The Cover Special/Omnibus





【曲目】
< 柴山俊之+SENTIMENTAL FOOL UNIT >
1. ライト・マイ・ファイアー(ハートに灯をつけて)
2. I′M A MAN
3. LEMON TEA
4. VIRUS CAPSULE
< PANTA UNIT >
5. THE END~TOMORROW NEVER KNOWS
6. WHITE RABBIT
7. ~SOMEBODY TO LOVE~T
8. ME QUE MU QUE
9. MONEY(THAT`S WHAT I WANT)
10. ROUTE 66
< JOHNNY THUNDERS UNIT >
] 11. JOEY
12. (I′m Not Your)STEPP IN STONE
< THE ROCK BAND UNIT >
13. ALL RIGHT NOW
14. ハヴユー・エヴァー・シーン・ザ・レイン
15. ゲザング・デ・ソルダーテン・デル・ローデン・アルメ
16. ~鼻からちょうちん
17. BONE TO BE WILD



【レビュー】
長らく廃盤になっていた作品ですが、最近、タワレコ限定で再発されたので、購入。
21世紀に入り乱造されるようになりましたが、発売当時は結構珍しかったカバー・オムニバスで、それなりに話題を呼んだ作品です。

発売当初から、若干、ピンと来ない感はあったのですが、今あらためて聴いてみると、正直、センスがないなあ、と率直に思います。

メンツとしては、Rock Band の仲野茂とPANTA が中心ということなののでしょうが、何というか、悪い意味で泥臭くて、仲間内感が出てしまっています。
それ以上に問題なのが選曲。
60年代ロックはいいとしても、ベタ中のベタが多くを占めていて、更には英語の発音も明らかによろしくない、と、もうこれはタチの悪いカラオケとしか言いようがありません。
ラストがBorn To Be Wild って、もう、下を向いてしまうレベルではないでしょうか。
「あえて」ではなく、本当にカッコいいと思ってセトリを決めていたと思われ、何というか、学祭のリハに紛れ込んでしまったようであります。

そんな中聴きどころもないわけではなく、一つはやはりJohnny Thundersで、これは伝説枠。
もう一つはケラ。
このメンツ、選曲の中で、メケメケをぶち込むのはかなりの荒技、アナーキー。
Jefferson Airplane のあとに美輪明宏って、もう、明らかに浮きまくっていて、最高に楽しくてしょうがありません。

上記した部分は十分貴重、聴く価値ありでして、そこに金を出せるか、というあたりが判断のしどころかと思われます。


【結論】
★3。
まあ、でも、すぐに廃盤になりそうではありますし、ストリーミング等で出てくる可能性は極めて低いので、メケメケのために買っておいてもいいかもしれません。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

GAN/有頂天


GANGAN

有頂天

商品詳細を見る



【曲目】
1. 君はG∧Nなのだ
2. B.C.
3. 壺
4. トーテムポール
5. キーマニア
6. G∩N
7. 大失敗’85
8. Sの終わり
9. 大失敗’85 (MOST FAILURE MIX)
10. B.C. (BONUS TRACKS)
11. 千の病を持つ男 (BONUS TRACKS)
12. キーマニア (BONUS TRACKS)
13. 君はG∧Nなのだ (BONUS TRACKS)
14. ドウブツたちの空 (BONUS TRACKS)



【レビュー】
今年になって突如として再発された、有頂天の4枚目。
このバンドやケラは、時々訳の分からない再発をしたりするのですが、本作も唐突で、非常にびっくりしました。

内容は有頂天成熟期(?)のピークで、隠れた名盤。
私自身は88年の発売時に購入していたので知らなかったのですが、ずっと廃盤だったとは、これは罪なお話です。

ガンを高らかに歌う1、歌詞がいつに増してシュールな4等、名作揃いであります。
ちなみに私は、4を聞いた後、町中や学校内でトーテムポールを見つけるとボーッと見つめてしまうという副作用をくらいました。

今回は、さらに、初出の89年フォークジャンボリーのライブ音源もついて、言うことなしです。
ていうか、やっぱ、まだまだあるんじゃないか、ライブ音源。
腹括って、ボックスで出してくれ、ホントに。



【結論】
★5。
意外と評価されてませんが、本当にタイトで完成度の高い作品、オススメです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

エレファントカシマシ/エレファントカシマシ


the elephant kashimashi 25th anniversary  great album deluxe edition series 1 「THE ELEPHANT KASHIMASHI」deluxe editionthe elephant kashimashi 25th anniversary great album deluxe edition series 1 「THE ELEPHANT KASHIMASHI」deluxe edition

エレファントカシマシ

商品詳細を見る



【曲目】
ディスク:1
1. ファイティングマン
2. デーデ
3. 星の砂
4. 浮き草
5. てって
6. 習わぬ経を読む男
7. BLUE DAYS
8. ゴクロウサン
9. 夢の中で
10. やさしさ
11. 花男
bonus track
ファイティングマン(NEW MIX)
習わぬ経を読む男(NEW
ディスク:2
1. おはよう こんにちは
2. 浮き草
3. デーデ
4. 星の砂
5. 夢の中で
6. ゴクロウサン
7. ふわふわ
8. 習わぬ経を読む男
9. ああ流浪の民よ
10. ポリスター
11. やさしさ
12. 花男
13. ファイティングマン
14. 待つ男



【レビュー】
25周年企画、ラストは、デビューアルバム+1988年渋谷公会堂ライブ。

1枚目は、以前もレビューしておりますが、素晴らしい作品です。

問題は、というか、さらに素晴らしい2枚目。
こんな音源、あるんですな。
演奏の勢いも、宮本の刺々しい煽りも、テンションが上がるの一言。
安穏と聴く感じではなく、1から、背筋が伸びてしまいます。

まあ、自分があまり音質を気にしないタイプなので、1枚目は正直従前のままでもいいかな、という感じですが、2枚目を避けて通ることは出来ず、必聴です。



【レビュー】
★5。
エレカシも、何と言うか買わざるを得ない小出しのドロップで、売り出し方が汚い感じがするのがイヤなのですが、今回は、快気祝いということで。
これ以上、こういう売り方が続くのなら、ボイコットも考えようかとは思っています。実行出来るかは別。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

エレファントカシマシⅡ/エレファントカシマシ


エレファント カシマシ IIエレファント カシマシ II

エレファントカシマシ

商品詳細を見る



【曲目】
1. 優しい川
2. おはようこんにちは
3. 金でもないかと
4. 土手
5. 太陽ギラギラ
6. サラリ□サラ□サラリ
7. ゲンカクGet Up Baby
8. ああ流浪の民よ
9. 自宅にて
10. 待つ男



【レビュー】
今調べたら、ファーストと同じ1988年発売のセカンドです。

そんな、ファーストから短期間であるにもかかわらず、エネルギー満タンの汗臭いセカンド。
よっぽど、メジャーデビューまでエネルギーが溜まってたんだろうな、と感心してしまします。

内容も、ファーストの延長というか、ファーストを更に凝縮したような作品。
宮本の独特の日本語センスは変わらず爆発しており、単なる挨拶の欺瞞を超ハードに歌い上げる2等は、聴いててしびれます。

少し進化が感じられるのが、売れることを考えたのか考えさせられたのか、例えば7などは、ちょっと遠目に聴いていれば、いい感じのバラード含みのロックにも聴こえます。
よく聴くと、宮本の悪意が感じられるのですが。

というわけで、ファーストに続いて必聴の作品であります。



【結論】
こちらも★5。
この、破壊とポップ、みたいなバランスはそうそう保たれるものではなく、この先、少しエレカシは変化していきます。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

エレファントカシマシ/エレファントカシマシ


エレファント カシマシエレファント カシマシ

エレファントカシマシ

商品詳細を見る



【曲目】
1. ファイティングマン
2. デーデ
3. 星の砂
4. 浮き草
5. てって
6. 習わぬ経を読む男
7. BLUE DAYS
8. ゴクロウサン
9. 夢の中で
10. やさしさ
11. 花男



【レビュー】
ということで、エレカシ、まずはファースト、1988年作品。
バブル絶頂期で、音楽的にも浮ついた時期に突如ドロップされた爆弾、でした。

とにかく、1から3。
特に、今でも取り上げられる2が必聴で、「金があればいい」「金が友達さ」は、今聞いても刺さるフレーズであります。

また、宮本のエキセントリックなヴォーカルは既に破格で、凡百のパンクは逃げ出すほど。
他方で、これはプロデュースの力なのか、変なアングラ臭も出ず、メジャー盤としてのバランスも保って、有る意味聴きやすい点も素晴らしいです。

つまりは、戦慄を覚える内容にもかかわらず非常にポップという、文句の無い作品であります。
エレカシは当初から完成されていたことを示すモノであり、今の新しいファンにも是非とも聴いて欲しい作品であります。


【結論】
★5。
文句無し、圧巻であります。
当時の映像作品も必見です。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Rank/The Smiths


RankRank

Smiths

商品詳細を見る



【曲目】

1. The Queen Is Dead
2. Panic
3. Vicar In A Tutu
4. Ask
5. Rusholme Ruffians
6. The Boy With The Thorn In His Side
7. What She Said
8. Is It Really So Strange?
9. Cemetry Gates
10. London
11. I Know Its Over
12. The Draize Train
13. Still Ill
14. Bigmouth Strikes Again


【レビュー】
自分が社会人になり、多少なりとも「大人になったな」と感じるのは、所謂「大人買い」が出来たときです。

さすがに少し逡巡したのですが、先日、Smiths のボックスセットを購入しました。
全アルバムがアナログ、CD、MP3コードで揃っており、7インチシングルも付いて、30,000円くらい。ジャケットが素晴らしいバンド故に決断できたのですが、改めて、Smiths を聴き直すきっかけにもなりました。

ということで、解散後に発表された本アルバム。
唯一のライブ盤です。

Smiths というと、とかく内省的な語られ方が多く、それも間違ってはいないのですが、本作を聴くと、強靭なライブ・バンドであったことが分かります。

オープニングのMorrissey の「Hello!」からメーターが振り切れており、続いて、直前に発表された1へとなだれ込み、そのままシングルヒットした2へ。
途中、若干ダレるところがなきにしもあらずなのですが、ラストの14では再びMorrissey が異様なテンションで、聴いていて息をのんでしまうほどです。

本作は、Morrissey のヴォーカルも素晴らしいのですが、何より、ドラムとベースのリズム隊が素晴らしく、否応なくアガってしまいます。
Johnny Marr のギターももちろんで、先の14のオープニング等は、悶絶してしまうほどのカッコよさです。

あらためて、素晴らしいバンドだったことを再確認でき、何故に来日してくれなかったのか、と未だに若干恨みを持ってしまうほどの作品であります。


【結論】
★5。
なぜかあまり取り上げられない作品なのですが、必聴であります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Lovesexy/Prince


LovesexyLovesexy

Prince

商品詳細を見る



【曲目】
1. Eye No/Alphabet St./Glam Slam/Anna Stesia/Dance On/Lovesexy/When 2 R In Love/I Wish You Heaven/Positivity


【レビュー】
まだまだ続く快進撃、1988年作品。

私は、レコードからCDへの以降が遅く、本作も最初はレコードで購入しました。
このお方に関しては慣れているつもりでしたが、それでもさすがに最初は「うっ」とくるジャケット。
レコードゆえ、どうしてもビッグサイズの Prince の胸毛に目が行き、グロさ倍増。
当然、親にも見せないようにそっと自室に運んだ記憶があります。

しかし、中身は素晴らしいの一言。
シングルカットされた「Alphabet St.」はじめ、前作にも入っていたバラードの「When 2 R In Love」。ラストの「Positivity」。
各曲のクオリティが異常に高いです。

比較的地味な印象があるアルバムですが、古びていない、クオリティの高さ、という点ではトップクラスのアルバムではないでしょうか。

この後、Prince は失速を見せ始めるのですが、それは次回に。


【結論】
★5。
CDは嫌がらせのように一曲扱いになっています。
後に、新聞に付録でつけたり、ネット配信を拒否したりと、偏屈ものの萌芽が見られます。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Imagine/Original Soundtrack

Imagine (Original Soundtrack)Imagine (Original Soundtrack)

John Lennon

商品詳細を見る



【曲目】
1. Real Love
2. Twist and Shout
3. Help!
4. In My Life
5. Strawberry Fields Forever
6. Day in the Life
7. Revolution
8. Ballad of John and Yoko
9. Julia
10. Don't Let Me Down
11. Give Peace a Chance
12. How?
13. Imagine [Rehearsal]
14. God
15. Mother
16. Stand by Me
17. Jealous Guy
18. Woman
19. Beautiful Boy (Darling Boy)
20. (Just Like) Starting Over
21. Imagine


【レビュー】
一応、命日なので。
あまりいい作品ではないですが、完全に忘れ去られようとしているので、これを機会に取り上げてみました。


John Lennon の映像や、トリビュート的作品は腐るほどあるのですが、本作は、その先駆けで、同名映画のサントラです。

曲目は、上記のとおりで、まあ、何というか、意図的に、極めてクセのない曲をチョイスしてあります。

その意図のとおり、おそらくはこの作品を一つのきっかけにして、この後、現在に至るまで、John は、愛と平和の伝道師的な聖人化が加速していくわけです。
その意味で、罪が深い作品と言えるでしょう。

聴きどころといえば、未発表の1と13くらいでしょうか。


ただ、映像は一応見ておいて損はないと思います。

ほとんど表に出てこない前妻のシンシアのインタビュー、2人の息子の言葉、自宅に入り込んだ気違いに応対するJohnなど、見どころは結構たくさんあります。
ちなみに、そのシンシアですが、激カワイイお方です。
全く、何を考えていたのか・・・。

↓  (映画のシーンではないですが、当時のシンシア)

e0012215_1933711_convert_20091216185942.jpg




また、ヨーコがそれほど出しゃばっていないのが要因か、あまり胡散臭さも感じず、ストレスなく最後まで楽しめます。


個人的な話ですが、公開当時、学校をサボって初日に見に行ったことを思い出しました。


【結論】
★1です。
ただし、DVDは★3。今では、投げ売りのような価格で売っているので、買って損はありません。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Covers/RCサクセション

COVERSCOVERS

RCサクセション

商品詳細を見る



【曲目】
1. 明日なき世界
2. 風に吹かれて
3. バラバラ
4. シークレット・エージェント・マン
5. ラヴ・ミー・テンダー
6. 黒くぬれ!
7. サマータイム・ブルース
8. マネー
9. サン・トワ・マミー
10. 悪い星の下に
11. イマジン


【レビュー】
前回に引き続いてRCサクセション作品。
今回は、発禁騒動を引き起こした 「Covers」 です。

発禁の概要はさておくとして(→Wikipedia)、正直、発禁にするほどの過激なものではないかと思います。
これは、今見ると、ということではなく、発売当時でも、「なぜ発禁?」と首をかしげる人が多かったと記憶しています。

また、「RCほどの大物バンドの作品を発禁にすれば、当然逆に話題性が増す。」ということすら予測できていなかった可能性があり、そんな東芝EMIのビジネスセンスにも疑いを禁じえません。


と、内容よりも発売経緯が語られることが多い本作品なのですが、その内容は、あまり完成度が高くないな、というのが感想です。

訳詞(というか替え歌)があまり鋭くなく、ライミングというか韻踏みもピンと来ないものが多いため、ゆえに、全体的に散漫な印象です。


私的には、高井麻巳子がヴォーカルでゲスト参加していたため(2など。)、「キヨシロー、まさか喰ったんじゃないだろうな。」とドキドキしていたことの印象が強いアルバムであります。
坂本冬美と組んだときは、そんなこと考えもしなかったのですが。


【結論】
★3です。
曰くつきの作品ですので、一度は聴いてみていいかと思う、といった感じです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Straight Outta Compton/N.W.A

Straight Outta ComptonStraight Outta Compton

N.W.A

商品詳細を見る



【曲目】
1. Straight Outta Compton
2. F _ _ _ tha Police
3. Gangsta Gangsta
4. If It Ain't Ruff
5. Parental Discretion Iz Advised
6. 8 Ball [Remix]
7. Something Like That
8. Express Yourself
9. Compton's in the House [Remix]
10. I Ain't Tha 1
11. Dopeman [Remix]
12. Quiet on tha Set
13. Something 2 Dance 2
14. Express Yourself [Extended Mix][*]
15. Bonus Beats [*]
16. Straight Outta Compton [Extended Mix][*]
17. B_ _ _ _ Iz a B _ _ _ _ [*]


【レビュー】
名盤シリーズ、Hiphop編です。

N.W.A、Niggaz With Attitude の頭文字。
メンバーには、Easy-E、Ice Cube、Dr.Dre。
fuck、gangsta、bitch、といったワードの数々。

ヒップホップの名盤、というと必ず出てくるアルバムであります。
私自身リアルタイムで聞いたのですが、「これは、大変なことになってるな」と、強い衝撃を受け、全くもって語彙が貧弱なのですが、「パンクが再来したな。」と自分勝手に納得した記憶があります。


本アルバムは、ギャングスタの走りであるとか、上述したようなワードから明らかなように怒りのアルバムであるとか、黒人の反逆だ、といった括りで語られることが多いかと思います。

確かにそういった側面はあり、それが魅力でもあるのですが、Easy-E のヴォーカルの艶っぽさも大きな魅力だと思います。

決してうまくはないのですが、バックの実力が確かゆえに、自由奔放にラップする Easy-E は、この上なくセクシャルであり、悪ガキのようでカッコイイです。
また、その結末を知っているからかもしれないのですが、儚さも感じられ、たまらんヴォーカルであります。


ダーティーなイメージが先行しており、避ける方もいるかと思うのですが、是非、一聴して損はないと思います。


【結論】
★4.5です。
これまた余計なことですが、ボーナストラックはいりません。というか、別ディスクにして欲しいです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード