The Slider/T.Rex




【曲目】
1 METAL GURU
2 MYSTIC LADY
3 ROCK ON
4 THE SLIDER
5 BABY BOOMERANG
6 SPACEBALL RICOCHET
7 BUICK MACKANE
8 TELEGRAM SAM
9 RABBIT FIGHTER
10 BABY STRANGE
11 BALLROOMS OF MARS
12 CHARIOT CHOOGLE
13 MAIN MAN



【レビュー】
T.Rex 、もう1枚。
こちらも名盤と言われることが多い、1973年作品です。

これもまた、年々、「ロック名盤」の棚から外れることが多くなってきており、非常にもったいないことです。
本作もまたT.Rex の真骨頂、1からラストまで、隙だらけ、スッカスカ。
カヴァーするとしてもかなり短期間でマスターできるような、単純なコード進行。

これに乗れる人にとっては生涯の名盤、乗れない人には過去の遺物、ということになるのでしょう。
色々影響を受けたアーチスト・グループはたくさんあるはずなのですが、恐らく、後発のグループの方がある意味音楽センスがあり(Queenとか?)、きちんとした作品になってしまっている、ということなのかと思われます。

個人的には、シングルの1のほか、とてもこの世の音とは思えない幻想的な4、6あたりがイチオシです。
「引き算の音楽」の極地を、まだまだ後世に残したいものです。


【結論】
★5。
あとは、やはりジャケット。
リンゴ・スター撮影だとか、トニー・ヴィスコンティ撮影だとか色々説があるようですが、前作次作のかなり酷いジャケに比べると、信じられない芸術性。
部屋に飾ってもグッドであります。
スポンサーサイト

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Electric Warrior/T.rex




【曲目】
1. "Mambo Sun" 3:40
2. "Cosmic Dancer" 4:30
3. "Jeepster" 4:12
4. "Monolith" 3:49
5. "Lean Woman Blues" 3:02
6. "Get It On" 4:27
7. "Planet Queen" 3:13
8. "Girl" 2:32
9. "The Motivator" 4:00
10. "Life's a Gas" 2:24
11. "Rip Off"


【レビュー】
先日、ディスクユニオンでボックスセットを購入。3,000円を割っていて、なかなかのお買い得でありました。
Disc2の曲目などは、上記、Amazonのリンク先を参照にしていただくとして、今回は、グラム・ロックの最高峰と言われる本作を取り上げてみます。

T.Rexは、近年評価が著しく落ちている、というか忘れ去られている感があります。
私がロック系を聴き始めた80年代前半は、まだ、「ビートルズ→ツェッペリン→グラム→パンク」といった、極めて雑なロック歴史観が提示されており、グラムも一時代を築いた、というそれなりのリスペクトがありました。

それは、グラム=化粧、といった何とも軽い評価が原因の一つであり、現代において、男性が化粧をするというのは単なる好みですから、そこに意味を見出すことも難しくなった、ということなのだと思います。

でも、それはそれとして、T.Rex も、もう一度聴き直して欲しいのですね。
このペラペラのギター、囁くようなヴォーカル。
ライブだと、特にヴォーカルはほとんどささやき女将で、いささか脱力したりしますが、スタジオ盤なら問題なし。
中性的な色気がムンムンしております。

見た目と異なり音をそぎ落としきったようで、非常に、気持ちがいいし、逆に高揚する作品です。
このまま埋もれさせてはダメな作品の一つです。


【結論】
★5。
ボックスセットなら、Disc2も必聴で、ペラッペラ具合に拍車がかかっており、最高です。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Amnesiac/Radiohead




【曲目】
1. Packt Like Sardines In A Crushd Tin Box
2. Pyramid Song
3. Pulk/Pull Revolving Doors
4. You And Whose Army?
5. I Might Be Wrong
6. Knives Out
7. Morning Bell/Amnesiac
8. Dollars And Cents
9. Hunting Bears
10. Like Spinning Plates
11. Life In A Glasshouse



【レビュー】
前回のあと見直したら、本作が未レビューでしたので、早速。

基本的には、「Kid A」の続編的位置付けというか、よりダンサブルに徹底、純化していった作品です。
非常にリズムが強く、ギターもアガっていく感じなのですが、音数が多くない。
この時期、Primal Scream も似たような方向性に進んでいっていましたが、非常に拒絶感というか、冷徹な印象を与える。
5なんて、単体で聴くとかなりロックなんですけど、与える印象は全く逆で、非常に不思議です。

個人的には、Radiohead は、本作をピークにして、手の届かないところにいってしまった感があります。
音が過剰にプログレ的になっていくし、Thom Yorke は進んで孤高になっていくし。
本作は、最後の傑作と思っています。

でも、作品を聴くと、絶対に一箇所は「おっ」と思わせる箇所があり。
いつかは、本作に匹敵するような作品がドロップされるのではないか、と今でも期待しているのであります。


【結論】
★5。
最近は、イスラエル公演でモメたりしております。
内容の当否はともかく、必要以上にシニカルにこういったモメ事に自分から巻き込まれていく様は、変わってないな、とある意味安心したりします。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

OK Computer OKNOTOK/Radiohead




【曲目】
Disc1
1. Airbag
2. Paranoid Android
3. Subterranean Homesick Alien
4. Exit Music - For a Film -
5. Let Down
6. Karma Police
7. Fitter Happier
8. Electioneering
9. Climbing the Walls
10. No Surprises
11. Lucky
12. The Tourist
Disc2
1. I Promise
2. Man of War
3. Lift
4. Lull
5. Meeting in the Aisle
6. Melatonin
7. A Reminder
8. Polyethylene (Parts 1 & 2)
9. Pearly*
10. Palo Alto
11. How I Made My Millions


【レビュー】
もう一丁、リマスターものを。
以前、本体をレビューしたものはこちらです。

まず、本体は言わずと知れた名盤。今更付け加えることは無いです。
注目はDisc2で、評論家筋の評判が極めて高い未発表曲群(1〜3)と、B面曲群4〜11)。

確かに、クオリティは高いなあ、と思います。
私は、当時もB面曲までは押さえていなかったので、ほぼほぼ初聴で、アルバム1枚分ずっしり聴いた感じでした。
未発表曲については、ライナーの中に書いてあったとおり、「The Bends」と「OK Computer」の橋渡し的位置付けに聴こえました。

その一方で、果たして、今、新作でこれが出てきたら聴くんかいな、という疑問もあります。
懐メロ的に「いい曲だな」と思っているんじゃないか、という。
ここら辺、前回レビューしたPurple Rain のDisc2 は、あれ、新作でもガンガン聴くな、と思うのですね。

OK Computer が、90年代末という時代性が強い作品だったのか、私の耳が変わったのか。

考えたら、「Kid A」や「Amnesiac」とかは、今でも興奮して聴けますが、「OK Computer」は、滅多に聴かなくなってます。
「OK Computer」を経て、次作以降、Radiohead が普遍性を身につけた怪物になっていった、ということなのかもしれません。



【結論】
★4.5。
とはいえ、十分楽しめました。
が、せっかくリマスターするのなら、ライブ盤(90年代の)くらい付けて欲しかったところです。
あと、日本盤のタナソウの解説、文章が訳分かんなすぎ。変わらなくて、ある意味嬉しい気もするのですが、せめて字はもう少し大きくしていただきたいものです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Purple Rain Deluxe Expanded Edition/Prince And The Revolution




【曲目】
(Disc1は省略)
Disc2
1. "The Dance Electric" 11:29
2. "Love and Sex" 5:00
3. "Computer Blue" ("Hallway Speech" version) 12:18
4. "Electric Intercourse" (studio) 4:57
5. "Our Destiny/Roadhouse Garden" 6:25
6. "Possessed" (1983 version) 7:56
7. "Wonderful Ass" 6:24
8. "Velvet Kitty Cat" 2:42
9. "Katrina's Paper Dolls" 3:30
10. "We Can Fuck" 10:17
11. "Father's Song" 5:30
Disc3
1. "When Doves Cry" (7" Single Edit) 3:48
2. "17 Days" (B-Side Edit) 3:55
3. "Let's Go Crazy" (7" Single Edit) 3:50
4. "Let's Go Crazy" (Special Dance Mix) 7:35
5. "Erotic City" (7" B-side Edit) 3:55
6. "Erotic City ("Make Love Not War Erotic City Come Alive")" 7:24
7. "Purple Rain" (7" Single Edit) 4:05
8. "God" (7" B-Side Edit) 4:03
9. "God (Love Theme from Purple Rain)" (Instrumental) 7:54
10. "Another Lonely Christmas" (7" B-Side Edit) 4:54
11. "Another Lonely Christmas" (Extended Version) 6:47
12. "I Would Die 4 U" (7" Single Edit) 2:58
13. "I Would Die 4 U" (Extended Version) 10:15
14. "Baby I'm a Star" (7" B-Side Edit) 2:55
15. "Take Me with U" (7" Single Edit) 3:44
Disc4(DVD)
1 Let's Go Crazy
2 Delirious
3 1999
4 Little Red Corvette
5 Take Me With U
6 Do Me, Baby
7 Irresistible Bitch
8 Possessed
9 How Come U Don't Call Me Anymore
10 Let's Pretend We're Married
11 International Lover
12 God
13 Computer Blue
14 Darling Nikki
15 The Beautiful Ones
16 When Doves Cry
17 I Would Die 4 U
18 Baby I'm a Star
19 Purple Rain


【レビュー】
Prince が亡くなって1年。早いものです。

存命中の2014年、30周年記念の頃から噂は囁かれつつ消えていたのですが、ようやく、 Pueple Rain のデラックス版が発表。
Disc1はリマスター(曲目はこちらと同じ)、Disc2が発表曲、Disc3がB面曲などで、Disc4のDVDには1985年のライブが収められています。

既出とはいえB面曲がまとめて聴けるDisc3もが嬉しいですが、既発表ですし、やっぱり白眉は公式未発表のオンパレードであるDisc2とDisc4でしょうか。

Disc2は、1をはじめ、もう、延々と続くファンク。
ある意味、必要以上にロックに寄せていた当時のPrinceとは対極ですが、こういう曲も作ることで、バランスを取っていたのかもしれません。
本作の一番のヘビロテであり、一番の重要ディスク。

もう一枚のDisc4も、画質はあまり良くないのですが必見。
これはVHSなどで既出の映像ではあり、私も通り昔に見た記憶はありますが、きちんとしたDVDで見れるのは非常に有り難い。
中身は、音楽的には素晴らしくも想像どおりなのですが、お客さんの服装が肩パット、裾広のパンツなど、モロを超えた80年代で。
あのPrince のライブも浸食していた80年代センスは、実に恐ろしいものだった、と驚愕しきりです。

本作が、Purple Rainの一応の決定版にはなるのでしょうが、何となく、今後を見据えた販売には見えないのが気がかりです。
個人的にはLPサイズのデラックスな Box にして欲しかったし、少なくとも80年代の作品は今後統一的に販売していってほしいのですが・・・。


【結論】
★4.5。
本体はもちろん★5なんですが、やっぱ、出し方が中途半端ですかね。
あと、Dis4では、「Darling Nikki」を女子が大声で叫ぶのも見物。
ペアレンタル待った無し、というのも、さもありなんでした。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

夏服/aiko




【曲目】
1. 飛行機
2. be master of life
3. ロージー
4. 密かなさよならの仕方
5. 終わらない日々
6. 心日和
7. September
8. 雨踏むオーバーオール
9. アスパラ
10. ボーイフレンド
11. 初恋


【レビュー】
ということで、前回は柴田聡子、今回は、その数十倍の自我を持つアーティスト、aiko。
本作は3枚目で、ここらでドメジャーアーティストの波に乗った、という重要な時期の作品です。

2作目の「桜の木の下」をレビューした時にも書いたのですが、とにかく、この人は「前へ前へ」「私が私が」の精神が強いお方であります。

で、私は当時から、音楽的才能バツグンだなと思いつつ、そういう自我にちょいと引き気味だったり、何か違和感を感じていたりしてて、本作をピークに、次第に彼女の音楽を聴かなくなっていきました。

そこから15年以上経って出てきたこの本。


宇多田論がメインなのですがそれはさておいて、aiko についての論説がありまして。
フェスには出ない、取材もコントロール出来ないとダメ、曲のカバーもさせない、ストリーミングサービスにも提供しない、とのこと。
筆者はロキノンの中の人だったので、あながち間違っていないと推測されます。

ああ、なるほどねえ・・。
いい言い方をすればパブリシティのコントロールが非常にしっかりしているということですが、裏を返せば隙を見せることを極度に避けるということで、このセンスと彼女の人懐っこそうな笑顔との乖離が、私が感じていた違和感だった、と腑に落ちたわけです。
ライブのDVDも見ましたが、正直、これは絶対に行けない、という閉鎖的空間で、一気に冷めてしまったことを思い出します。

もったいないいなあ。
もうちょっと楽曲を解放すれば、ファンも相当増えるだろうし、それだけの才能はあるんだから、と思うんですが、彼女は、このまま堅固な楼閣の中から楽曲を発信していくのでしょう。


【結論】
★4。
いや、クオリティは非常に高いんです。
キャラと立ち位置でそれを封殺しちゃうのはもったいないんですよ、ホントに。
何とかならんもんでしょうか。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

愛の休日/柴田聡子




【曲目】
1 スプライト・フォー・ユー
2 後悔
3 大作戦
4 あなたはあなた
5 天使を見てる
6 遊んで暮らして
7 ゆべし先輩
8 思惑
9 忘れたい
10 さばーく
11 リスが来た
12 コーポオリンピア
13 愛の休日


【レビュー】
これも、前回同様関ジャニの番組で出ていた作品です。
私は初聴でした。

本人ももちろん狙ってるんでしょうが、まずはビジュアルで憤死。
強烈なのが2のPV。
こっちをそんなに見るな、と思い続けているうちに終了。


で、落ち着いて曲を聴いてみる。
相当に押しが強い強烈な歌詞ではあるのですが、不思議とイヤな自己顕示欲は感じず、中毒性は相当なもの。

特に7の意味不明っぷりがすごくて、ある意味天才的なラブソング。
こちらがインタビューですが、「ゆべし」は、あの、食い物のゆべしだとのこと。何だよ、それは。

とにかく、聴くべし、で、PVも可能な範囲で見るべし。
音だけでは分からんです、このインパクトは。


【結論】
★4。
国内では今のところトップクラス。
露出も増えてきてるし、これは、化けるのではないでしょうか。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

I Stand Alone/Glim Spanky




【曲目】
1. アイスタンドアローン
2. E.V.I
3. Freeder
4. 美しい棘
5. お月様の歌



【レビュー】
「関ジャム完全燃SHOW」という番組で、いしわたり淳治、蔦屋好位置、tofubeatsが2017年のおすすめ曲を発表しておりました(詳細)。
その中の1枚、Glim Spanky の最新ミニ・アルバム。

全然知らなかったバンドなんですが、古き良きロック系、男女ペア、しゃがれた女性ヴォーカルと、何ともおっさんホイホイなユニット。
番組中でも指摘がありましたが、ヴォーカルの疾走感はJanis Joplin 感が確かにあります。

正直、いまひとつというかロックンロール・リバイバルな雰囲気からは抜けきっていないでしょうか。
とはいえ、特に3、4などに感じるのですが、メロディーがきちんといいので、いい意味で分かりやすいし、ヴォーカルは確かに魅力的で、もうひと伸びしそうな気もします。

HPを見ると、意外に活動歴も長かったり、ケルトとかいう単語も出てきたりで、腹をくくって取り組んでるところも好感が持てます。


【結論】
★3。
悪くはないです。もう少し、メンバーのキャラが見えてくると、ぐっと楽しめそうです。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Damn/Kendrick Lamar




【曲目】
1 BLOOD.
2 DNA .
3 YAH.
4 ELEMENT.
5 FEEL.
6 LOYALTY. FT. RIHANNA.
7 PRIDE.
8 HUMBLE.
9 LUST.
10 LOVE. FT. ZACARI.
11 XXX. FT. U2.
12 FEAR.
13 GOD.
14 DUCKWORTH.


【レビュー】
今や飛ぶ鳥を落とす勢い、Kendrick Lamar の新作。
だいぶ前からapple music で聴いていたのですが、国内盤の発売を待って購入しました。

国内盤の解説もかなり充実していたのですが、その解説担当の渡辺志保さんのラジオでのコメントが非常に懇切丁寧でわかりやすかったので、詳細な点はそちらで。

さて、HipHop にさほど造詣がない私の感想ということなのですが、まず、前作、前々作より非常に聴きやすくなったと思います。
単純な楽曲が優れているし、ビートも入り込みやすい。
Rihanna の6やシングルの8なんかが顕著ですが、サビ部分が非常に印象的。Kendrick の声質も、なんだか迫力が増してきたようにも聴こえます。

せっかく国内盤をゲットしたのでリリックも見ていくと、ギャングスタ的な2、カンフー・ケニーとかいう謎のペルソナが出てくる3、忠誠、忠誠、と洗脳されるような6、と、日本人の頭で追っていくとグッタリする詰め込みっぷりながら、相変わらず詩的でもあります。

文句なし、本年度上位には間違いなく入る作品でした。



【結論】
★5。
日本では、こんなニュースで偶然話題になりまして。
これきっかけで、もっと売れてほしいものであります。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

Too Much Too Soon/New York Dolls




【曲目】
1. Babylon
2. Stranded in the Jungle
3. Who Are the Mystery Girls?
4. (There's Gonna Be A) Showdown
5. It's Too Late
6. Puss 'N' Boots
7. Chatterbox
8. Bad Detective
9. Don't Start Me Talkin'
10. Human Being


【レビュー】
さて、桃子さん地獄からそろそろ抜け出して・・。

1974年というのは、ポピュラー音楽界にとっては微妙な年であります。

Billboardチャートを見ても(→個人のまとめサイト)うーん、地味。
音楽史的には、Led ZeppelinやPink Floyd等のバンドが「御大」になり始め、他方で労働者階級がパンクを発明するのはあと1年後、という、エアポケットのような年だったのかもしれません。

しかし、いつの時代にも名盤はあるもので、New York Dollsのセカンド、本アルバムが1974年発売でした。

率直に言って、まとまりとしてはファーストの方が上かと思われます。
しかし、Johnny Thundersはじめ、おそらくはメンバー全員がキマっていたが故の、饐えたカッコ良さはセカンドに軍配が挙がるでしょう。
現に、バンドはこの後分解してしまうわけで、崩壊寸前の美しさがかいま見える作品ではないでしょうか。

1曲あげるとすれば、Johnny Thundersがヴォーカルをとった7でしょうか。
この声だけで女には困らなかったのではないかと思われる、ハイトーンの、何とも美しい声が素晴らしいです。


【結論】
★4。
腐りかけの果物ほどおいしい、ということですね。

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

プロフィール

まわりはワナ

Author:まわりはワナ
○手持ちのCDや、新しく手に入れたCD・音源などをレビューしています。
○【曲目】、【レビュー】、【結論】の項目を設けてあります。
○【結論】では、★5を満点に点数をつけています。一応は、「金を出して買うべきか」を基準にしております。
○書籍についても適宜レビューしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
GOOD BLOGS
QRコード
QRコード