Let It Bleed/The Rolling Stones




【曲目】
1 Gimme Shelter
2 Love In Vain
3 Country Honk
4 Live With Me
5 Let It Bleed
6 Midnight Rambler
7 You Got The Silver
8 Monkey Man
9 You Can't Always Get What You Want


【レビュー】
ということで、全回の元ネタ曲が入っている「Let It Bleed」。

いや、未レビューの名作がまだまだあるなあ、と。
言うまでもなく、Stonesの最充実期、別名、Brian Jones 追い出し期の中でも屈指の名作です。

一般的なところでは、元ネタの1と、ライブの定番でもあるラストの9、ということになるでしょうか。
しかし本作、それ以外も激シブが揃っておりまして、Robert Johnson カヴァーの2、Honkytonk Women のカントリー・ヴァージョンの3、Keith のヴォーカル曲の7など、聴き応え十分。

個人的な最高傑作は、後半はほとんどファンクの6でしょうか。

とにかく、全体で全くダレるところがない。
正直なところ、Brian がいなくなり、いい意味で再生出来たんでしょうかね。「Jagger/Richards」が真に一皮むけた作品であります。
必聴。


【結論】
★5。
私、Brian は大好きなのです。
大好きなのですが、本作は、Brian が抜けたことで実現した作品でもあるので、非常に複雑であります。
あと、ジャケも意味不明でカッコイイっす。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Gimme Shelter/Merry Clayton




【曲目】
1 Country Road(James Taylor)
2 Tell All the People(Robby Krieger)
3 Bridge Over Troubled Water(Paul Simon)
4 I've Got Life(Galt MacDermot / Jerome Ragin / James Redo)
5 Gimme Shelter(Mick Jagger / Keith Richards)
6 Here Comes Those Heartaches Again(James Cleveland)
7 Forget It I Got It(Jimmy Miller / Gary Wright)
8 You've Been Acting Strange(Billy Preston)
9 I Ain't Gonna Worry My Life Away(Merry Clayton / Billy Preston)
10 Good Girls(Billy Page)
11 Glad Tidings(Van Morrison)



【レビュー】
apple music なり、spottily なり、ストリーミング・サービスの功績の一つは、今までなかなか手に入らなかったり、あまり流通していなかったアルバムが、無料で聴けてしまうことにあります。

本作もそんな感じで見つけたもの。
アルバムタイトルで分かるとおり、Stones の「Gimme Shelter」でコーラスをしている方の作品で、あの声はちょっと気になっていたため、結構期待して聴いてみたのですが。

表題作の5をはじめ、まあ、恥も外聞も無いベタ曲のカヴァーだらけ。
2なんぞは、Doors の中でもかなり平坦な曲で、なぜこれを選んだかという脱力ぶり。

お、以外にもソウルっぽい、という驚きもさしてなく、淡々と進んで行く、あまり聴き応えのない作品。
声の力もあんまりなく、ちょいと残念でした。


【結論】
★1.5。
まあ、カラオケ作品でした。
ジャケットはなかなかカッコいいけど、といったところであります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

The Velvet Underground/The Velvet Underground





【曲目】
1. Candy Says
2. What Goes On
3. Some Kinda Love
4. Pale Blue Eyes
5. Jesus
6. Beginning To See The Light
7. I'm Set Free
8. That's The Story Of My Life
9. The Murder Mystery
10. After Hours



【レビュー】
前回に続き、Velvets の中で、レビューが未了だったサードを取り上げてみます。

私は、Velvets については、発売順に聴く感じで掘っていき、つまり、本作は「White Light White Heat」の次に聴いたわけです。
ある程度、ソフトな内容だというような評は耳に入っていたのですが、初めて聴いた時は、本当に度肝を抜かれました。

オープニングのか細い「キャンディーセーッズ」から、珍しいモーのヴォーカルの10まで、前作・前々作とは全く別物。
しかも、あの「Heroin」のLou Reed が「Jesus」か、と、そのスタンスに戸惑いがあったのも加わり、もしかしたら、衝撃度としてはファースト、セカンドを上回ったかもしれません。

が、作品としては非常にクオリティが高いのですね。
スローな1から、ロックンロールの2、3を聴いて、言わずもがなの大名曲で悶絶の4と、いわゆるA面はほぼ完璧。
退廃云々じゃなくて、純粋に曲の出来がハンパないのです。

考えてみたら、ファーストとセカンドも、退廃的という雰囲気だけは共通していますが、ポップアート的なファーストとソリッド極まりないセカンドとは、音楽的には相当異なっています。
つまり、Velvets は、異様にレンジの広いバンドだったのですね。

ファースト・セカンドからは一歩評価が下がった扱いになることもありますが、ソングライターとしての Lou Reed の才気が爆発したこのサードも、絶対に押さえておくべき作品です。


【結論】
★5。
本当に素晴らしい。
音数が少なく、引き算的で、ジャケット同様モノクロの美しい、本当に美しい作品です。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう/早川義夫


かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろうかっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう

早川義夫

商品詳細を見る



【曲目】
1. わらべ唄
2. もてないおとこたちのうた
3. 無用ノ介
4. シャンソン
5. サルビアの花
6. NHKに捧げる歌
7. 聖なるかな願い
8. 朝顔
9. 知らないでしょう
10. 枕歌
11. しだれ柳
12. 埋葬



【レビュー】
次は、ジャックスのヴォーカル、早川義夫のファースト・ソロです。

これもまたこれで凄い作品で、ジャックスというバンドのグルーヴ的なものは抜け落ちているのですが、その分、地獄絵図感は増しているような気がします。

オーラスの12も相当キテますが、白眉はやはり5でしょうか。
別にPVがあるわけではないですが、「花吹雪舞う道を転げながら走る早川義夫」の映像が、鮮明にまぶたに浮かびます。グラサンかけて。
聴いてるこっちが、もう勘弁してくれ、と言いたくなる、敗者の大名曲であります。

トータル的にはちと散漫なところもありますし、オープニングの1でいきなり将棋用語が出てきて脱力しまくったりとか、気が削がれる部分も多いのですが(この癖は遠藤ミチロウにもあり。)、一度は絶対に触れておくべき作品であります。



【結論】
★4.5。
個人的には、僅差でジャックスに軍配ですかね。
以前、確かロキノンで、ほりのぶゆきが、まさに早川義夫が転げている4コマを描いていた記憶があるのですが、探しきれず、残念。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Live Peace In Toronto/Plastic Ono Band


Live Peace in TorontoLive Peace in Toronto

Plastic Ono Band

商品詳細を見る



【曲目】
1. Blue Suede Shoes
2. Money (That's What I Want)
3. Dizzy Miss Lizzy
4. Yer Blues
5. Cold Turkey
6. Give Peace A Chance
7. Don't Worry Kyoko
8. John John (Let's Hope For Peace)


【レビュー】
何だかんだでブログも数年続いており、毎年12月8日付近に行っているJohn Lennon レビュー。
そろそろネタ切れなのですが、今年は、まだ残っていた本作品。

ヨーコという人物、もっと言うとその夫であったJohn という人物をよく表した作品です。

どういうことかと言うと、仮にもBeatles の一員のソロ・ライブ。しかも、解散前のセンシティブな時期。
加えて、Eric Clapton 等の豪華メンバー。
の中、7、8(レコードではB面全部)に自分のソロ作品をぶちこむ無神経ぶり。
それを良しとする夫。

バカップルにもほどがあり、夫婦ともども厚顔無恥の極み。
DVDも見ると、A面部分にもヨーコはしゃしゃり出ており、頭を抱えたくなります。
バカ母・妻の代表格である辻ちゃんを遥かに凌駕する空気の読めなさ。

日本という国、及び日本女性が相当誤解されたのではないでしょうか。

A面部分はルーズなロックショウでそれなりに聴き応えがあるため、その落差が逆に貴重、という作品になってしまいました。


【レビュー】
★3。
1から6までなら★4。ここまでは、懐メロにならない、現役感たっぷりのライブになってます。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

In The Court Of The Crimson King/King Crimson


In the Court of the Crimson KingIn the Court of the Crimson King

King Crimson

商品詳細を見る



【曲目】
1. 21st Century Schizoid Man (Including Mirrors)
2. I Talk To The Wind
3. Epitaph (Including March For No Reason/Tomorrow And Tomorrow)
4. Moonchild (Including The Dream/The Illusion)
5. The Court Of The Crimson Song (Including The Return Of The Fire Witch/The Dance Of The Puppets)


【レビュー】
前回取り上げた「狂気」とともに、「プログレの名作」として必ず挙げられるのが本作です。

こちらも邦題が強烈で、「クリムゾン・キングの宮殿」。
プログレの邦題は漢字が多いのですね。

で、「狂気」については、退屈だといった論調の文章を書いたのですが、本作は正反対です。

3とか4で若干ダレる部分もないわけではないですが、終始緊張を強いられる音。
有名な1のオープニングでガツンと来て、そこから一転して静謐な2、3へ。
ラストの5も、壮大ではありますが退屈さとは無縁の構成。

もしかしたら、2011年に新作として出されても、結構な評判になるかもしれない、というほどの衝撃度です。

Pink Floyd との違いは何か、ということも考えたのですが、完全に別のジャンルのグループとしか言いようがなく、つまりは「プログレ」という括り自体にあまり意味がない、ということなのだと思います。



【結論】
★5。
私も、これ以降の作品はほとんどきちんと聴いていないのですが、本作は別格。
マストであります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

わたしを断罪せよ/岡林信康


わたしを断罪せよ わたしを断罪せよ (紙ジャケット仕様)

岡林信康

商品詳細を見る



【曲目】
1. 今日をこえて
2. ランブリング・ボーイ
3. モズが枯木で
4. お父帰れや
5. 山谷ブルース
6. カム・トゥ・マイ・ベッド・サイド
7. 手紙
8. 戦争の親玉
9. それで自由になったのかい
10. 友よ


【レビュー】
何となくitunes でポチしました。

学生運動とともにフォークが世を席巻していたという1969年作品。
発売当初から現在に至るまで、地味ながらも評価の高い作品です。

まあ、確かに有名な5や、Bob Dylan のカバーである8など、聴くべきところはあるような気がするのですが。

しかし、なぜか聴いていて退屈なのですね。
後追い世代で、当時の世情が体感できていなのが一番大きい原因とは思うのですが、テーマが古びているように感じてしまうのです。
微妙に、当時の原理的な左翼色を感じてしまう、ということなのでしょうか。

個人的には、声質がどうしても好きではない、というのもあるかもしれません。


【結論】
★2.5。
個人的にはヒットしませんでしたが、名盤と呼ばれること自体は分からんでもないです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

The Popcorn/James Brown


ザ・ポップコーン(紙ジャケット仕様)The Popcorn

James Brown

商品詳細を見る



【曲目】
1. The Popcorn
2. Why Am I Treated So Bad
3. In The Middle(Part 1)
4. In The Middle(Part 2)
5. Soul Pride(Part 1)
6. Soul Pride(Part 2)
7. A New Shift
8. Sudsy
9. The Chicken
10. The Chase


【レビュー】
新年一発目、アッパーなアルバムで行きたいと思います。

ふらふらと入った某家電量販店のCD売場で発見し、即買いしました。
2007年に日本で紙ジャケ発売されるも、あっという間に品切れし、今は高値となっているからです。

で、本作は、超多作な James Brown 作品の中でもかなりマイナー。
ヒット曲がないとかいう以前に、全編インストというのが影響しているのでしょう。

JBと言えばファンキーなヴォーカルですから、確かに、重要度という点ではどうしても後回しになる作品ではあるでしょう。

しかし、内容はなかなかのものです。
ファンクとジャズが入り混じったうねりが素晴らしく、ヴァーカルがないというハンデを感じさせません。
特にラストの8~10はジャズ色がかなり前に出ており、非常にカッコいいです。

なお、解説によれば、「Popcorn」とは当時流行していたダンスの名前とのこと。
当時のJBはこのポップコーンにハマっていたらしく、次作でも取り上げています。

今となっては手に入りにくいですが、おすすめの作品であります。


【結論】
★4。
ジャケットも最高ですし、見つけたら即買うべきであります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Ⅰ/Led Zeppelin

Led ZeppelinLed Zeppelin

Led Zeppelin

商品詳細を見る



【曲目】
1. Good times bad times
2. Babe I'm gonna leave you
3. You shook me
4. Dazed and confused
5. Your time is gonna come
6. Black mountain side
7. Communication breakdown
8. I can't quit you baby
9. How many more times


【レビュー】
時を経るごとに存在というか幻想が肥大化していく、Zeppelinのファーストです。

先ごろの再結成ライブ、評判は良かったみたいですが、私は残念ながら見ておりません。しかし、メンバーは、ファンの間でモコモコ肥大化したZeppelin幻想と向き合うことに、相当精神を磨耗していたのではないかと思われます。

ともあれ、このファーストですが、これを聴けば、1枚目からこのバンドが完成形にほぼ近かったのが分かります。

曲の構成が異常にしっかりしている。
ヴォーカル・ギター・ベース・ドラムという各パートが、その役割を完璧にこなしている。
全員演奏がうまい。
4人ともキャラが立っていつつ、まとまっている。
当時はやっていたブルースを基調としつつも、売れそうな曲も入れている(1、7など)。
それでいて、グルーヴがあるというのでしょうか、踊れそうでもある。

上記のような理由から、今聴いても、古さを(ゼロではないと思いますが)感じさせない。
いわんや、オリジナルで耳にした方々の衝撃は、想像を絶するものだったと思います。

そんな巨大な衝撃体験を持った連中を相手に再結成ライブをするのですから、これは、Sex Pistolsの再結成とは訳が違ったのであり、故に、無事にライブが終わってお疲れ様、と心の底から思うわけであります。


【結論】
これは今でもすごい、ということで★5です。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Abbey Road/The Beatles

Abbey RoadAbbey Road

The Beatles

商品詳細を見る


【曲目】
1. Come Together
2. Something
3. Maxwell's Silver Hammer
4. Oh! Darling
5. Octopus's Garden
6. I Want You (She's So Heavy)
7. Here Comes the Sun
8. Because
9. You Never Give Me Your Money
10. Sun King
11. Mean Mr. Mustard
12. Polythene Pam
13. She Came in Through the Bathroom Window
14. Golden Slumbers
15. Carry That Weight
16. End
17. Her Majesty

【レビュー】
私が洋楽を聴き始めたのは、Beatlesが解散して、10年ちょい経った頃でした。
その頃は、Beatlesは、「保守的」というか、「ドメジャー過ぎ」という揶揄をされることはありましたが、その存在感は圧倒的なものがありました。ゆえに、とりあえずアルバムは全部聴いておけ、という雰囲気がありました。
John Lennonが射殺されてまだ日が浅かったという時期であったことも影響しているでしょう。

で、2008年現在、10代の人たちにどういった扱いを受けているのでしょうか。

さすがに、洋楽に慣れ親しんだ人は名前を知らないということはないかと思いますが、アルバム単位で聴いていない人は意外といるのではないかと思います。

で、後期Beatlesなら、まあこれから入るのが一般的だろうか、と思い、本日はとりあげてみました。
若干軟弱な第一印象があるかもしれませんが、何度か聴けば、結構アヴァンギャルドな作品であること、特にレコードでいうところのB面(7~)は狂ったようなポップセンスであることが分かるのではないかと思います。

B面の曲の主だったところはPaul McCartney作なのですが、このアルバムを聴くことで、若い女に騙されて金をふんだくられた間抜けというだけでなく、凄まじい才能を持ったオッサンであることが、多少なりとも伝播されていけば幸いだと思います。


【結論】
マストですが、ちょっと完成されすぎな感があり、★4.5です。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード