不死身のタイマーズ/The Timers




【曲目】
1 ヘリコプター
2 夢のかけ橋
3 ゴミ
4 障害者と健常者
5 あこがれの北朝鮮
6 ブツ
7 トルエン
8 お前の股ぐら
9 イツミさん
10 トカレフ(精神異常者)
11 不死身のタイマーズ
12 リプライズ
13 最後の御挨拶



【レビュー】
前に、「復活!! THE TIMERS」をレビューしたときに少し触れたのですが、同作と同時期に発売された、こちらはインディーズ盤。

なぜゆえインディーズ盤か、というのは一目瞭然で、4あたりからは、もう、タイトルだけで完全にアウト。
清志郎、ではなく Zerryでしたが、ともかく、「彼・ここにあり」、と言えるでしょう。

で、中身としては、ちょいと行き過ぎなところも多いわけです。
逸見政孝をモチーフにした9なんかは、はっきり言ってやりすぎ、同人への冒涜と言われても止むを得ない。
医療への皮肉みたいな内容なのですが、ピント外れにも程があり、清志郎信者の私でも、正直引いてしまいます。

前回も触れましたが、Covers騒動以来、清志郎は一種の躁状態になっていて、権力の匂いがするものにはかたっぱしから噛みついていた感があります。
その暴走極まったのが本作で、ちょいとやり過ぎ、ユーモアが無い、といったところも随所に見受けられます。

他方で、5なんかは、個人的にはTimers 屈指の名曲。
個々の曲の完成度にはバラツキがあり、無意味に長かったりもするのですが、まあ、とにかく、エネルギーが爆発して手がつけられなかったということなのでしょう。

まとまりは本当に無いですが、貴重な貴重な作品です。


【結論】
★4.5。
相変わらず高値取引されている作品。
再発、まあ、ほぼほぼ無理でしょうねえ。
なのですが、ファンなら、何とか手に入れて聞いてほしいです。
ヴォーカルの人の、この前後くらいからすっと脂が抜けていった感じも(でも作品は良かったりします。)、なかなかに感慨深いですね。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

セシルのブルース/小島麻由美




【曲目】
1. おしゃべり!おしゃべり!
2. セシルのブルース
3. スキャット・ブルース
4. 恋の極楽特急
5. 先生のお気に入り
6. ディビ・ドゥビ・ダー
7. 蜜蜂
8. 結婚相談所
9. ろば
10. 皆殺しのブルース (インストゥルメンタル)



【レビュー】
小島麻由美は、長らく、嫌い、というか苦手でした。

オリーブ(雑誌の)っぽい雰囲気、リセエンヌ風、渋谷系、シャレオツ。
ついでに、ちょいブスながら堂々としている。

もう、リアルが不充実で、AVばっかり見ていた私のような男子にとっては、最悪の食い合わせ。
なんで、音楽自体は魅力的とは認めつつも、遠い世界の人ということで、避けてきたのであります。

で、時が流れて、そんな無意味な自意識も薄れたためか、ふとした勢いで、「セシルの季節」を購入。
本作を含む、初期作品のボックス・セット。

聴いてみて、何で、オリジナルのときにきちんと聴いてこなかったかなあ、と後悔しきりなのです。

作品のそこかしこに漂うパリ感、シャレオツ感も、いい意味でつまみ食いしているだけというか、パリにかぶれてなんかいませんでした。
むしろ、歌詞を見ると、そういった似非パリジェンヌを突き放しているというか、時として病んでいるような箇所もあり、かなり作品としてクオリティが高いのであります。
シングルになった5、8なんて、かなりハイセンスでありつつ毒っ気も混じった、ポップスの名作であります。

挙げ句の果てに、自分が渋谷系になりきれていないことが不満とか言うポンコツ振り(インタビュー記事)。

今更ながら、すっかりやられてしまいました。
まだまだ現役なので、今後とも追いかけて行く所存であります。



【結論】
★5。
文句無し。
小島麻由美作のジャケのイヤな感じも最高であります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Rid Of Me/PJ Harvey





【曲目】
1 Rid Of Me
2 Missed
3 Legs
4 Rub 'Till It Bleeds
5 Hook
6 Man-Size (Sextet)
7 Highway '61 Revisited
8 50 Ft Queenie
9 Yuri-G
10 Man-Size
11 Dry
12 Me-Jane
13 Snake
14 Ecstasy


【レビュー】
前回の続きというか流れですが、PJ のメジャー・デビュー・アルバム。

そもそも我が国では知名度もさほどではないのでしょうが、それにしても情報が少なく、一体この人は何者なのか、というのは未だにさっぱり分からない状況であります。

が、その中でも、恐らくは彼女のパブリック・イメージを形付けたのがこの作品。
乾いている、挑戦的、白黒。

何よりヴォーカルが呪詛的で怖いのですが、タイトルとリリックも、もう、怖いとしか。

例えば、1のラストは、足舐めろ。
Lick my legs and and I’m on fire.
Lick my legs and and I’m desire.
足舐めろ。

6と10は、タイトルそのものがチンコ・サイズ。

女性にこんなこと歌われたらただでさえ半泣きですが、この方がジャケ写みたいな感じで登場したら、少なくとも数日はインポになること間違いなし。

しかし、音数少なく迫力満点、ロックとはトラウマなり、ということで、絶対に聴くべき1枚であります。



【結論】
★4.5。
公式HPにリリック集があって便利でした。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Hits & B-Sides/Prince




【曲目】
Disc:1
1. When Doves Cry [Edit LP Version]
2. Pop Life
3. Soft And Wet
4. I Feel For You (LP Version)
5. Why You Wanna Treat Me So Bad? (LP Version)
6. When You Were Mine
7. Uptown [Single Version]
8. Let's Go Crazy
9. 1999 [Edit]
10. I Could Never Take The Place Of Your Man
11. Nothing Compares 2 U ( LP Version)
12. Adore
13. Pink Cashmere
14. Alphabet St. (LP Version)
15. Sign 'O' The Times [Single Version]
16. Thieves In The Temple
17. Diamonds And Pearls [Edit]
18. 7 (Album Version)

Disc:2
1. Controversy
2. Dirty Mind
3. I Wanna Be Your Lover [Single Version]
4. Head
5. "Do Me, Baby"
6. Delirious
7. Little Red Corvette
8. I Would Die 4 U (LP Version)
9. Raspberry Beret
10. If I Was Your Girlfriend
11. Kiss
12. Peach
13. U Got The Look
14. Sexy M.F.
15. Gett Off ( LP Version)
16. Cream
17. Pope
18. Purple Rain (LP Version)

Disc:3
1. Hello(B-side of "Pop Life")
 2. 200 Balloons(B-side of "Batdance")
 3. Escape(B-side of "Glam Slam")
 4. Gotta Stop (Messin' Around)(B-side of "Let's Work")
 5. Horny Toad(B-side of "Delirious")
 6. Feel U Up(B-side of "Partyman")
 7. Girl(B-side of "America")
 8. I Love U In Me(B-side of "The Arms of Orion” and “Insatiable")
 9. Erotic City(B-side of "Let's Go Crazy")
 10. Shockadelica(B-side of "If I Was Your Girlfriend")
 11. Irresistable Bitch(B-side of "Let's Pretend We're Married")
 12. Scarlet Pussy(B-side of I Wish U Heaven")
 13. La, La, La, He, He, Hee(B-side of "Sign o' the Times")
 14. She's Always In My Hair(B-side of "Raspberry Beret")
 15. 17 Days(B-side of When Doves Cry")
 16. How Come U Don't Call Me Anymore(B-side of "1999")
 17. Another Lonely Christmas(B-side of "I Would Die 4 U")
 18. God(B-side of "Purple Rain")
 19. 4 The Tears In Your Eyes(previously unreleased track)
 20. Power Fantastic(previously unreleased track, outtake)



【レビュー】
最後に、本作を紹介して、一旦、Prince レビューを終了します。
もっとも、そのうち、山ほどある未発表曲や、リマスターなどが出まくると思いますので、その際にはあらためて取り上げてみたいと思います。

さて本作、所謂ベスト盤です。
Disc1と2が代表曲であり、中には未発表曲もあったりして、これはこれで、コンパクトにまとまっていていいのですが、やっぱり白眉はB面集のDisc3です。

Disc3の「曲目」には、A面曲を記載したアマゾンのレビュワーの記載をコピペしておきましたが、錚々たるラインナップ。
「隠れた名曲」というレベルではなく、普通に、A面曲と変わらないクオリティ。
ある意味、絶頂期のPrince の凄みが一番分かるディスクかもしれません。

個人的には、8、14、そして、神々しいとしか言いようがない18あたりが聴きどころ。

オリジナル作品のボリュームがハンパないため、後回しになりがちですが、是非、押さえておきたい作品であります。


【結論】
★5。
B面集も、もう一度、全曲揃える形で出して欲しいですね。
12インチも、もちろん。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

カラフルメリイが降った街/有頂天




【曲目】
1. ニュース
2. アローン・アゲイン
3. 1990年のカラフルメリィ
4. 最悪の接触[ワースト・コンタクト]
5. デイアフターズ・アフター[居眠り姫,レミニッセンスをキカイにたたきこむ]
6. SHEEL SHOCK
7. EVERYDAY BIRTHDAY’S TRIP
8. TOKYO FUCK ELEPHANTS
9. ダイヤル0[ゼロ]
10. 有頂天のドレミの唄
11. SUPER■■■■■■R&R SHOW
12. なんでもない街[居眠り姫バラバラ事件]
13. それでも地球は曲がっている。
14. 2090年のクーデターテープ
15. いつもの軽い致命傷の朝
16. HAPPY SLEEP



【レビュー】
12月12日、新宿ロフトで、シンセサイザーズ&有頂天のライブがあり、足を運んで参りました。
有頂天のセットリストはこちら。

そしてセットリスト1 アローン・アゲイン2 猫が歌う希望3 進化論4 シュルシュルシュール5 みつけ鳥6 ダイヤル07 新曲18 新曲29 べにくじら10 東京キリン駅11 ルール12 一週間13 心の旅14 Happy Sleepen Bye-Bye ホワイトソング

Posted by 有頂天 on 2015年12月13日


ということで、オープニングを飾った「アローン・アゲイン」が入っている本作をレビューします。

EMIに移籍して最初のアルバムで、この頃になると、初期のイカレポンチ具合は一見薄くなり、まともなニューウェイブバンド色が強くなってきています。
しかし皮一枚剥けば、ケラという人はブレずに独特でして、アッチに持っていかれそうになるというか、ある意味非常にドラッギー。

当の2にしても、ギルバート・オザリバンの原曲は崩しまくってるのはもちろんのこと、歌詞の意味不明度は純化しており、まともに追っていくと疲弊して崩れてしまいます。
同じくカヴァー(?)の10も、もう、何が何だか。

でも、それがとんでもない中毒性を持っているのも確かで、だからこそ、今でも再結成が十分ビジネスになっているわけです。

本作は、ディグコグラフィーの中では比較的地味ですが、ケラの狂気がよくかいま見える作品であります。



【結論】
★4。
ライブは、本当に、これまでの人生でもベスト級でした。
ケラ、体重は2倍、サービス精神2倍、セットリストも絶妙で、今後、可能な限り追っていきたいと思っております。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Rave Un 2 The Joy Fantastic/Prince





【曲目】
1. Rave Un2 The Joy Fantastic
2. Undisputed
3. The Greatest Romance Ever Sold
4. Segue
5. Hot Wit U
6. Tangerine
7. So Far, So Pleased
8. The Sun, The Moon And Stars
9. Everyday Is A Winding Road
10. Segue
11. ManOwar
12. Baby Knows
13. I Love U, But I Don't Trust U Anymore
14. Silly Game
15. Strange But True
16. Wherever U Go, Whatever U Do
17. Interlude
18. Prettyman



【レビュー】
90年代Prince、重要作・問題作をかなり飛ばしてしまったのですが、最後に、世紀末である1999年発売の本作。

「Batdance」あたりから怪しくなって、Prince は、あっちゃこっちゃ迷走し始めます。
曲数を無闇に増やしたり、売れ線狙って滑ったりと、それはそれはもどかしい日々だったのですが、ようやく、少しだけ「あ、帰って来た」と感じられたのが本作。

超ポップなメロ、ギターがうねる、そしてプリの裏声。
私も含めた80年代からのファンは、非常に歓喜致しました。

もちろん、チャートを支配し狂っていた80年代のようにはいかず、何というか、「Princeが、かつての自分に寄ってきた、演じ始めた。」感も否定できないところではあったのですが、それでも耳に心地よく嬉しかったわけです。
7なんぞは、90年代を代表するバラードなのではないでしょうか。

本作もかなり忘れられており、まあ、発売年の「1999」には及ばないものの、再評価に値する作品だと思います。


【結論】
★4。
この方の過去作が手に入りにくくなっているのは由々しき事態でして、活動歴も長いのですから、そろそろアーカイヴの整理も行って欲しいものです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Come/Prince




【曲目】
1. Come
2. Space
3. Pheromone
4. Loose!
5. Papa
6. Race
7. Dark
8. Solo
9. Letitgo
10. Orgasm



【レビュー】
ちょいと飛んで、今度は1994年作品。
個人的には、90年代 Prince の最高傑作です。

良く知られていることではありますが、ジャケットには「Prince 1958-1993」の文字。
ワーナーと大揉めに揉めていた時期で、Prince という名前も捨てようとしていた頃。

という背景事情からすると、契約履行のための捨てアルバム、と思えそうで、現に、私自身も、地味でPrince 特有のフェイクが少なく、発売当時はあんまりのめりこめなかったのです。
なんか、もう、シンボルマークとか訳分かんなかったし。

しかし、後年聴きなおしてみると、実に質の高い一品でありました。
作品全体は、トータルとしてファンク。
1曲目から10分を超える大曲なのですが、装飾を削ぎ落とした、実に心地よいファンクです。

その後も、地味ながらリズムが強靭な曲が並びます。
ラストに、喘ぎ声、しかも、聴いているこっちが勃起しかけたところで自身の声も混ぜてフィニッシュするあたりの自己顕示欲も、Prince 節爆発。

この時期のライブを見てみたかったな、とつくづく思わされる次第です。



【結論】
★4.5。
あんまり顧みられない作品ですが、是非、お手にとっていただきたく思いますです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Diamond And Pearls/Prince




【曲目】
1. Thunder
2. Daddy Pop
3. Diamonds And Pearls
4. Cream (W/O Rap Monologue)
5. Strollin'
6. Willing And Able
7. Gett Off
8. Walk Don't Walk
9. Jughead
10. Money Don't Matter 2 Night
11. Push
12. Insatiable
13. Live 4 Love



【レビュー】
続いて、Diamond And Pearls。

恐らくは、Prince が売れようと意図して、極度にポップに寄って、本当に売れた作品。
その意味では、「Purple Rain 」と同じ系統かもしれません。

前作よりもバラエティに富んでおり、非常に聴きやすいです。
甘ったるいシングルの4、HipHop的な7、名曲の誉れ高い10、など、弾も揃っています。

ただなー。
やっぱ、冗長な感は否めず。
どの曲も60点以上はあるんですけど、60-60-90-75とか来ると、全体的なクオリティは高くても、ダレるのですよね。
パイオツで言えば、Dカップ-Dカップ-Fカップ-Dカップ-Hカップ-Eカップ、とかくると、Dなんてピクリとも反応しなくなるわけで、それと同じかと。

10曲、40分のアルバムなら、かなりの良作になったはずで、その点はちと残念です。
CD時代があと10年遅く、アナログオンリーであれば、本作も名盤になったのではないか、と思う次第であります。



【結論】
★3.5。
惜しいんですよね。多作傾向が裏目に出た感じです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Graffiti Bridge/Prince




【曲目】
1. Can't Stop This Feeling I Got
2. New Power Generation
3. Release It
4. The Question Of U
5. Elephants & Flowers
6. Round & Round
7. We Can Funk
8. Joy In Repetition
9. Love Machine
10. Tick, Tick, Bang
11. Shake!
12. Thieves In The Temple
13. The Latest Fashion
14. Melody Cool
15. Still Would Stand All Time
16. Graffiti Bridge
17. New Power Generation (Pt II)



【レビュー】
前回、Prince の新作を取り上げてみましたが、矜持、西寺郷太氏の「プリンス論」なんて本が出ており、非常に楽しく読みました。
80年代や、ごく最近だけでなく、満遍なくディスコグラフィをさらっているのが嬉しいところです。

ということで、これを機に90年代のPrince を振り返ってみたいと思います。

「Batman」は超売れ線に意図的にコミットした企画モノとしてスルーするとして、その前が、世紀の変態アルバムの「Lovesexy」。
もう、この人はどこに向かっていくんだろう、と期待と不安(期待が9割)が入り混じっていたところにドロップされたのが本作品。

で・・。
私は、この作品から、少しずつPrince から距離を取ることになります。
いや、もともと大好きだったので、それでも新作は必ず発売日に聴くくらいではあるのですが、もう、一日中聴いていたい、という状態からは外れていきます。

まず、とにかく長い。ダレる。
曲のクオリティも、差が大きくなってきて、オープニングの1から4あたりまでは、相当いい感じなのですが、途中はダラッとしてる感が否めません。
George Clinton とのコラボの7、Elisa のヴォーカルが耳に引っかかる9、ラス前の16なんかは今でもいい曲だと思うのですが、それらにたどり着くまでが平板で、思考が止まってしまいます。

当時は、Revolution の存在が大きかったのかな、と思いましたが、要はさすがにオーバーワークで、曲のクオリティ等について訳が分からなくなっていたのかもしれません。

個人的には、Prince ファンとして冷静になるきっかけとなってしまった本作。
というわけで、しばらく、暗黒の90年代Prince を探っていきたいと思います。



【結論】
★2.5。
残念ながら、今となってもほとんど聴かない作品の一つであります。
本当に、悪くないんですけど、いかんせん冗長であります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

空からの力/キングギドラ





【曲目】
1. 未確認飛行物体接近中 (急接近 MIX)
2. 登場
3. 見まわそう
4. 大掃除
5. コードナンバー0117
6. フリースタイル・ダンジョン
7. 空からの力 ~Interlude
8. 空からの力 Part 2
9. 星の死阻止
10. 地下鉄 試聴する
11. スタア誕生
12. 行方不明
13. 真実の弾丸
14. コネクション ~Outro



【レビュー】
アマゾンのリンクは、先日発売された25周年盤。
言わずと知れた、ジャパニーズ・ヒップホップの金字塔というか、先駆的というか、「状況を変えた」作品であります。

もうちょい細かく考えてみると、日本のヒップホップの流れは、キングギドラが作ったということだと思います。
良い意味では、英語じゃなきゃ伝わらない、作れないと言われていたところ、ほぼ日本語のリリックで固めた作品を出した。
悪い意味では、Zeebra の若干スベった俺様キャラが、揶揄されつつ伝搬した。

後者は色々と語られているところで、まあ、彼自身にも残念な言動は多く、しょうがない面もあるかと。
ただ、前者については、もっと高評価されてもいいと思うのですね。
本作は、時代背景的にもオールド・スクール的な色合いで、リリックの詰め込み方も程よく(過剰に詰め込みすぎていない)、本当に後世に残る作品だと思います。

特に、4とか11とかは、今後も残っていくのではないでしょうか。

今やdisられる側に回ることも多い彼らですが、それはそれ、これはこれ、で必聴の作品であります。



【結論】
★5。
で、一応は再々度動き始めたとのことで、ニューアルバムは?

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード