Let It Bleed/The Rolling Stones




【曲目】
1 Gimme Shelter
2 Love In Vain
3 Country Honk
4 Live With Me
5 Let It Bleed
6 Midnight Rambler
7 You Got The Silver
8 Monkey Man
9 You Can't Always Get What You Want


【レビュー】
ということで、全回の元ネタ曲が入っている「Let It Bleed」。

いや、未レビューの名作がまだまだあるなあ、と。
言うまでもなく、Stonesの最充実期、別名、Brian Jones 追い出し期の中でも屈指の名作です。

一般的なところでは、元ネタの1と、ライブの定番でもあるラストの9、ということになるでしょうか。
しかし本作、それ以外も激シブが揃っておりまして、Robert Johnson カヴァーの2、Honkytonk Women のカントリー・ヴァージョンの3、Keith のヴォーカル曲の7など、聴き応え十分。

個人的な最高傑作は、後半はほとんどファンクの6でしょうか。

とにかく、全体で全くダレるところがない。
正直なところ、Brian がいなくなり、いい意味で再生出来たんでしょうかね。「Jagger/Richards」が真に一皮むけた作品であります。
必聴。


【結論】
★5。
私、Brian は大好きなのです。
大好きなのですが、本作は、Brian が抜けたことで実現した作品でもあるので、非常に複雑であります。
あと、ジャケも意味不明でカッコイイっす。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Gimme Shelter/Merry Clayton




【曲目】
1 Country Road(James Taylor)
2 Tell All the People(Robby Krieger)
3 Bridge Over Troubled Water(Paul Simon)
4 I've Got Life(Galt MacDermot / Jerome Ragin / James Redo)
5 Gimme Shelter(Mick Jagger / Keith Richards)
6 Here Comes Those Heartaches Again(James Cleveland)
7 Forget It I Got It(Jimmy Miller / Gary Wright)
8 You've Been Acting Strange(Billy Preston)
9 I Ain't Gonna Worry My Life Away(Merry Clayton / Billy Preston)
10 Good Girls(Billy Page)
11 Glad Tidings(Van Morrison)



【レビュー】
apple music なり、spottily なり、ストリーミング・サービスの功績の一つは、今までなかなか手に入らなかったり、あまり流通していなかったアルバムが、無料で聴けてしまうことにあります。

本作もそんな感じで見つけたもの。
アルバムタイトルで分かるとおり、Stones の「Gimme Shelter」でコーラスをしている方の作品で、あの声はちょっと気になっていたため、結構期待して聴いてみたのですが。

表題作の5をはじめ、まあ、恥も外聞も無いベタ曲のカヴァーだらけ。
2なんぞは、Doors の中でもかなり平坦な曲で、なぜこれを選んだかという脱力ぶり。

お、以外にもソウルっぽい、という驚きもさしてなく、淡々と進んで行く、あまり聴き応えのない作品。
声の力もあんまりなく、ちょいと残念でした。


【結論】
★1.5。
まあ、カラオケ作品でした。
ジャケットはなかなかカッコいいけど、といったところであります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Day Breaks/Norah Jones




【曲目】
1 Burn
2 Tragedy
3 Flipside
4 It's A Wonderful Time For Love
5 And Then There Was You
6 Don’t Be Denied
7 Day Breaks
8 Peace
9 Once I Had A Laugh
10 Sleeping Wild
11 Carry On
12 Fleurette Africaine (African Flower)



【レビュー】
Norah Jonesの新作。

ファーストのテイストに戻った=オーソドックスなジャズっぽくなった、と評判であります。
確かに、音的にはそのとおりなのですが、この人がここまで高い評価を確立させているのは、やはりポップ・センス、もっと言うと非常に分かりやすいメロディと、「ああ、Norah だ」と一発で分かるヴォーカルのキャッチーさだと思うのです。

例えば、2なんかは、サビの「it's a tragedy」というフレーズとともに、Norah の声が一発で耳に残る良ポップ。
実は、歌われている内容は、要はワインで人生誤った男、というなかなかに重たげなものなのですが、Norah のヴォーカルがあまりにも軽やかで、何だかいい感じの人生にも見えてきてしまいます。

そんな感じで、ジャズというよりは良質のヴォーカル・アルバムを聴いている感じで、非常に優秀な作品でした。


【結論】
★4。
この人の歌は、結構、英語が聴き取りやすかったりもします。
そんな点やビジュアルも含めると、つまりは、日本人が好む洋物アイドル、なのかもしれません。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

12TH. STREET SWING~LIVE AT BILLBOARD TOKYO 20160313~/ケラ




【曲目】
1. Overture
2. Old Boys(SWING)
3. What’s New Pussycat?(何かいいことないか子猫チャン)
4. 月光価千金
5. 半ダースの夢
6. Shine
7. これでおあいこ
8. ミシシッピ
9. 流刑地
10. バラ色
11. 東京の屋根の下
12. Lover,Come Back to Me
13. 学生時代
14. 俗界探検隊
15. 地図と領土
16. いつか聴いた歌
17. 復興の歌
18. フォレスト・グリーン(或いは、あの歌をいつか歌えるか)



【レビュー】
有頂天の過去作とは打って変わって、こちらは、2016年、ビルボード東京で行われたケラのソロ・ライブ・アルバム。

前作のスタジオ・アルバム(Brown,White And Black)からの楽曲を中心に、バート・バカラックの3、S-KENの10といったカヴァー等を加えた作品。

もともと、「Brown,White And Black」もスウィング的なカヴァーが多かったので、要は好きな曲をジャズ・セッションした、非常にリラックスした作品です。

やはり、ケラのカヴァーのセンスは独特。
先にあげた10もそうですが、昭和にしても古過ぎる13を引っ張りだしてくるかね、しかし。
思えばこの人、80年代には「メケメケ」をカヴァーしていて、ひっくり返りました(先日発売された4枚組でも披露しております。)。
有頂天のカヴァーにしても14という激シブなチョイスで、ファンを唸らせてくれます。

ガッツリ聴くタイプの作品ではないですが、クセになることも事実で、ヘッドフォンで何となく聴くには良質な1枚であります。



【結論】
★4。
一見さんは、まあ聴かない作品でしょうが、ケラに馴染みが有る人には、絶対におすすめであります。
有頂天だけじゃないです、この人は。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

有頂天 in CANYON YEARS 19861988/有頂天




【曲目】
(Disc5)
1. BYE-BYE (Single Version)
2. カイカイデー
3. べにくじら
4. コレクションREMIX
5. テントの外のふたつの革命
6. ソシアルマネー(ヒトとアブラ)
7. 大竹まこと/俺の背中に火をつけろ *演奏:有頂天
8. 秩父山バンド/未来(いつか)のラブ・オペレーション *ケラ、鈴木慶一らによる企画バンドの秘蔵音源
9. 秩父山バンド/DEAD OR ALIVE (FINE,FINE)
10. 本当は彼が一番利口なのかもしれない(LIVE 19870530 渋谷公会堂「有頂天の大脱走」)
11. ソシアルマネー(ヒトとアブラ)(LIVE 19870530 渋谷公会堂「有頂天の大脱走」)
12. ダンス(LIVE/LOFT 19871030ディオニソス現象「第三景」)
13. ナチュラル・カタストロフィー(LIVE/LOFT 19871030ディオニソス現象「第三景」)
14. 十進法パレエド(LIVE/LOFT 19871030ディオニソス現象「第三景」)
15. カーテン(LIVE/大阪厚生年金会館「SUMMER TOUR 87 FOR AISSLE」 
以下同)
16. スリーパー
17. 俗界探険隊
18. インサート
19. 隠れん坊



【レビュー】
近年何かと活発で、嬉しい限りの有頂天界隈ですが、その一つの区切りとなりそうな、キャニオン時代の作品のボックスセット。
既発表作品のDisc1から4はひとまず置くとして、ボーナス・ディスクのDisc5 を中心にレビューしてみます。

1から6はシングル作品で、これまでも形を変えて発表されてきたものですが、びっくりしたのが7から9。
7が、ケラが作曲した大竹まこと名義のシングル、8と9が、ケラと鈴木慶一の企画バンドである秩父山バンド名義のシングル。
曲的には、まあ、何回も聴かないな、とは思いますが、いかにもバブル前夜のアバウト極まりない企画感がただよっており、当時の雰囲気がプンプンで、その意味で非常に感慨深いものであります。

10以下はライブ音源で、聴けるのは嬉しいのですが、編集が適当というか、選曲・曲順にあまり愛が感じられず、ちょっと残念。
単純に、ライブ丸ごとパッケージにして出してくれればいいのに、消化不良です。

他のディスクについて触れると、Disc3 の「Search For 1/3」が完全版に近い感じになっているのですが、曲間がぶった切られたり、とにかくこれも編集がひどい。
素材としては非常に貴重で、今でもファンが多いバンドなのだから、もう少しきちんと仕事をして欲しいもので、ジャケなどのクオリティも含め、少し後味が悪いボックスでした。


【結論】
★4。
内容に納得はいかないですが、ファンなので、ライブ音源には目がなくて★4。
あと、有頂天の企画ものは、ケラがブックレットに結構凝っていて、インタビューも含めて見応えがあります。
なので、出たら買わざるを得ない。
もう、最後までつき合う所存であります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Fantôme/宇多田ヒカル




【曲目】
1 道
2 俺の彼女
3 花束を君に
4 二時間だけのバカンス [feat. 椎名林檎]
5 人魚
6 ともだち with 小袋成彬
7 真夏の通り雨
8 荒野の狼
9 忘却
10 人生最高の日
11 桜流し


【レビュー】
はい、間違いなく本年度最強の話題作、宇多田ヒカル、8年振りの新作です。

作品の内容は、ほぼほぼ素晴らしい。

サントリーのCMで耳に焼き付く1、戦友の椎名林檎とコラボした4。
KOHHをフィーチャリングした9は個人的にはイマイチでしたが、ラストの11まで、相変わらずの高品質。
逆に言えば、「宇多田ヒカルっぽさ」からは抜け出ていないのですが、そもそもあんまり枠をはみ出る人ではないし、復帰作ということを考えれば、まあOKなのではないでしょうか。

で、問題は、これも多くの指摘がなされていることですが、ビジュアル。
何で、前髪パッツンしますかね。
いや、勘違いしないで欲しいのですが、老けたのはしょうがない、というか当たり前。
でも、「BBA」とか言われつつ人気が衰えなかったのは、それなりの見た目があったからなので、なぜ。

8年振りのクオリティより、この髪型で復活してくることこそが、常人では計り知れないポテンシャルを感じさせるのであります。


【結論】
★4。
髪型で度肝を抜いてきたので、次は、作品でも大幅に逸脱した宇多田を見てみたい。
上にも書いたように、KOHHみたいな声質の人とはいまいち合わないと思うのですが、大胆な共作も続けて欲しいものです。全編HipHopとかも、今更感はあれど、宇多田なら許されるのではないでしょうか。

もう金も十分稼いだでしょうし、無謀に近いチャレンジ精神を発揮していただきたいです、ハイ。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

AIM/M.I.A.





【曲目】
1 Borders [Explicit]
2 Go Off
3 Bird Song (Blaqstarr Remix)
4 Jump In
5 Freedun [Feat. Zayn] [Explicit]
6 Foreign Friend [feat. Dexta Daps] [Explicit]
7 Finally
8 A.M.P (All My People)
9 Ali r u ok?
10 Visa
11 Fly Pirate [Explicit]
12 Survivor
13 Bird Song (Diplo Remix)
14 The New International Sound (Pt. 2) [Feat. Gener8ion]
15 Swords [Explicit]
16 Talk
17 Platforms



【レビュー】
M.I.A.の新作。

基本的には、M.I.A.らしいというか、特徴的なヴォーカルをオリエンタル風味のリズムにかぶせた作品。
オープニングの1から、変わらないと言えば変わらない、いつものM.I.A.です。
ボーッと聞いていると、行ったことも見た事もない、彼女の故郷のスリランカのゲリラ地域に放り込まれたような感覚になってきます。

参加メンバーとしては、5ではZayn、13ではDiplo、といったあたりがメジャーどころではありますが、全体としては徐々に渋くなっているというか、ポップさ、ハイプっぽさが薄れてきているかと。
言うなれば、ポップミュージックというよりは、激シブのクラブミュージックをかけているような感覚です。

彼女自身の言葉によれば、アルバムとしては本作がラスト、という表明をしているようです。
しかし、世に(日本にまで到達する)欧米以外を骨格にするミュージシャンは多くとも、彼女のように、激情的なヴォーカル、政治的なリリックを持った存在はいそうでいないわけで、引退されるのはちと寂しい。
映像作品でも何でもいいので、アーチストとしての活動は続けて欲しい、と真に願うところであります。


【結論】
★3.5。
そもそもミュージシャンの最終作発言には信憑性がないのが常なので、まあ大丈夫かと。
単独来日してくれないかなあ。もうしないかもなあ。
未だにライブを見れていないので、せめて、サマソニにもう一度。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Meat Is Murder/The Smiths




【曲目】
1. "The Headmaster Ritual" 4:52
2. "Rusholme Ruffians" 4:20
3. "I Want the One I Can't Have" 3:14
4. "What She Said" 2:42
5. "That Joke Isn't Funny Anymore" 4:59
6. "Nowhere Fast" 2:37
7. "Well I Wonder" 4:00
8. "Barbarism Begins at Home" 6:57
9. "Meat Is Murder" 6:06


【レビュー】
前回の流れで、言わずと知れた、Smiths の代表作の一つをレビューします。
9月28日のMorrissey ライブでも、アンコールで4、この方のテーマ曲でもある9、の2つがピックされておりました。

名盤の誉れ高い本作ですが、今聴いても素晴らしいです。
9をはじめとするMorrissey の病的なリリック、Johnny Marr の神経質なギターはもちろんなのですが、今回あらためて聴き直して、リズム隊が非常にしっかりしているなと。
今回のライブで演奏された4ですが、正直、ライブ映えするという印象はなかったのですが、下手したら踊れるくらいにリズムが強靭な曲だった、という発見もありました。

で、アルバムタイトルでもある9。
先のライブでも、メインテーマ的に長尺を取られており、挙げ句がこれです。
o0480036013761042062.jpg


発売当時から、なんぼ何でもメンドくさい曲だな、と思っていたのですが、30年後に、屠殺の映像をバックに長々と聴かされ、最後にこれを流されたので、もう勘弁して欲しいなと。

しかし、この方には、「これがまたMorrissey」と思わせるだけのコクがあります。
他方で、長年のリスナーも、「それはそれ、これはこれ」と聴き流して、帰りには肉を喰うというタフさを備えております。

そこはMorrissey も多分分かっていて、もうほとんどプロレス的なのですが、ともあれ、丸くならず、我々に刃物を突きつけて欲しい、と真に思っております。



【結論】
★5。
極端なメッセージの捉え方は人それぞれですが、とにかく聴き手に何かしらを突きつけてくるのは確かで、それは今でも全く色あせておりません。
必聴であります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

World Peace Is None Of Your Business/Morrissey




【曲目】
1. World Peace Is None Of Your Business
2. Neal Cassady Drops Dead
3. I’m Not A Man
4. Istanbul
5. Earth Is The Loneliest Planet
6. Staircase at the University
7. The Bullfighter Dies
8. Kiss Me a Lot
9. Smiler With A Knife
10. Kick the Bride Down the Aisle
11. Mountjoy
12. Oboe Concerto
13. Scandinavia
14. One OF Our Own
15. Drag the River
16. Forgive Someone
17. Julie in the Weeds
18. Art


【レビュー】
9月28日、Morrissey 4年振りの来日@オーチャードホール、に行って参りました。
ソロになって、Smiths 時代よりは若干聴く頻度が落ちたものの、今でも大好きなアーチストです。

ということで、現在のところの最新作をレビューしてみます。

内容は相変わらずで、日本語タイトルが「世界平和など貴様の知ったことじゃない」。
このブレなさに痺れます。
そして、全編通して相変わらずのモリ振りで、怨嗟の念ほとばしる歌詞とヴォーカル。
ヴォーカルの線が細くなったなどとも言われたりしますが、もともとテクニカルというよりは雰囲気で押し通すタイプなので、全く気になりません。

難点は、ボートラ(13~18)まで含めると、やっぱりちと長過ぎ。
胃もたれしますし、通しではなかなか聴けません。
この人の場合、小出しで1年に1枚とか出してくれると理想なのですが(その方が、歌詞含めがっつり向き合える)、難しいんでしょうかね。

ちなみに、私が行った日では、1、7、8をプレイしておりました。



【結論】
★4。
なお、10月1日、横浜で予定されていたライブをキャンセルしたとの報があり。
何だかよく分かりませんが、ハコの不備なのであれば、そんなの、主催者側が事前にチェックしとけよ、という感じが・・。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Live At The Hollywood Bowl/The Beatles




【曲目】
1 Twist And Shout (Live / Remastered)
2 She's A Woman (Live / Remastered)
3 Dizzy Miss Lizzy (Live / Remastered)
4 Ticket To Ride (Live / Remastered)
5 Can't Buy Me Love (Live / Remastered)
6 Things We Said Today (Live / Remastered)
7 Roll Over Beethoven (Live / Remastered)
8 Boys (Live / Remastered)
9 A Hard Day's Night (Live / Remastered)
10 Help! (Live / Remastered)
11 All My Loving (Live / Remastered)
12 She Loves You (Live / Remastered)
13 Long Tall Sally (Live / Remastered)
14 You Can't Do That (Live / Bonus Track)
15 I Want To Hold Your Hand (Live / Bonus Track)
16 Everybody’s Trying To Be My Baby (Live / Bonus Track)
17 Baby's In Black (Live / Bonus Track)


【レビュー】
「Live At The Hollywood Bowl」のリマスター盤であり、映画のサントラ、というかリード盤(?)の位置づけであります。

ずっとCD化されておらず、学生時代にアナログで聴いた以来ほぼ30年振りくらいだったのですが、まあ、確かに、アガる出来ではあります。

恐らくはほぼやる気をなくしていた66年の日本公演とは明らかに異なり、64年・65年という、脂が乗り狂っていた時期のライブ。
コンテンツとしてはほぼ満点でしょう。

なんだけど、アマゾンレビューにもあるとおり、多くの方と同意見なのですが、まず、何で完全版を出さない。
どうせ、5年後くらいに出すんでしょう。
ボックスで、適当な15分くらいのDVD付けて。
ちょっとボートラを付けて終わらせるこの小出し感は、本当に、呆れてモノが言えないレベルであります。

また、ジャケットもひどい。
間抜けなカラー写真より、オリジナルの方が数倍いい。

これは、金を出して買わないでいいですよ。
apple music に入っていれば聴けますし、それで十分。
私も、パッケージで欲しい気持ちはあるんですが、我慢、我慢。



【結論】
★2。
★2は、ボートラへの点です。
内容は本当にいいので、何とかして聴いてはいただきたいです。
Beatles は下手ではないし、ライブの実力はあったんですよ。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード