The Slider/T.Rex




【曲目】
1 METAL GURU
2 MYSTIC LADY
3 ROCK ON
4 THE SLIDER
5 BABY BOOMERANG
6 SPACEBALL RICOCHET
7 BUICK MACKANE
8 TELEGRAM SAM
9 RABBIT FIGHTER
10 BABY STRANGE
11 BALLROOMS OF MARS
12 CHARIOT CHOOGLE
13 MAIN MAN



【レビュー】
T.Rex 、もう1枚。
こちらも名盤と言われることが多い、1973年作品です。

これもまた、年々、「ロック名盤」の棚から外れることが多くなってきており、非常にもったいないことです。
本作もまたT.Rex の真骨頂、1からラストまで、隙だらけ、スッカスカ。
カヴァーするとしてもかなり短期間でマスターできるような、単純なコード進行。

これに乗れる人にとっては生涯の名盤、乗れない人には過去の遺物、ということになるのでしょう。
色々影響を受けたアーチスト・グループはたくさんあるはずなのですが、恐らく、後発のグループの方がある意味音楽センスがあり(Queenとか?)、きちんとした作品になってしまっている、ということなのかと思われます。

個人的には、シングルの1のほか、とてもこの世の音とは思えない幻想的な4、6あたりがイチオシです。
「引き算の音楽」の極地を、まだまだ後世に残したいものです。


【結論】
★5。
あとは、やはりジャケット。
リンゴ・スター撮影だとか、トニー・ヴィスコンティ撮影だとか色々説があるようですが、前作次作のかなり酷いジャケに比べると、信じられない芸術性。
部屋に飾ってもグッドであります。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Red Rose Speedway/Paul McCartney & Wings




【曲目】
1. Big Barn Red
2. My Love
3. Get On The Right Thing
4. One More Kiss
5. Little Lamb Dragonfly
6. Single Pigeon
7. When The Night
8. Loup (1st Indian On The Moon)
9. Medley: Hold Me Tight/Lazy Dynamite/Hands of Love/Power Cut


【レビュー】
前回の「Band On The Run」の一つ前のアルバム。

前回も触れましたが、一言で言って散漫な内容です。
象徴的なのがラストの10分近いメドレーで、Abbey Road のメドレーとは比べるべくもない、だらっとした展開、メロディー。
2も、あまりに甘ったるいということで、大ヒットの割には、一般的なウケはあまり良くない作品かと思われます。

まあ、ですが、それゆえにコクがあるというか、魅かれるものがあるのですね。
2枚組構想を却下されて、やむなく1枚にまとめたという経緯も関係しているのか、意図的に柔らかめの曲を集めた感があり、そんな中、3、4なんかは、ポール特有の、適当に作ったっぽいがそうそう作れない、といった佳作で、聞き応えがあります。
先ほどあげた9のメドレーも、ルーズな味わいが、聴けば聴くほど耳に残る作品だったりします。

ひいきの引き倒しも否めませんが、このまま埋もれさせてはいけないアルバム。
どうも、例のポールのアーカイヴ・シリーズからは抜け落ちてるようですが、今、一番、取り上げられることを期待しております。


【結論】
★4.5。
ポールのメロディーメーカーの一面を誇大化した作品で、逆に言うと、バンド感、Wings感が極めて低いです。
ここは評価が分かれるかもしれませんね。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Band On The Run/Paul McCartney & Wings




【曲目】
1. Band On The Run
2. Jet
3. Bluebird
4. Mrs. Vandebilt
5. Let Me Roll It
6. Mamunia
7. No Words
8. Picasso's Last Words (Drink To Me)
9. Nineteen Hundred And Eighty Five



【レビュー】
Paul、またもや来日。

私は、これまで、チケットの暴利が嫌だったり、タイミングが合わなかったりで、この人のライブには縁がなかったのですが、さすがに年齢的にラストの可能性濃厚、と判断して、行ってまいりました。
4月27日、東京ドーム。
2階席、18,000円。

2階席、で18,000円。

お布施だと自分に言い聞かせないと到底出せない金額なのですが、行ったら行ったで、値段の価値はあったと思わせてしまうのがこの人の真骨頂。

そんなわけで、Wings 名目では最高傑作と名高い本作。
ライブでも、1、5、9をピックアップ。
1、5はともかく、9なんていう激渋の選曲をしてくるあたり、悶絶であります。

とまあ、今でも評価の高い本作で、確かに楽曲自体のクオリティは高いと思うのですが、個人的には、小さくまとまってしまったというか、お利口な作品、ということで、昔からイマイチ入り込めません。
私が、Wings を長い間警戒していたのも、本作を最初に聴いて、ネガティブイメージが強かった、ということが遠因だったりします。

今も正直印象は変わらずで、「Red Rose Speedway」だったり、ソロだったら「McCartney」だったり、若干破綻している作品の方が好きなのですね。



【結論】
とはいえ、クオリティは高いので★4。
ちなみにライブは、私の周りは平均年齢50歳以上、Live And Let Die だろうとAbbey Road メドレーだろうと、誰も立ち上がらず、でした。」

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

American Graffitti/Original Soundtrack




【曲目】
Disc1
1. (We're Gonna) Rock Around the Clock
2. Sixteen Candles
3. Runaway
4. Why Do Fools Fall in Love?
5. That'll Be the Day
6. Fannie Mae
7. At the Hop
8. She's So Fine
9. Stroll
10. See You in September
11. Surfin' Safari
12. (He's) The Great Imposter
13. Almost Grown
14. Smoke Gets in Your Eyes
15. Little Darlin'
16. Peppermint Twist
17. Barbara Ann
18. Book of Love
19. Maybe Baby
20. Ya Ya
21. Great Pretender
Disc2
1. Ain't That a Shame
2. Johnny B. Goode
3. I Only Have Eyes for You
4. Get a Job
5. To the Aisle
6. Do You Wanna Dance
7. Party Doll
8. Come Go with Me
9. You're Sixteen
10. Love Potion No. 9
11. Since I Don't Have You
12. Chantilly Lace
13. Teen Angel
14. Crying in the Chapel
15. Thousand Miles Away
16. Heart and Soul
17. Green Onions
18. Only You (And You Alone)
19. Goodnight, Sweetheart, Goodnight
20. All Summer Long

【レビュー】
位置づけとしては、オールディーズの決定版、ということになるでしょうか。
完全網羅とは行きませんが、主立った有名曲は入っていますし、曲数は多いですが、1曲1曲が短いので、余計な重さは感じません。

ただ、本作はあくまでサントラ。

で、その映画が極めて名作であり、必見中の必見。

ジョージ・ルーカスの出世作にしては評価があまり高くないような気がするのですが、ベトナム前のアメリカが無条件に楽しめます。
また、ストーリーが単純なおかげで、登場人物に感情移入がしやすく、頭の中は女の子とダンスと車で埋まってしまいそうです。毎日がサイコー、悩みは恋とマイカーの調子が悪いこと、偏差値は30、といった感じでしょうか。
特に、映画ラストで、Beach Boysの「All Summer Long」が流れるくだりは泣けるものがあります。自分が、主人公たちと同じような青春を過ごしたかのような錯覚に陥らせてくれます。

頭は使わない映画ですし、夏の終わりを強烈に感じさせる映画ナンバーワン。
絶対に見るべき映画、でありますし、ほぼ映画のとおりに収録されている本作も、必携です。


【結論】
この手の作品の決定版、★5です。
なお、近時、萩原健太氏の「アメリカン・グラフィティからはじまった」という、本作の超詳細なレビュー本が発売されました。
こちらを読みながら映画を見ると、これまた味わい深いです。是非。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Betty Davis/Betty Davis




【曲目】
1. If I'm In Luck I Might Get Picked Up
2. Walkin Up The Road
3. Anti Love Song
4. Your Man My Man
5. Ooh Yea
6. Steppin In Her I. Miller Shoes
7. Game Is My Middle Name
8. In The Meantime


【レビュー】
Betty Davis、ファーストです。

たまにですが、全く未聴のアーチストながら、非常に良質な作品に出会うことがあります。
apple music 等の定額ストリーミングサービスで、その機会は大きく増えました。

本作もそんな作品でして、確か、ファンク系統をうねうねサーフィンしていたらたどり着いたという経緯です。

Miles Davis の元妻。
Larry Graham参加作品。

サイケで、おしゃれで、ファンクでロック、スライの匂いもある。

Miles との関連性はあんまりピンと来ませんが、ロックとファンクのボーダレスであり、ジャンルを飛び越えるといった発送の豊かさは相通じるものがあったのかもしれません。
作品発表当時には、離婚してるけど・・。

どれか一曲が突出した、という作品ではないですが、70年代ブラックミュージックの中でもかなりいい感じの作品でした。



【結論】
★4。
あとは、ジャケですね。
観賞用に、アナログで欲しい作品の一つです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

ライブ/村八分


ライブ+1 (紙ジャケット仕様)ライブ+1 (紙ジャケット仕様)

村八分

商品詳細を見る



【曲目】
1. あッ!!
2. 夢うつつ
3. どうしようかな
4. あくびして
5. 鼻からちょうちん
6. 水たまり
7. のうみそ半分
8. 馬の骨
9. ねたのよい
10. ぐにゃぐにゃ
11. のびてぶぎー
12. んッ!!
13. どこへ行く
14. にげろ
15. どうしようかな
16. 序曲
17. ゴミ箱のふた(BONUS TRACK)



【レビュー】
山口冨士夫、死亡
享年64歳とのことですが、意外に若かったな、と思ったり。

ということで、久々に、村八分。
現役中に唯一発表された作品が、本ライブ盤です。スタジオ録音は、後年発表されますが、それはずいぶん後の話です。

初めて聴いたのは多分中学生の頃なのですが、当時はいまいちピンと来なかった。
しかし、40歳を超えた今聴き直すと、こんなに艶っぽかったんだ、凄いバンドだな、と見直しました。

よく、ストーンズの影響が云々と言われているようですが、どちらかというと、ジミヘンとかFaces っぽいですかね。
音が塊になって進んで行く感じで、いわゆるグルーヴがハンパない。
山口冨士夫のギターとチャー坊のヴォーカルが表に出ることが多いですが、リズム隊も結構なモノだと思います。

結構長尺な作品ですが、長さを感じさせず、クセになるところがあります。
村八分は活動期間も短く、とっとと解散してしまうのですが、いかにも長持ちしないような音で、まあ、そうだろうな、と。

時代に埋もれがちな作品ですが、ルーズで色っぽいロックの代表作として、後世に残すべきと思います。



【結論】
★4.5。
色々なヴァージョンが出ているようですが、何でもいいので、ひとまず聴いて損はないです。
配信もないようなので、安価なパッケージを見つけたら、買いです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

The Dark Side Of The Moon/Pink Floyd


Dark Side of the MoonDark Side of the Moon

Pink Floyd

商品詳細を見る



【曲目】
1. Speak To Me
2. Breathe
3. On The Run
4. Time
5. The Great Gig In The Sky
6. Money
7. Us And Them
8. Any Colour You Like
9. Brain Damage
10. Eclipse


【レビュー】
最近、何度目かの紙ジャケが発売された Pink Floyd 。
Floyd と言えばまあこれでしょう、という本作、「The Dark Side Of The Moon」、邦題「狂気」です。

私が洋楽を聴き始めた80年代初頭、「名盤」に必ず選ばれていた本作品。
そこまで薦められるのなら、と、私も、タイミングを見てアナログを購入しました。

しかし、やっぱりよう分からんのですね、プログレは。
CD時代以降と違い、50分もない作品なのですが、長く感じる感じる。
中学生が自腹で買ったアルバムですので、我慢して何度も聴きましたが、何と言うか、聴きとおすには異様な忍耐力を要求されるのですね。

唯一、6だけは異様にカッコよく、しびれましたが、アルバム全体としてはピンボケの印象が強く、それは今でも変わりません。

ライブを見ていないこと、ドラッグが身近にないことなどが主な要因でしょうか。
ただ、そういった環境的な要因もあるのでしょうが、「そこまで内省的になってどうするんだ」、という、私自身のライトな性格が一番の大きな原因かもしれません。

要は、私自身、プログレ自体に向いていないのでしょうね。
そういう人、結構多いかとは思いますが。


【結論】
★2.5。
2011年の現在、本作は「名盤紹介」みたいな本でどのように扱われているのか、気になります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Now & Then/The Carpenters


Now & ThenNow & Then

The Carpenters

商品詳細を見る



【曲目】


1. Sing
2. This Masquerade
3. Heather
4. Jambalaya (On The Bayou)
5. I Can't Make Music
6. Yesterday Once More
7. Fun, Fun, Fun
8. The End Of The World
9. Da Doo Ron Ron (When He Walked Me Home)
10. Deadman's Curve
11. Johnny Angel
12. The Night Has A Thousand Eyes
13. Our Day Will Come
14. One Fine Day
15. Yesterday Once More (Reprise)


【レビュー】
前回からの流れで、Carpenters を取り上げてみます。

ベスト盤が山ほど出ているため、あまりオリジナルアルバムに目を向けられない傾向にあるのですが、日本で一番有名なのが、本作。

おそらくは、超有名かつド名曲の6が入っているからでしょう。

ただ、アルバム全体が名作かというと微妙で、後半のオールディーズ・メドレーは、あまり魅力を感じないというか、やっつけ感が強いです。
また、お兄ちゃんのヴォーカルが少し多いのも、気をそがれる一因でしょうか。

多忙すぎて曲を作る時間がなく、メドレーを入れたという話ですが、前半をミニアルバムにして、後半はカバーアルバムにしてもう少し充実させれば、相当印象も変わったのではないかと思われ、少し残念であります。


で、ここまでがアルバム本体の感想ですが、前回のレビューとの関係を一言。

このグループの魅力は、カレンの美声と歌のうまさに尽きるのですが、私を含め、後追いの世代は、そこに、カレンの人生をどうしても重ねてしまうわけです。

アメリカの白人中産階級の隠された不幸、とか、自分に自身が持てない女性の悲しさ、とか。

ただ、カレンのヴォーカルは、そういった背景を吹っ飛ばすほどの透明さを持っているわけで、むしろ、裏事情とか噂とかを知った上で聴いた方が深みが出るのではないかとも思います。

その意味で、これもKiroro と重なるのですが、単なるバックミュージックではなく、一アーチストの作品として、腰を据えて聴かれるべきグループであります。

なので、定期的に、オリジナルアルバムを再発していって欲しいと、切に願っております。


【結論】
★3。
アルバム自体は、大したものではなく、セカンドとかの方が完成度が高いです。
6も、ベスト盤やシングルとはトラック違いでして、そちらの方が耳に慣れていたりするので・・・。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

The Dark Side Of The Moon/Pink Floyd

The Dark Side of the MoonThe Dark Side of the Moon

Pink Floyd

商品詳細を見る



【曲目】
1. Speak to Me/Breathe
2. On the Run
3. Time
4. Great Gig in the Sky
5. Money
6. Us and Them
7. Any Colour You Like
8. Brain Damage
9. Eclipse


【レビュー】
Pink Floyd 、というよりも、プログレの一番有名な作品の一つであり、名盤として必ずといっていいほど取り上げられます。
10年以上 Billboard にTop200にチャートインし続けたらしく(正確な期間は曖昧です・・・。)、超ロングセラーとしても名を残している作品です。


しかし、その中身なのですが、どうにもこうにもピンと来ない、というのが感想です。

レコード時代の作品であるため、実際はそうでもないのですが、単調なインストルメンタルが長時間続くという印象が強く、退屈してしまいます。

また、これはプログレというジャンルだからしょうがないのでしょうが、滅入る傾向の音が大半を占め、途中で投げ出したくなります。

私は、「天下の芸術作品の評価を一度や二度で決めてはいけない。」と考え、何度も通して聴いたのですが、結局、よく分からん、と投げ出してしまいました。

名盤の誉れ高い作品で、確かに高尚な感じはするのですが、私と同じような感想を抱いた方は結構いるのでは・・・と思います。


救いは、5の存在でしょうか。
変拍子のイントロは相当カッコよく、70年代を代表する名曲だと思います。


【結論】
★2.5です。
これは趣向の問題で、要は私の耳に馴染まなかった、ということだと思います。
これだけ高評価である以上、中古で見つけたら、購入し、一度は聴いてみるべきかと思います。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Tanx/T.Rex

TanxTanx

T. Rex

商品詳細を見る



【曲目】
1. Tenement Lady
2. Rapids
3. Mister Mister
4. Broken Hearted Blues
5. Shock Rock
6. Country Honey
7. Electric Slim and the Factory Hen
8. Mad Donna
9. Born to Boogie
10. Life Is Strange
11. Street and Babe Shadow
12. Highway Knees
13. Left Hand Luke and the Beggar Boys


【レビュー】
T.Rex名義での4枚目です。

一時期は、少なくとも日本では無かったことにされていた感もあるバンドですが、CMに使われたり、20世紀少年がヒットしたりと、ここに来て再評価がされているようです。

とはいえ、今でも流れるのは、ノリに乗っていた本アルバムの前作、前々作あたりのもの。
本作は、その後のT.Rexの尻すぼみの発端となった、と言われているアルバムです。

確かに、前2作と比べると地味なことは否めません。
Marc自身は、前2作のような作品を目指していたかもしれないのですが、悲しいかな勢いは削がれております。
シングルの9など、これは単体で聴けば非常にポップな作品のですが、本アルバムに紛れると、前2作の残り香にしか聞こえないという恐ろしさ。

しかしながら、勢いが落ちた結果として、本アルバムは腐りかけの美というか、終焉を感じさせる美しさがあります(バンドはこの後も結構続き、それなりに良作もあるのですが。)。

必聴はラストの13。何て悲しいヴォーカルでしょうか。
この後の人気の急落を見据えていたかのようなMarcの声には涙を禁じえません。


【結論】
異論大とは思いますが、★5です。
落ち行くバンドの輝きが素晴らしいです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード