The Final/Wham!




【曲目】
1. Wham Rap! (Enjoy What You Do?)
2. Young Guns (Go For It!)
3. Bad Boys
4. Club Tropicana
5. Wake Me Up Before You Go Go
6. Careless Whisper
7. Freedom
8. Last Christmas (Pudding Mix)
9. Everything She Wants (Remix)
10. I'm Your Man
11. A Different Corner
12. Battlestations
13. Where Did Your Heart Go?
14. The Edge Of Heaven



【レビュー】
で、今度はWham! です。

1971年生まれの自分にとっては、Wham! は、音楽を聴き始めた時期に大ブレイクした、まさにリアルタイムのユニット。
当然、各曲とも、今だに体に染みついていることは否定出来ません。

同時に、当時はそんな言葉は知らなかったですが、セルアウトした、売れ線に走っている、揶揄されるべき存在でもあったわけで、当時、満面の笑顔で「Wham! が好き」という者はそうそういなかったと記憶しております。

しかし30年が経った今、あらためて聴きなおしてみると、やはりそのポップ・センスは尋常ではなく。
日本ではとかく8が代表曲とされがちですが、その他のクオリティもハンパではなく、特に前半は、どこをどう切り取っても燦々とした太陽が目に浮かぶような煌びやかな作品ばかり。

鬱屈して、羨ましくもあり避けたくもあり、でも耳にはどうしても残ってしまって、といった、非常に不安定な聴き方をしていた中学生時代を思い出してしまいます。

まあ、発売した正式アルバムも少ないので、アルバム単位で聴いた方がいいんですが、一応は前述の8がオリジナル・アルバムには未収録なことと、終盤はかなりアーティスティックに変化する兆しがうかがえることから、今回はベスト・アルバムにしました。
いずれにしても、食わず嫌いをしないことが重要です。


【結論】
★4。
繰り返しになりますが、Wham! は8だけではないのです。
個人的なベスト・ソングは10。
8は、当時、国内盤のシングルを持っていたのですが、金が底をついて600円くらいで売ってしまったことがあり、数年後、激烈に後悔したのであります。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Faith/George Michael




【曲目】
1. "Faith"
2. "Father Figure"
3. "I Want Your Sex (Parts I and II)"
4. "One More Try"
5. "Hard Day"
6. "Hand to Mouth"
7. "Look at Your Hands" (writers: Michael, David Austin)
8. "Monkey"
9. "Kissing a Fool"



【レビュー】
さて、新年なのですが、昨年は、実に色々なミュージシャンが逝去しました。

まあ、ミュージシャンといえども年を取るのはしょうがないのですが、最後の最後、12月25日に、大物のGeorge Michael が(12月20日までの物故者の詳細はこちら。)。

何せ、まだ53歳。
死因は心不全とのことですが、詳細は不明。
正直、そこまで追いかけてはいなかったし、熱心とまでは言えないリスナーだったのですが、ソロ作の中で本作だけは狂ったように聴いていたので、なかなかにショックでした。

私は1971年生まれなのですが、おそらく、同世代の洋楽に触れていた人間にとっては、非常に印象深い作品。
MTVというメディアが絶頂期を迎えており、スタイリッシュなMVと相まって、要は、毎日毎日どこかしらで流れていた楽曲がてんこ盛りで、この先も耳に残っていくであろうと思われます。

内容のクオリティもハンパなく、Wham! 時代には分からなかったソウル・フリーク振りも爆発。
1なんぞはソウルの消化っぷりがお見事で、シビれるオープニング、ファンキーなヴォーカルなど文句のつけようがなく、個人的には、生涯のベスト10候補に入る名作。

ともあれ、この先も絶対に残すべき、80年代最高の作品の一つであります。


【結論】
★5。
文句なし。カッコよすぎます。
大仰振りも含め、本作の全てを表している、1のMVを貼っておきます。
合掌。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

穴があったら出たい/Super Slump

スーパー



【曲目】
A-1 インドで生まれてインド人
A-2 はぢける若さ
A-3 さわりたい
B-1 健康になりたい
B-2 あっふ(AH-FU)
B-3 尻の穴から出たい


【レビュー】
ちょいと、懐かしい作品を。

かつて、爆風スランプのサンプラザ中野とパッパラー河合が所属していたことで有名な、Super Slumpの自主盤ミニアルバム。
再販が熱望されることもなく、当時発売されたっきり(ジャケットの画像は拾いです。)。
さりとて、中古市場で値がついているという話も聞かず、寂しい限りです。

私は、当時爆風スランプが結構好きで、その流れでこのレコードを購入しました。
しかし、爆風スランプが、良くも悪くもサンプラザ中野の知的な部分が見え隠れしていたのと異なり、こちらは、タイトルから推して知るべしの徹底したバカバカしさであります。
なにげに演奏がうまかったりするのが、逆にやっかいというか、より阿呆さを感じさせます。

A-1は単なるインド人の様子の歌、A-3は痴漢の歌(しかも、女子メンバーがコーラス。)。
そして、クライマックスのB-3は、尻の穴がかゆい、という歌。しかも、最後まで、尻の穴がかゆい理由が明らかになりませんし、対処方法も決まらないままです。

その後、サンプラザ中野はだんだん説教臭くなり、近時は相当微妙なことになっているのですが(こちらの本など。)、かつてのバンド仲間の曲でも聴き返して、初心に戻っていただければな、と個人的には思っております。


【結論】
あまりお金を出して買う類のものではないですが、★3くらいは。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Meat Is Murder/The Smiths




【曲目】
1. "The Headmaster Ritual" 4:52
2. "Rusholme Ruffians" 4:20
3. "I Want the One I Can't Have" 3:14
4. "What She Said" 2:42
5. "That Joke Isn't Funny Anymore" 4:59
6. "Nowhere Fast" 2:37
7. "Well I Wonder" 4:00
8. "Barbarism Begins at Home" 6:57
9. "Meat Is Murder" 6:06


【レビュー】
前回の流れで、言わずと知れた、Smiths の代表作の一つをレビューします。
9月28日のMorrissey ライブでも、アンコールで4、この方のテーマ曲でもある9、の2つがピックされておりました。

名盤の誉れ高い本作ですが、今聴いても素晴らしいです。
9をはじめとするMorrissey の病的なリリック、Johnny Marr の神経質なギターはもちろんなのですが、今回あらためて聴き直して、リズム隊が非常にしっかりしているなと。
今回のライブで演奏された4ですが、正直、ライブ映えするという印象はなかったのですが、下手したら踊れるくらいにリズムが強靭な曲だった、という発見もありました。

で、アルバムタイトルでもある9。
先のライブでも、メインテーマ的に長尺を取られており、挙げ句がこれです。
o0480036013761042062.jpg


発売当時から、なんぼ何でもメンドくさい曲だな、と思っていたのですが、30年後に、屠殺の映像をバックに長々と聴かされ、最後にこれを流されたので、もう勘弁して欲しいなと。

しかし、この方には、「これがまたMorrissey」と思わせるだけのコクがあります。
他方で、長年のリスナーも、「それはそれ、これはこれ」と聴き流して、帰りには肉を喰うというタフさを備えております。

そこはMorrissey も多分分かっていて、もうほとんどプロレス的なのですが、ともあれ、丸くならず、我々に刃物を突きつけて欲しい、と真に思っております。



【結論】
★5。
極端なメッセージの捉え方は人それぞれですが、とにかく聴き手に何かしらを突きつけてくるのは確かで、それは今でも全く色あせておりません。
必聴であります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

N.W.A. & Posse/N.W.A.




【曲目】
1. Boyz-N-The Hood
2. 8 Ball
3. Dunk The Funk
4. A Bitch Iz A Bitch
5. Drink It Up
6. Panic Zone
7. L.A. Is The Place
8. Dope Man
9. Tuffest Man Alive
10. Fat Girl
11. 3 The Hard Way



【レビュー】
映画館には行けなかったのですが、DVDが発売になりまして、ようやく見れた「Straight Outta Compton」。

言うまでもなく、あのN.W.A.の歴史を描いた作品であり、かつ、青春ものというか、メンバーの友情や確執を描いたバディものとしても、とても素晴らしい作品でした。

今回は、N.W.A.のファーストというか、N.W.A.前夜のコンピというか、そんな、アバウトな位置づけの本作をレビューしてみます。

まあ、寄せ集めは寄せ集めなので、「Straight Outta Compton」(アルバムの方)みたいなまとまり、コンセプト色は薄い。

なのですが、とにかく、若い、勢いがいい。
まずは1に尽きます。

Easy-Eの、マヌケに近い下手っぴなラップですが、とにかくカッコいい。
悪ガキそのもので、色っぽいと言っても過言ではない声の張りが素晴らしいです。

その他も、4、8といった初期の名作、「Twist&Shout」の超脱力カバーというか替え歌の5など、聞き所は多いです。

今振り返ってみると、「全てはここから始まった」なのですが、刹那的で長続きしなかったN.W.A.、そして、早世したEasy-Eを思うと、なかなかに切なくなる作品であります。



【結論】
★4。
ちなみに、映画「Straight Outta Compton」は、この本を読むべし。
丸屋久兵衛のめんどくさい感じが前回なのですが、そこはガマン。
とにかく、飛び抜けて詳しいので、資料的価値は抜群です。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

南蛮渡来/暗黒大陸じゃがたら




【曲目】
1. でも・デモ・DEMO
2. 季節のおわり
3. BABY
4. タンゴ
5. アジテーション
6. ヴァギナ・FUCK
7. FADE OUT
8. クニナマシェ
9. 元祖家族百景
10. ウォークマンのテーマ



【レビュー】
前回、Fools のところで話を出した、じゃがたら。
もとい、本作発表時は「暗黒大陸じゃがたら」。

過激エピソードが有名で、ステージでは流血、脱糞。
江戸アケミは、精神的に非常に具合が悪く、スピンアウトを経て、最終的に、1990年に死亡。

で、このグループは、そんなアングラなエピソードからは想像しがたいファンク色に溢れ、非常に強靭なリズムを持っていたわけです。
本作、最後まで、太い音がこれでもかとうねっており、凡百の、暴れることがパンクと勘違いしていたようなグループを一捻りする曲の力を感じます。

東京ロッカーズを経て、スターリンだの非常階段だのの人気がうなぎ上りだった時期、相当に異形であったことは想像に難くありません。

おそらく、多少年を取っても現役感あふれる作品を作ってくれただろうことは想像に難くなく、江戸アケミの死亡がつくづく早かったことが悔やまれます。


【結論】
★4。
インディーズと言ってもパンクばかりではなく、こんなグループもいた、という80年代シーンの懐の深さを感じます。
なお、9と10はボートラで、良曲ながらも些かラフな仕上がりであり、やはり、本作からは浮いてます。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Weed War/フールズ




【曲目】
1. MR.FREEDOM
2. GIVE ME 'CHANCE'
3. WASTIN' TIME,OFF YOUR BEAT
4. いつだってそうさ
5. わけなんかないさ
6. つくり話
7. 空を見上げて



【レビュー】
80年代の隙間回顧、タコに続いて、フールズ。

ヴォーカル、伊藤耕。
逮捕歴は、いっぱい。
伊藤耕は、無罪→逆転有罪を経て、今現在も入っている(公式HPのバイオグラフはこちら)。
体はどう見ても頑健には見えないのですが、出入りを繰り返しても何故かタフネスを感じさせる男。

私は、弁護士なんていう仕事をしており、さほど数が多くはないものの、ドラッグで人生誤った人はそこそこ見ております。
シャブで人生だめにする人が多いのは事実なのですが、稀に、クスリをコントロール仕切っているような人もおり、この方もそのクチなのでは、と睨んでおります。

なんて背景事情があるのですが、本作は、そんなフールズのデビュー作、1984年作品。

「インディーズの名作」の括りでは必ず出てくる作品で、クスリ禍のイメージもあってか、「ルーズでギターでロック」という印象を持ちがちなのです。私も、そんなイメージを持っていました。

しかし、聴いてびっくり、大ファンク。
川田良という、これまた友人になりたくないようなギタリストのギターは Faces 的なカッコ良さと相まって、ファンク・ロックの最高峰に位置するのではないでしょうか。
亡くなられたのは、非常に惜しいですね。

84年という時代を考えると、じゃがたらという先駆者はいたとはいえ、相当、本流から外れた異質な存在だったのではと思われますが、出会えて良かった、と心の底から思わせる作品です。

褒め言葉で、本当に、人を堕落させる音楽なのではないでしょうか。
アウトローで、明るくて、キマってて、と、揃いも揃った反体制バンド。

80年代、こんな素晴らしいバンドがあったのであります。


【結論】
★5。
とにかく、カッコいいです。
itunes から見つかったら自分の子どもにどうやって説明するか、今からドキドキであります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

タコ/タコ




【曲目】
1.免疫
2.仏の顔は今日も三度までだった
3.きらら
4.赤い旅団
5.人捨て節
6.嘔吐中枢は世界の源
7.エニグラム
8.Intro at 日比谷野音 1981.8.15
9.な・い・し・ょのエンペラーマジック
10.鵺
11.人質ファンク
12.非情の生殺し
13.小さなチベット人
14.宇宙人の春



【レビュー】
2016年にもなると、80年代を思い出すのも徐々に困難になってくるわけで。
40代半ば世代の人間が、まだボケないうちに、当時の記憶を書き出しておく必要があるのでは、と思い始めておるのです。

一般的には、世相としてはバブルでジュリアナでNTT株、音楽としてはマイケル・ジャクソン、MTV、おニャン子クラブ、みたいなステレオタイプの紹介が多いわけです。
それはそれで間違っていないのですが、やっぱり表層的なもので、明るくも暗い、知性があるような無いようで、といったアングラ・シーンも確実に存在しておりまして、少し、そういった雰囲気のある作品を取り上げてみたいと思います。

で、タコ。

私も良く知らなかったのですが、バンド名ではなく、山崎春美という、インディ-ズのトリック・スター的な人のコンセプト名、とでも捉えた方が正しいみたいです。

内容はもう説明不能に近いのですが、放送禁止用語は出てくるし、パンクを履き違えたような暗さに支配されているし、二流のインディーズ作品にも聴こえてしまいます。
なのですが、不思議なことに、聴き返したく魅力はあるのですね。

ゲストが、町田町蔵、遠藤ミチロウ、坂本龍一といったビッグネーム。
おそらくは山崎春美という人の人徳によるのでしょうが、非常にリラックスして、しかも「一メンバー」に過ぎない立場で参加しており、聴いていても刹那的にはならず、非常に楽しめるアングラ作品になっているのです。

そういった背景事情をある程度認識して聴くべき、という限定付きではありますが、80年代の、お気楽なアングラ、という非常に特異なシーンを切り取った作品です。
そういった特殊世界がお好きな方は、避けないで入手すべきであります。


【結論】
★3.5。
ちなみに坂本龍一は、タイトルから分かるとおり9に参加。
YMOが売れに売れていた時期にこんなことをやっていた、というところに、80年代の懐の深さを感じさせます。
ちなみに、4には香山リカが参加しているようです。
これも、後の彼女のスタンスを考えると、非常に感慨深いものがあります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Dirty Mind/Prince




【曲目】
1 Dirty Mind
2 When You Were Mine
3 Do It All Night
4 Gotta Broken Heart Again
5 Uptown
6 Head
7 Sister
8 Partyup



【レビュー】
まだ傷は癒えず、引き続きPrince 。
続いては80年発表のサードです。

何は無くともまあ酷いジャケで、1980年当時、本作を手にするのは相当の勇気がいったであろうと推測されます。
しかも、アナログのデカさ。
私も、最初はアナログで入手したのですが、オカンに見られたら完全にアウトゆえ、確実に自宅に帰ってこない時間帯にしか聴けなかった記憶があります。

なんて、どうしてもビジュアルが先に注目されてしまう本作なのですが、内容は素晴らしい。
よく言われることですが、本作はほとんどデモに近い内容で、音はスカスカ。
後年、Prince は「Come」でも、同様の手法を取るのですが、音数の少なさとシンプルさが逆に曲の良さを際立てています。

もちろん、煌びやかな作品も素晴らしいのですが、Prince が音を絞ったときは、要注目です。
ダルビッシュが、かつて、故障明けの日本シリーズで130キロ前後のボールだけでバッタバッタと打ち取ったことがあったのですが、同様の凄みを感じます。

色々と意見は分かれるところであり、セカンドも根強く人気が高いのですが、私個人的には、初期の最高傑作です。


【結論】
★5。
なのですが、やっぱり、歌詞に触れないわけにも。
まあ、これまた酷いものです。

6の歌詞はこちら
And you said, But I just a virgin And I'm on my way to be wed。
「Head」は、ずっと亀だと思っていましたが、フェラチオの意味もある模様。

7の歌詞はこちら
My sister never made love to anyone else but me
She's the reason for my, uh, sexuality
アカンですね。

当然、だからこそ、素晴らしいのですが。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

ピース/有頂天




【曲目】
1 BYE-BYE
2 サボタージュ
3 サングラスにプールを
4 パンクロームフィルム
5 ころころ虫
6 コレクション
7 ト・モ・グ・イ
8  キョコウフクロウの話
9 マリオネットタウンでそっくりショー
10 フューチュラ



【レビュー】
有頂天ついでに、未レビューだった、メジャーデビュー作の本作を。

ナゴムレコード人気が爆発していた中でのメジャーデビューであり、パラシュートシャツというルックスも含め、良くも悪くもポップに振れた内容だったので、当時はだいぶ「セルアウト」的に叩かれていたと記憶しています。

確かにそういった側面もないではないのですが、当時のラインアップの中では明らかに異形で、強烈な存在感を与えた作品だと思います。
シングルカットの1からして、歌詞が全く意味不明。
エンディングに至るまで訳の分からなさ感は続き、ナゴム的なリテラシーがないと、相当聴くのに労力がいったかと思われます。

まあ、それでも、慣れてしまえば非常に入りやすく、中毒性がある作品です。
私も、たぶんクラスで1人しか聴いておらず、無理矢理クラスメートのK山にも本作を聴かせて、嫌がられた記憶があります。

とはいいつつ、今でも、最初に聴く有頂天としては本作が宜しいのではないかと思います。


【結論】
★5。
あまり言われないですが、5は、極度の意味不明さも含め、ケラ作品の中でも屈指の名曲です。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード