ナゴムコレクション/空手バカボン


空手バカボン ナゴムコレクション空手バカボン ナゴムコレクション

空手バカボン

商品詳細を見る



【曲目】

ディスク:1
1. オープニング
2. おおもうけバカボン
3. 踊れバンバン
4. 私はみまちゃん
5. あの素晴らしい愛をもう一度
6. バカボンのススメ
7. 中央線ヤクザブルース
8. バカが戦車でやってくる
9. 福耳の子供
10. パヤパヤ
11. 2人と5人
12. のんきな兄さん
13. 空手バカボンの大脱走
14. から笑う孤島の鬼
ディスク:2
1. 日本の米
2. 家族の肖像
3. 先天よい子
4. 7年殺し
5. 屋根の上の猫とボク
6. 労働者M
7. KEEP CHEEP TRICK
8. おおもうけバカボン (Bonus Track)
9. わたしはアイちゃん (Bonus Track)
10. ヨーデルコント (Bonus Track)
11. バカが戦車でやってくる (Bonus Track)
12. おおもうけバカボン (Bonus Track)
13. パヤパヤ (Bonus Track)



【レビュー】
もう一丁、有頂天の流れで、今度は空手バカボン。
最近、itunes ではオリジナルのフォーマットで再発されているようですが、本ディスクはオリジナルアルバムをまとめて、ボートラもついたお得盤。

内容としては、もう、例の空手バカボンとしか。
一応はテクノの骨格はあるのですが、脱力する演奏とケラさんとオーケンの適当かつらしいヴォーカルで、1時間聴いていると本当に脳みそが溶けそうになります。

タイトル通りに、聴いただけ損をするような曲が多く、カバー曲だと思えばオーケンのカラオケにしか聴こえない、しかし超個性的な5が混じったり。
そんな中でも、ディスク1の9、14等、後に筋肉少女帯でメジャー発表される完成度の高い曲もあったりして、異様としか言いようがありません。
とにかく気が散るので、自動車で聴くことは×でしょう。

オススメできるかというと決して出来ないのですが、一度は門を叩いて欲しい作品、バンドです。
その結果、99%は帰るでしょうが、残った1%の人とは、ガッツリ話し合ってみたいですね。



【結論】
★3.5。
で、やはり触れざるを得ないのですが、本作でもカットされた、「バカボンと戦慄」と「来るべき世界」。
前者はクリムゾンのパクリ、後者はライディーンの無断使用。
再発が通る訳もない代物ですが、まあ、何と言うか便利な世の中でして、ググってみましょう、と。
バカボンの根幹をなす楽曲かと思われます。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

ナゴムコレクション/有頂天


有頂天 ナゴムコレクション有頂天 ナゴムコレクション

有頂天

商品詳細を見る



【結論】
Disc:1
1. ベジタブル
2. 千の病を持つ男
3. TOWER
4. PIPE(Live1986/Bonus Track)
5. カラフルメリィ(Live1987)
6. 本当は彼が一番利巧なのかもしれない(Live1987)
7. ビルから飛び降りる為のエッシャー・パラドッグス・その5~四ツ足坂~(Live1987)
8. ソシアル・マネー~ヒトとアブラ~(Live1987)
9. MOUNTAIN COLLAGE(Live1986/Bonus Track)
10. 忘れじの味
11. 四ツ足坂(Bonus Track)
12. レイチョールイ南へ(Live1986/Bonus Track)
13. もっとサティスファイド
14. 科学と彼女(Bonus Track)
15. 愛のまるやけ(Live1991/Bonus Track)
16. べにくじら(Live1987/Bonus Track)
17. ノンタイトル(Live1987/Bonus Track)
18. ダンス素凡夫(Live1987/Bonus Track)
19. マニラ(「隠れん坊」 DEMO/Bonus Track)
20. ドクター(「インサート」 DEMO/Bonus Track)
21. ストーブ(「KARADA」 DEMO/Bonus Track)
Disc:2
1. おすもうさんの唄
2. 脳なしメガネ
3. やくざなビリカメノコ
4. ゲロ
5. 赤いゲタの女の子
6. 牛乳ゴックン
7. もっとサティスファイド
8. ワッハッハ
9. 七色シャックリ
10. ミシシッピ
11. シュルシュルシュール(Live1995)
12. ヘンテコHEAVEN WORDS
13. おすもうさんの唄(Instrumental~Edit Ver.)
14. 心の旅(Live1985/Bonus Track)
15. ピノキヲ(Live1985/Bonus Track)
16. DOG IN BOY(Live1987/Bonus Track)
17. 僕のエントランスメント(Live1987/Bonus Track)
18. 穴の中で僕たち(Live1987/Bonus Track)
19. おすもうさんの唄(Live1987/Bonus Track)



【レビュー】
もういっちょう、80年代インディーズの雄、有頂天。

以前、メジャー2作目の名作「Aissle」をレビューしましたが、本作は、インディーズ時代の作品を中心としたオムニバズ。
なかなか他では集められない音源もあり、有り難い作品です。

個々のレベルというか完成度は、正直差が激しいです。
特に、「土俵王子」収録作品等は、一度聴けば充分、という程度のモノも多いです。Disc2の4とか。

ただ、当時から異色の存在で、パンク中心のインディーズシーンから一定の距離感があった有頂天。
それゆえ、ブームが去っても踏みとどまる地力はあり、30年近く経った今でも、魅力的なバンドであります。
Disc1の1から3等は、今でも新鮮なのではないでしょうか。


【結論】
★3.5。
ちょっと高いですが、貴重なライブ音源もあり、ファンには必須。
それはそれとして、有頂天は、いい加減、インディーズ・メジャー含めて、コンプリートな形で作品を整理して欲しいものです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

I'm Wide Awake And It's Morning/Bright Eyes


I'm Wide Awake It's MorningI'm Wide Awake It's Morning

Bright Eyes

商品詳細を見る



【曲目】
1. At The Bottom Of Everything
2. We Are Nowhere And It's Now
3. Old Soul Song (For The New World Order)
4. Lua
5. Train Under Water
6. First Day Of My Life
7. Another Travelin' Song
8. Landlocked Blues
9. Poison Oak
10. Road To Joy



【レビュー】
前回、Tame Impala をレビューして、そういえば、「聞き込めば聞き込むほど良くなるかな的な感覚を持ちつつ、そのまま自分の中でフェイドアウトしたバンド」がいたな、何だっけ、としばらく考えて、このBright Eyes だったことを思い出しました。

本作は2005年発売で、「Digital Ash In A Digital Urn」と同時発売された、Bright Eyes を一気にオーバーグラウンドに引っ張りだした作品です。

シングルになった4等、フォーク・カントリー風味を残しつつ、エモーショナルなヴォーカル、ちょっと捻くれたメロディーと、聴き応えのある良作であります。

で、自分の中では、今でも評価は低くない作品なのですが、その後あまり追いかけることもなく。
何なんだろう、と理屈を考えてみるに、売れ線(爆発的に売れる、というニュアンス)に対する意識が希薄すぎるのと、カントリーに対する苦手意識が抜けないこと、が原因なのかな、と思われます。

後者は、例えば、Bob Dylan でも、カントリー色が強すぎると敬遠する等、ジャンルに関する個人の好みの問題だからしょうがない。
問題は前者で、やっぱり、自分は売れることへの意識を持っている、下種な面がある作品が好きなのですね。
言葉では非常に表しにくいのですが、Bright Eyes は、そこらへんがあまり感じ取れなかった、良く言えばアーティストとして純粋な面が前に出て来てしまっていて、鼻についてしまった、ということなのだと思います。

今回、Wikipedia を調べていたら、まだ活動を続けており、2011年に新作を出していることも判明しました。
もう一度試してみるか、考えてみようと思います。


【結論】
★4。
発売当時は結構聴きましたし、何やかんや書きましたが、今でも好きな作品です。
手に入りにくいようなのですが、埋もれる前に、ゲットをおすすめであります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

ネガティブハート/マイナスターズ

ネガティブハートネガティブハート

マイナスターズ

商品詳細を見る



【曲目】
1. OPENING
2. 心配性
3. 当てさせて
4. ジラフ
5. ジャララ
6. ふたり
7. 自由
8. お前じゃないさ
9. エレファント
10. バッファロー
11. すれ違い
12. ネガティブハート
13. デジタル時代
14. トイレこの先左なの
15. 夜の夜霧
16. ひつじ
17. キャメル
18. 待ちわびて
19. ENDING


【レビュー】
私が2005年最も聴いたアルバム、マイナスターズです。

さまぁ~ずの三村、大竹を中心としたパロディーバンドで、そのネタの豊富さは、スネークマン・ショーを抜き、日本音楽史上最高峰であると言っていいでしょう。

ヴォーカルはヘロー(大竹)で、これにミタムラニクヒコ(三村)が突っ込むのが中心。大竹のシュールさを三村が現実に引き戻すスタイルと言えばいいでしょうか。

肝心の歌はと言うと、
動物に乗れることのみが主題の4,9,10,16,17、
自由とは何ぞや、と聞き手をうならせる7、
誰へのメッセージか最後まで不明の8、
と、いずれも最高であります。

また、本アルバムは、ライブDVDもあわせて見る必要があり、あわせて1作品と考えて良いでしょう。

マイナスターズライブ ~その日雨だけどね~マイナスターズライブ ~その日雨だけどね~

マイナスターズ

商品詳細を見る



【曲目】
1. OPENING
2. 心配性
3. 自由
4. CMソング(1)
5. CMソング(2)
6. ネガティブハート
7. メンバー紹介
8. 夜の夜霧
9. ふたり
10. 手品
11. 海水浴へ行こう
12. お前じゃないさ
13. 風
14. You美容室
15. メンバー一門一答
16. クイズ大好き
17. 前を向いて
18. 当たり前の歌
19. デジタル時代
20. トイレこの先左なの
21. バッファロー
22. 待ちわびて
23. しまうま PROJECT A
24. 俺なんでもいいし
25. バッファロー<BONUS TRACK / MUSIC CRIP>
26. カバ<BONUS TRACK / MUSIC CRIP>


ぐだぐだのオープニングの1、
落ちのない11、
30秒で作成されたこと間違いなしの14、
「お前じゃないさ」のスピンアウト版の16。

アルバム未収録曲も多く、また、コント部分も楽しく見れて、こちらも最高であります。

個人的には、現在、あらゆるバンドの中で、最も活動再開を望んでいるバンドであります。


【結論】
★5です。ある意味マストであります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Aruler/M.I.A.

ArularArular

M.I.A.

商品詳細を見る



【曲目】
1. Ba-na-na Skit
2. Pull Up The People
3. Bucky Done Gun
4. Sunshowers
5. Fire, Fire
6. Dash The Curry Skit
7. Amazon
8. Bingo
9. Hombre
10. One For The Head Skit
11. 10 Dollar
12. URAQT
13. Galang


【レビュー】
M.I.A.のファーストで、比較的好意的な評価が多かったアルバムだと思います。

私自身、結構期待して購入し、期待通りの内容でした。
力のある声、迷いのないシャウト、キャッチーで覚えやすいメロディー。
個人的に、所謂ミクスチャーというか、出所、影響元が不明な音が好きだということもあり、2005年最大の愛聴盤となりました。
3などは、煽動が目的の曲としか思えず、カッコイイことこの上ないです。

他方で、Skitを多用するギミックっぽさ、父親がゲリラという出自のスキャンダラスさなどから、ヘタするとイメージが先行して潰れてしまうのではないかという不安もあったのですが、無事、こちらもナイスな内容のセカンドを発売したのはご存じのとおりです。

なお、これは互いに失礼なことのかもしれないのですが、個人的には、彼女と木村カエラのイメージが結構ダブってしまいます。
気が強いんだか弱いんだか分からない、ツンデレな雰囲気がそう思わせるのでしょう。純粋な妄想ですが、2人とも隠れドMなのではないかと睨んでおります。


【結論】
2000年代最強の新人の1人、ということで★5です。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

ナゴムコレクション/ケラ

ケラ ナゴムコレクションケラ ナゴムコレクション

ケラケラリーノ・サンドロヴィッチ

商品詳細を見る



【曲目】
Disc 1
1. 心の旅
2. シュル・シュル・シュール
3. ホワイトソング
4. 愛のまるやけ
5. DOG IN BOY
6. さよならまねき猫
7. 犬
8. ドウブツたちの空
9. とうふづくりせんねん
10. いちもくさん
11. わかめのさいご
12. ろしあのはは
13. 夜明けのスキャット
14. 暴力猿
15. よもぎ色の恋
Disc 2
1. 展開図
2. パジャマ
3. もう一歩
4. 鳥と空と海
5. 買物ブギ
6. うっかりベッド
7. 銭(あぶら)
8. 明日は咲こう,花咲こう
9. ねじりの法則
10. 不和
11. マウンテン・コラージュ
12. LOVE SONG No.4
13. Grandfater was watching me(じじいは見ていた)
14. ドウブツたちの空
15. ブロックベイ
16. 愛のまるやけ

【レビュー】
数年前に発売された、ナゴム時代のケラの音源集です。以前にも似たようなコンセプトのCDは発売されていたのですが、入手困難になっており、発売当時には非常に嬉しい思いをしました。

80年代、ケラ(有頂天)は、ラフィン・ノーズ、ウィラードとともに「インディーズ御三家」などと言われ、一緒くたにされていた記憶があります。しかし、20年以上経った今聞いてみると、個人的には、3バンドの中では最も風化していないように思います。
もちろん、他の2バンドも個人的には好きであります。おそらくは、特殊な音楽性とともに、これといったフォロワーがいないことが大きな理由かもしれません。

なお、ケラ自身は、体型はすっかり貫禄がついてしまいましたが、今でも、ブログ等では万事にプンプン怒っています。
丸くならない人って、本当に尊敬してしまいます。

とにかく、Disc1の4が大名曲です。


【結論】
正直、あまりいらない曲もあるのですが、これしかないので、★4です。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード