Top Gun/Original Soundtrack





【曲目】
1 "Danger Zone" by Kenny Loggins – 3:36
2 "Mighty Wings" by Cheap Trick – 3:51
3 "Playing with the Boys" by Kenny Loggins – 3:59
4 "Lead Me On" by Teena Marie – 3:47
5 "Take My Breath Away" by Berlin – 4:11
6 "Hot Summer Nights" by Miami Sound Machine – 3:38
7 "Heaven in Your Eyes" by Loverboy – 4:04
8 "Through the Fire" by Larry Greene – 3:46
9 "Destination Unknown" by Marietta – 3:48
10 "Top Gun Anthem" by Harold Faltermeyer & Steve Stevens – 4:12



【レビュー】
ちとしつこいですが、もう一丁80年代サントラを。
Kenny Logginsの二発目を含む、Top Gun。

これも映画の流行り方が尋常ではなく、10代の人間はほぼほぼ見ていてのではないかという勢いでしたら、私はノレなくてあっさりスルー、数年後のテレビで斜め見したのが最初という体たらく。

Top Gun は見ない、手持ちが無くてMA-1は買えない、という状況で、同世代の人からすれば、何を拗らせているのか分からないほどひねくれているし、気持ち悪い、というのが正直なところだったと思います。

まあ、それほどまでに影響力があった映画ですし、さすがの私もサントラだけはきっちりと聴いておりました。

とはいえ、ヒット曲集めてポン、というサントラの手法も、ここらでは限界が見えていたようで、Footloose なんかと比べるとコンピとしてのまとまりはイマイチ。
はっきり言うと、1と5という、飛び抜けた名曲で何とか持っている作品であります。

その1と5は、80年代コンピやプレイリストの常連ですし、今、まとまったサントラとして聴く必要はないですかね。
MA-1と同様、当時の徒花として捉えればいいのではないかと思います。



【結論】
★2.5。
ふと気になってwikipediaを見たら、Berlin、今でも活動しているようです。
ライブで、「Take My Breath Away」をどこに持ってくるのか、非常に気がかりですね。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Footloose/Original Soundtrack





【曲目】
1. "Footloose" Kenny Loggins 3:47
2. "Let's Hear It for the Boy" Deniece Williams 4:22
3. "Almost Paradise" (Love Theme from Footloose) Mike Reno and Ann Wilson 3:49
4. "Holding Out for a Hero" Bonnie Tyler 5:50
5. "Dancing In The Sheets" Shalamar 4:05
6. "I'm Free (Heaven Helps the Man)" Kenny Loggins 3:46
7. "Somebody's Eyes" Karla Bonoff 3:29
8. "The Girl Gets Around" Sammy Hagar 3:23
9. "Never" Moving Pictures 3:47


【レビュー】
前回に引き続いて、今度は84年作品、Footloose。

当時、私は中学1年生。
レコードを購入する金はもちろんなく、映画を観に行くことも金をケチって断念。
やむなく、レコードをレンタルして聴きまくっていた記憶があります。

今聞き直してみるに、正直、そこまで出来がいいサントラとまでは思いませんが、コンピというものがほとんど無かった当時としては、ヒット曲集としてはかなり優秀。
9など、メロウな曲調もあるのですが、そこは80年代、通して聞けば、良い意味でアッパーな軽々しい作品であります。

そして、4と9は、当時の流行に乗って、日本語カバー発売。
こういうカバー曲は、前回のアレなど、ほぼほぼトンチキな出来なのですが、麻倉未稀による4の日本語カバーは、オープニング曲となったドラマ「スクールウォーズ」の後押しもあったのか、なかなかの出来に。
というか、日本では「スクールウォーズ」のインパクトが強すぎて、どっちがオリジナルだか分からんところまで行っております。


恐るべし大映ドラマ、を思い知らされる本作です。


【結論】
★3。
1も2も全米1位で、きっちり本国でも大ヒットしております。
しかし、その後Kenny Logginsはサントラの二発屋でフェイドアウトしていき、反対に、ケビン・ベーコンが一流の俳優になるとは、当時は誰も思っていなかったはずで、なかなかに趣を感じます。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Flashdance/Original Soundtrack




【曲目】
1. "Flashdance... What a Feeling" Irene Cara 3:53
2. "He's a Dream" Shandi Sinnamon 3:28
3. "Love Theme from Flashdance" Helen St. John 3:27
4. "Manhunt" Karen Kamon 2:36
5. "Lady, Lady, Lady" Joe Esposito 4:09
6. "Imagination" Laura Branigan 3:35
7. "Romeo" Donna Summer 3:13
8. "Seduce Me Tonight"Cycle V 3:31
9. "I'll Be Here Where the Heart Is" Kim Carnes 4:36
10. "Maniac" Michael Sembello



【レビュー】
私には小学生の子どもがおるのですが、当の本人やその同級生に、意外にも食いつきがいいのが80年代モノ。
メロが分かりやすく、シンプルかつ基本的にアッパー、というあたりがウケるのでしょうが、親たちがなんだかんだ今も流している、という背景事情も大きいかと思われます。

ということで、今となってはほぼ通しで聴くことはない、80年代の徒花、Flashdance のサントラ。

この映画自体、ダンスが全てという女子のサクセス・ストーリーで、コンテストをめぐるやりとりなど、頭痛がするようなベタさだった記憶ですが、サントラだとそこらへんは多少薄れて、まだ聴くに耐える内容となっています。

やっぱり、No1になった1と10でしょうかね。
特に1は、今でも、そして、映画に好意的でない私が聴いてもアガる出来で、80年代コンピには欠かせません。


【結論】
★2.5。
なんとなくWikipedia を見ていたら、1は、麻倉未稀が日本語カバーしていたという情報が。
Youtubeにあったので貼っておきますが、この破壊力はかなりのもの。しかも、「スチュワーデス物語」挿入歌とのこと。
覚悟して、聴くべし。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Revival/Eminem




【曲目】
1. Walk On Water [feat. Beyoncé]
2. Believe
3. Chloraseptic [feat. Phresher]
4. Untouchable
5. River [feat. Ed Sheeran]
6. Remind Me (Intro)
7. Remind Me
8. Revival (Interlude)
9. Like Home [feat. Alicia Keys]
10. Bad Husband [feat. X Ambassadors]
11. Tragic Endings [feat. Skylar Grey]
12. Framed
13. Nowhere Fast [feat. Kehlani]
14. Heat
15. Offended
16. Need Me [feat. Pink]
17. In Your Head
18. Castle
19. Arose



【レビュー】
Eminem の新作であります。

例によってリリックだったり背景事情だったりは、いろいろなページを参照しながら。
こちらが、全曲解説。
以前のような狂気は薄まってきているものの、それでも、一時期の油が抜けきったような状態からは、いい意味でゲスく、いい意味でポリティカルになっているようで、頼もしい限りです。
話題の4なんかは、代表作になるのではないでしょうか。

ただ、少し引っかかるのは、やはり、客演が多すぎではないかと。
いや、多いのはいいのですが、ちとビッグネームを集めすぎではないですかね。
オープニングでいきなりBeyonce は無いでしょう、さすがに。
こっちは、Eminem の独特の声や巻き舌を聴きたいわけで、出鼻をくじかれる感は否めません。

その後も、5でEd Sheeran、9でAlicia Keys、16でP!nk。
自分に自信がないわけではなかろうに、何だかねえ。ちょいと、残念です。



【結論】
★4。
あと、amazonでも大荒れですが、日本盤で対訳が1しかないって。
私もショップで現認して、確かに、1しか無い、とは帯に記載があったけど、流石にひどい。
翻訳の予算なのかもしれませんが、これじゃ、出しちゃダメですよね。
こういうところから、レコード会社の凋落が見えてしまうのは寂しい限りであります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

増殖/Yellow Magic Orchestra




【曲目】
1. JUNGLE "YMO"
2. NICE AGE
3. SNAKEMAN SHOW
4. TIGHTEN UP (JAPANESE GENTLEMEN STAND UP PLEASE)
5. SNAKEMAN SHOW
6. HERE WE GO AGAIN ‾TIGHTEN UP
7. SNAKEMAN SHOW
8. CITIZENS OF SCIENCE
9. SNAKEMAN SHOW
10. MULTIPLIES
11. SNAKEMAN SHOW
12. THE END OF ASIA


【レビュー】
さて、新年一発目。

年末に時間が空くと、ふと、遥か昔に聴いていた音源を探すことがままあります。
こういうとき、ストリーミングサービスは非常に便利ですね。

ということで、昨年末にふと掘り出したのが本作。

テクノに興味が無かったこともあって、YMOは、正直、さほどハマらなかったですし、細野晴臣のソロや高橋幸宏だったらミカバンドとかの方が興味があったりするのですが、本作は、中古でアナログでも購入しており、かなり良く聴きました。
アナログは、段ボールパッケージで、盤も10インチくらいの中途半端な大きさだったかと思います。

大して好きな系統ではないのに何でそんなに聴いてたかというと、まずは、単体の曲がテクノテクノしていない。
4の秀逸なカバーもカッコいいですし、2にしても8にしても、所謂ステレオタイプの、ライディーン的なテクノからは完全に脱していて、非常に聴きやすかった。

あとは、やはり、曲間のスネークマン・ショーでしょうか。
だいたいこういうコミック的実験は、半年もすれば聴き難い恥ずかしさを纏うものでしょうが、本作は、不思議とギリギリセーフ。
7の、「ここは警察じゃないよ〜」は、今でもイケるかと。

全体で30分弱と非常に短いこともあって、一気にいける、良作であります。


【結論】
★5。
今となっては埋もれがちですが、80年代の幕開けを象徴する、いい作品です。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Low In High School/Moirrissey




【曲目】
1 My Love, I'd Do Anything for You
2 I Wish You Lonely
3 Jacky's Only Happy When She's Up on the Stage
4 Home Is a Question Mark
5 Spent the Day in Bed
6 I Bury the Living
7 In Your Lap
8 The Girl from Tel-Aviv Who Wouldn't Kneel
9 All the Young People Must Fall in Love
10 When You Open Your Legs
11 Who Will Protect Us from the Police?
12 Israel


【レビュー】
本年度最後はMorrissey 、新作。
タイトルもそうですが、ジャケのプラカード「Axe The Monarchy」=君主制を叩け、というのも、Morrissey節炸裂で、逆に安心したりします。

中身のサウンドも、いい意味安定。ヴァリエーションも豊富で、飽きが来ない。
前作は、正直、若干声の衰えを感じたりもしましたが、今回は、それがどうした、と、ヴォーカルを若干大きめにすらしているようで、老いから逃げない姿勢が頼もしかったりします。

で、問題は歌詞でして。
リリック・ビデオがいくつかあったりするので、そちらを見ながらだと、ある程度は分かる。
けど、日本盤発売なし、って、それは無いでしょう。
ほぼほぼ罠ということは知りつつ、プレーヤーも無いのに、対訳があるということで日本仕様のアナログを買ったりしたのですが、googleにも劣るような自動翻訳で、脱力。


年齢的にも、この人の偏屈なリリックを追うことも、もう、あと何回あるか、と思うわけですよ。
音自体は非常にいい出来だし、本当にもったいない。
何とかしてくれませんかね。


【結論】
★4。
あと、相変わらずPVはイマイチ。
先行シングルの5のPVも、気持ち悪さが足りないです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Colour By Numbers/Culture Club




【曲目】
1. Karma Chameleon
2. It's a Miracle
3. Black Money
4. Changing Every Day
5. That's the Way (I'm Only Trying to Help You)
6. Church of the Poison Mind
7. Miss Me Blind
8. Mister Man
9. Stormkeeper
10. Victims


【レビュー】
クリスマスだから、ではないですが、煌びやかにカーマカマカマカマ、の本作。

80年代というのは、ヒット曲が流れるローテーションが尋常ではなかったため、ラジオ、店舗、友人の家、場所を問わずそこかしこで1がかかっておりました。
もともとキャッチーなメロディーの上に超ヘビロテであったら、否が応でも耳に残るわけで、そんな人間がテレビ業界にもたくさんいるため、今でもテレビ番組のバック・ミュージックとして時々使用されるのではないかと思われます。

また、今見ても相当であるBoy Georgeの顔、当時は想像を絶するインパクトがありました。
勇気を出してポスターを張ったものの当然のように母親に心配され、やむなく剥がさざるをえなかったことを思い出します。
なお、数年後、今度はPrnceの「Lovesexy」のポスターを張ったところ、親に注意される前に自分の方が気持ち悪くなった、というイヤな思いでも。

何だかんだ1ばかりが目立ちますが、7など隠れた名曲もありますし、名盤。



【結論】
★4。
正直、音楽的才能の総量は少なかったのかもしれないのですが、少なくとも本作は名盤。
80年代検証には欠かせません。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

The Queen Is Dead(Deluxe Edition)/The Smiths




【曲目】
Disc1
1 The Queen Is Dead (2017 Master)
2 Frankly, Mr. Shankly (2017 Master)
3 I Know It's Over (2017 Master)
4 Never Had No One Ever (2017 Master)
5 Cemetry Gates (2017 Master)
6 Bigmouth Strikes Again (2017 Master)
7 The Boy With the Thorn In His Side (2017 Master)
8 Vicar In a Tutu (2017 Master)
9 There Is a Light That Never Goes Out (2017 Master)
10 Some Girls Are Bigger Than Others (2017 Master)
Disc2
1 The Queen Is Dead (Full Version)
2 Frankly, Mr. Shankly (Demo)
3 I Know It's Over (Demo)
4 Never Had No One Ever (Demo)
5 Cemetry Gates (Demo)
6 Bigmouth Strikes Again (Demo)
7 Some Girls Are Bigger Than Others (Demo)
8 The Boy With the Thorn In His Side (Demo Mix)
9 There Is a Light That Never Goes Out (Take 1)
10 Rubber Ring (Single B-Side) [2017 Master]
11 Asleep (Single B-Side) [2017 Master]
12 Money Changes Everything (Single B-Side) [2017 Master]
13 Unloveable (Single B-Side) [2017 Master]
Disc3
1 How Soon Is Now? (Live in Boston)
2 Hand In Glove (Live in Boston)
3 I Want the One I Can't Have (Live in Boston)
4 Never Had No One Ever (Live in Boston)
5 Stretch Out and Wait (Live in Boston)
6 The Boy With the Thorn In His Side (Live in Boston)
7 Cemetry Gates (Live in Boston)
8 Rubber Ring / What She Said / Rubber Ring (Live in Boston)
9 Is It Really So Strange? (Live in Boston)
10 There Is a Light That Never Goes Out (Live in Boston)
11 That Joke Isn't Funny Anymore (Live in Boston)
12 The Queen Is Dead (Live in Boston)
13 I Know It's Over (Live in Boston)



【レビュー】
問答無用の The Queen Is Dead、デラックス・エディション。
オリジナルは、随分前にレビューしましたが、個人的には80年代最重要作品の一つで、文句なしの★5。

本編は文句なし(リマスターは、まあ、分かると言えば分かりますが、といった程度。)、で、Disc2と3を取り上げます。

Disc2はデモ音源とシングルB面。
デモ音源はまあこんなもんか、という感じで、そんなに回数は聴かないでしょう。
B面曲も既発作品で、まとめて聴けるのは便利、といったところでしょうか。

問題はDisc3で、ほぼ独立のライブ盤。
いや、素晴らしいのです。Smiths のバンドとしての絶頂期、ライブが悪いはずがない。

ただねえ、すでに「Rank」がありまして。
私が、このアルバムが大好きで、以前のレビューのとおり、オープニングの「Hello!」から、ラストの 「Bigmouth Strikes Again」まで、Morrisseyの異様なテンションが最高なのです。
それと比べてしまうと・・・という感じで、非常に残念。

どうせなら、中途半端なPVではなく、こっちのライブ映像を探し出してきてDVDにしてくれたら良かったんですけどね。
無い物ねだりは承知ですが・・。


【結論】
★4.5。
繰り返しですが本編は文句なし。
付属のディスクも悪くはないんですが、もうひと頑張りして欲しかったです。
でも、他のアルバムも、同様な企画をしてほしいです。本当に。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Morning After/Dvsn




【曲目】
1 Run Away
2 Nuh Time / Tek Time
3 Keep Calm
4 Think About Me
5 Don't Choose
6 Mood
7 P.O.V.
8 You Do
9 Morning After
10 Can't Wait
11 Claim
12 Body Smile
13 Conversations in a Diner



【レビュー】
前回に続いて、ほぼ情報がないソウル系アルバム。

Dvsn、「ディヴィジョン」と読むらしいです。
Nineteen85という、Drake とかを手がけたプロデューサーと、Daniel Daley というシンガーのユニットとのこと。
情報はこのページほぼ一本。英版のWikiも情報量極めて少なし。

が、悪くない作品です。
BPMは多少ゆったり目で、ネオ・ソウル的なズレのあるビートがベースなのですが、例えばD'Angelo なんかと比べると、かなりデジタル色が強いです。
また、全体を通じて極めてダウナーで、乱暴に言ってしまうと、都会の夜、色がプンプン。

特に、PVが公開されている6なんかを見れば傾向が分かりやすいです。
なので、聴きようによってはいささか鼻につくところもあるのですが、全体として非常に心地よい作品でした。





【結論】
★3。
なお、6のPVはオシャレはオシャレなんですが、登場する女性のパイオツが、お見事すぎて、ある意味全てぶち壊しです。
作り物とは思われるのですが、それでも一見の価値ありです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Fin/Syd




【曲目】
1. Shake ’Em Off
2. Know
3. Nothin to Somethin
4. No Complaints
5. All About Me
6. Smile More
7. Got Her Own
8. Drown in It
9. Body
10. Dollar Bills
11. Over
12. Insecurities


【レビュー】
OFWGKTAの一員、The Internet のヴォーカルのSyd。
初のソロアルバム。

OFWGKTA云々はさておき、まずは聴いてみていただければと思うのですが、良質なソウル・アルバムです。
結構露骨な打ち込み、というか生音感を排除しているのですが、それが逆に生々しく、適度にダルく、心地よい音となっています。
The Internet はあまり聴いていなかったのですが、そちらも少し聴いてみようかな、と考えております。

ただ、まあ、ヴィジュアルが強烈です。
Tyler The Creator の気持ち悪さとはまた方向性が違うのですが、ヤンキー的というかボクサー的というか、要は怖すぎで。
5のPVを見ても、髪型とともにコンビニでたむろってる的な風体の強烈さにばかり目がいって、中身が入ってきません。

いろんな意味で、今後も注目ですね。






【結論】
★3.5。
これは、次も聴きたいですね。
なかなか日本語のデータがなく、数少ないインタビューがこのどうでも良さげなやつ。
こういう、いい感じの人の情報ができるだけ欲しいものです。bmr、頑張れ。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード