。

今となっては難しいですが、この頃のライブをもう一度見てみたくなる作品であります。


【結論】
★4。
もう一度リマスターしてくれたら、もっと評価が上がるかもしれません。
あと、珍しく、ジャケットで意気を削がれないアルバムでもあります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Sign O The Times/Prince


Sign O the TimesSign O the Times

Prince

商品詳細を見る



【曲目】
Disc1
1. Sign 'O' The Times
2. Play In The Sunshine
3. Housequake
4. Ballad Of Dorothy Parker
5. It
6. Starfish and Coffee
7. Slow Love
8. Hot Thing
9. Forever In My Life
Disc2
1. U Got The Look
2. If I Was Your Girlfriend
3. Strange Relationship
4. I Could Never Take The Place Of Your Man
5. The Cross
6. It's Gonna Be A Beautiful Night
7. Adore


【レビュー】
The Revolution が解散して、再び個人名義になってからの最初のアルバムです。

極めて評論家受けの良いアルバムで、それも納得できる出来であります。

これというシングルヒットはないのですが、ロック、ポップ、ヒップホップ、バラードと色とりどりで、各曲のグレードも高い。
まさに充実期、という作品であります。
目立ちませんが、Disc1の6や、Disc2の4等は絶品であります。

と、褒め言葉しか出てきません。
後は、2枚組というボリュームをどう捉えるか、という個人の好みでしょう。


【結論】
★4.5です。
個人的には、少しボリュームがありすぎ、という感がありまして。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

The Blue Hearts/The Blue Hearts

THE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS

THE BLUE HEARTS

商品詳細を見る



【曲目】
1. 未来は僕等の手の中
2. 終らない歌
3. ノー・ノー・ノー
4. パンク・ロック
5. 街
6. 少年の詩
7. 爆弾が落っこちる時
8. 世界のまん中
9. 裸の王様
10. ダンス・ナンバー
11. 君のため
12. リンダリンダ


【レビュー】
Blue Hearts 、メジャー・デビュー・アルバムです。
長く続けた Stalin から、「ステージでチンコを出す」つながり、ということで。


さて、このバンドは、年々評価がウナギ登りになっていくのですが、正直、ピンと来ないものがあります。

理由は一つ、歌詞にどうしても入りきれないから。

4のサビは、「ぼくパンクロックが好きだ。中途半端な気持ちじゃなくて。」。
12の頭は、「ドブネズミみたいに美しくなりたい。」。

私自身、インディーズの「人にやさしく」を聴いて、結構注目して本作を手に取ったのですが、まだ10代だった当時から、聴いていて恥ずかしくてしょうがありませんでした。
今でも、拒絶反応がも消えないのが正直なところです。

ゆえに、カラオケでも歌ったことはなく。


同様の感覚を持つ方にほとんど会ったことがないのですが、私がひねくれているのでしょうかね・・・。



【結論】
★2。
一般的には結構名作として扱われているのですが、個人的に、ダメです。
ステージでチンコを出すのは◎なのですが。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Razor Sharp/忌野清志郎

レザー・シャープレザー・シャープ

忌野清志郎

商品詳細を見る



【曲目】
1. WATTATA(河を渡った)
2. 90 DAYS-免停90日
3. AROUND THE CORNER/曲がり角のところで
4. ワザトFEEL SO SAD(CANADA SEVEN)
5. MELODY MAKER/メロディーメーカー
6. RAZOR SHARP・キレル奴
7. SEMETE(GOING ON THE ROAD)
8. CHILDREN’S FACE
9. あそび
10. IDEA/アイディア
11. BOO-BOO-BOO


【レビュー】
清志郎、記念すべき初のファーストアルバムです。

記念すべき、と書いておいて何なのですが、私自身は、あまり好きなアルバムではありません。

メロディーは凡庸、お得意の言葉遊びもいまいちキレがない。
シングルカットされた3も、何となく小手先で作った小品、との感想しか持っていません。

多分、この中に、2,3曲でも攻撃的な(歌詞でも、メロディーでも、リフでもいいのですが。)曲が入っていれば、だいぶ印象は変わったと思います。

純粋な面と、異常なまでの攻撃的な面がなぜか調和してしまう、というところが、この人の魅力だと思うのですが、本アルバムは前者に偏ってしまった、という感じがします。

もしかしたら、本アルバム発売からほどなくしてRCは活動を休止してしまい、ついにそのままになってしまったという経緯から、知らず知らず、そういった恨みを持ってしまっているのかもしれませんが。


【結論】
★2.5です。
ファーストですので、ファンなら一応聴いておくべき、といったところでしょうか。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

AISSLE/有頂天

aissle_convert_20090308233203.jpg


【曲目】
1. カーテン
2. MEANING OF LOVE
3. FINE
4. 本当は彼が一番利巧なのかもしれない
5. 僕らはみんな意味がない
6. スリーパー
7. みつけ鳥~グリム童話より~
8. ダンス
9. 俗界探険隊
10. KARADA
11. インサート
12. 十進法パレエド
13. 隠れん坊
14. ナチュラル・カタストロフィー
15. カーテン
16. シュート・アップ


【レビュー】
ケラが緒川たまきと結婚なされました。

ワーカホリックというか、常にコマネズミのように動いている印象があり、家庭生活にはおよそそぐわないイメージだったので(ブログも、そんな感じです。)、少々びっくりしました。


で、ケラがリーダーを務めていた有頂天のセカンドです。

ケラは、後日、本作について、「有頂天の Sgt.Peppers を作りたかったけど、売れなかった」という趣旨の発言をしています。
1曲目とラストから2曲目が同じチューンという形式が Sgt.Peppers と同じということから、発表時、確かにそういった意識があったのでしょう。

で、シングルカットもなかったためか、確かに、売上げは大したことはなかったようであります。
しかし、本作は、上記発言に違わぬ大傑作だと思います。

内容は、本家よりもとっ散らかっているというか、ほとんどメチャクチャに近い、バラバラな曲の集まりと言っていい感じです。
しかしながら、不思議と、全般的に、ジャケットのようなモノトーンの印象で統一されており、結果として、本家とタメをはる見事なコンセプトアルバム的仕上がりになっています。

個々の曲も、短いながらもクオリティが高い。
4、12などは、歌詞の意味を破壊する、というケラのコンセプトが結実した見事な作品だと思います。


なぜか再発されておらず、高値での取引がなされている現状ですが、非常にもったいない。
ケラの才気爆発の作品であり、是非とも、一度聴くべき作品だと思います。


【結論】
★5です。
繰り返しですが、再発が絶対必要な作品であります。


theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

春夏秋冬/SION

春夏秋冬(紙ジャケット仕様)春夏秋冬(紙ジャケット仕様)

SION

商品詳細を見る



【曲目】
1. 抱いてくれ
2. 楽しみといえば
3. ダーリン
4. ハングリー・ナイト
5. 12月
6. 春夏秋冬
7. バック・ストリート
8. このままが
9. やるせない夜
10. クロージング・タイム


【レビュー】
孤高のアーチスト、SIONのメジャー2枚目です。
初めて買ったSIONのアルバム、いう個人的な思い出があり、今回取り上げました。

最近は、福山雅治とのコラボ等もあり、多少のメジャー感が出てきていますが、昔からとにかくマイペースなお方でありました。


本アルバムは、1987年という時代背景もあってか、他の作品に比べて余計な音が多いというか、多少軽い雰囲気があります。

しかし、詩は激シブ。
泉谷しげるのカバーで、タイトルソングの6が目立ちますが、1、5、10など、「ああ、日本人で良かった」と思ってしまうほど、しみいる歌詞であります。

あまりのシブさに(当時は中学生でした。)、その後はあまり聴かなくなったのですが、年をとり、再び聴くようになってきました。
昨年、紙ジャケットで初期作品が販売されたので、少しずつ買いそろえていこうと思います。

なお、この人、猫満載で、ブログが結構面白いのも笑えます。


【結論】
★4です。
音がペラペラな部分があるので減点です。再プロデュースすれば、相当印象が違う作品になるかと思います。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード